FC2ブログ

TarotG3のブログ

信濃復活!製作は終わった!

前回迷彩塗装を付属のシールではなく塗装で再現しようとマスキングまではしたんですが、ちょうどいい色が無いのでどうしようか考えて、キットの通りシールで行くことにしました!
そうと決まったらとっととやっちゃいましょう!

P1070418.jpg
はい、シールの迷彩はいかがでしょうか?密着性が良いので悪くないですよ~
多少赤城よりはピタパチとは行きませんが、ガッツで乗り切りましょう。
P1070423.jpg
艦橋は濃い緑で成形されています。艦体のシールとの色味はバッチリあってます。
タミヤの塗装図だと、艦橋は薄い緑なんですが、このキットは全部濃い緑です。

P1070426.jpg
ほぼできてきました。赤城と並べてみました。長さ的にはそれほど差はないですが幅が広いです。

P1070431.jpg
艦載機はキャノピープロペラを塗装してウエザリング後、日の丸デカールを貼って完成させました。
奥から試製紫電改二・紫電改・彩雲・流星そして桜花。信濃が呉で残工事終了後、桜花を前線に輸送する予定だったという説があるそうです。
条件反射的にカウルを黒く塗っちゃいましたが、この3機はカウルが黒いのはあまりないようなので
オレンジ色のだけカウルが黒になっちゃいました。
P1070433.jpg
過去の定説では、飛行甲板はコンクリートで覆われていて、灰色でしたが、このキットは浦賀水道で目撃された証言での濃い青で塗装されていたものを再現しています。

基本的に組み立てが終わったのであとは軽くウエザリングしたら完成です。シールにウエザリングができるかな?
スポンサーサイト



【完成】M3A1スカウトカー 2019東武タミヤモデラーズコンテスト応募作品

P1070266-5のコピー
P1070267.jpg
P1070268.jpg
P1070269.jpg
P1070277.jpg
P1070280.jpgP1070288.jpgP1070288.jpgP1070308.jpgP1070309.jpg
P1070312.jpgP1070313.jpgP1070314.jpgP1070315.jpgP1070316.jpgP1070317.jpgP1070315.jpgP1070321.jpgP1070329.jpg
P1070306.jpg
M3A1スカウトカー タミヤ1/35
2019ヤモデラーズコンテスト応募作品。
最近のタミヤのキットには、3Dスキャンによる表情豊かで瞬間を切り取ったようなフィギュアが付属しています。このキットのフィギュアはそのその中でも疾走するスカウトカーで走る姿を見事に再現した、素晴らしいフィギュアが付属していました。この疾走感を何か表現できないかと、いろいろ考えてできたのが今回の「激走」です。
ただ道を走っている姿を再現してもスピード感が感じられなかったので、思い切ってジャンプしているような体勢にしてみました。さらに何かを突破しているような姿としてドラム缶を蹴散らして進む姿として、漫画的な手法で小さなベースから飛び出しそうなレイアウトとしました。
スカウトカーはリアのパネルにM2重機関銃のトライポットをはずして、ソ連らしいノコギリを自作して付けました。またリアには浮き上がった荷物も付けて躍動感を出したつもりです。
フィギュアも最後尾の兵士だけ、顔の向きを変えただけでストレートで組んでいますが、見事に出演者たちがその瞬間を演じきってくれたと思います。
へこんだドラム缶は"Reality in scale"のレジン製です。かなり不自然な飛び方や配置ですが、勢いだけ感じてもらえたらありがたいです。
ベースはこれからもちょくちょく出てくる予感のする、スタイロフォームで作った石垣です。

初日に見に行きましたが、スカウトカーに直付けしたドラム缶が外れ掛かっているようで、芯の金属線が見えちゃってました。



信濃頓挫&シェリダン再開

◆昨日フジミのNEXTシリーズの赤城を完成させ、いい気になって同シリーズの信濃に着手しました。
ところがこのキットは赤城の様にピタパチとは行ってくれませんでした。
P1070354.jpg
▲こちらがフジミの信濃。
艦底と艦体の合わせが良く無く、無理に押し込んだら、はめこみのピンが4箇所折れました。
4本の魚雷で沈没してしまった、信濃の宿命なのでしょうか?
赤城の時は設計をべた褒めさせていただきましたが、これはダメですね。大和型は要注意です。

合わせてこの信濃は対潜水艦の迷彩塗装になってるんですが、艦体の濃い緑の迷彩は、シールになっていて、最初はそれでも良いかと進めてましたが、凹凸もあったり、後でウエザリングとかしたらはがれそうなので、塗装することにしました。
10001804t5.jpg
▲これはタミヤの塗装図です。フジミのキットは艦橋部分が全部濃い緑で成形されています。
実際にどうだったかは不明のようですので。艦体部分のみ濃い緑で塗ることにして、艦橋は成型色の濃い緑のままで行きます。
P1070406.jpg
▲と、マスキングはしたものの、都合の良い濃い緑のスプレーが見つからずここで頓挫しました。

簡単にサクッと終わらせるつもりが、大掛かりになってきてちょっと戦意喪失・・・

なので放置中のシェリダンを再開します。

キューポラ周りを組んだらほぼ組み立ては終了な状態でした。

P1070408のコピー
▲M2機関銃の防弾板ですが、厚みがスケール感を損なうので、薄々攻撃を仕掛けましょう。

そしたら塗装に向けての準備です。
P1070415.jpg
▲前面の金網も付けました。無意識に黒サフ掛けましたが、この金網って、現地で金網付けたので、OD色ってわけじゃないですね。エッチングのままでよかったんだろうかと・・・

フィギュアも組みましょう。
P1070414.jpg
▲ヘルメットのレシーバをでっちアップ。実際はほッそーい線材が必要なのでそれなりに雰囲気重視です。
P1070409.jpg
▲?おや、タミヤらしからぬ乗員が・・・・

P1050531.jpg
▲こちらのおねーさんです。戦車兵のヘルメットかぶってます、でもWW2っぽい・・・
でもなんとなくこのシェリダンに似合いそう。

【完成】日本海軍航空母艦「赤城」

P1070385.jpg

P1070390.jpg

P1070401.jpg
フジミNEXTシリーズ1/700 赤城完成しました・
詳しくはアメブロで↓
https://ameblo.jp/tarot-ggg/entry-12496112165.html

デジャヴ


P1070193.jpg
バルバロッサをテーマにこいつを作り始めたら、バルバロッサ以降の物と知り慌てて作戦変更。
P1070195.jpg
面倒な足回りまで組み終わってましたが、しばらくお蔵。。。

P1070200.jpg
J型初期にしました。こいつは時期は問題なし。
P1070248.jpg
一月前に見た光景が再び登場。デジャヴでしょうか・・・
P1070331.jpg
雑な工作で起動輪を可動させました。キットのままでも可動と言えば可動ですが、抜けちゃうしぐらぐらだしね。
001.jpg
構造はこうなってます。起動輪のシャフトに穴開け、虫ピンをプラ板に通してそれを車体に接着。
ピンが抜けないように、ピンの頭分凹ませたプラ板で押さえます。起動輪は塗装後にピント接着します。

内容がちょっと違うブログもヤフーブログにアップしてます。


 | HOME | 

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2019-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>