FC2ブログ

TarotG3のブログ

なんだかな~

◆皆さん見ましたか?なんか一方的に閉鎖だなんて~
移行できるのは

チラッと見た感じだと、ライブドアが似た感じかな??
レ〇パ〇スみたいに強制引っ越しですね・・・

◆とはいえプラモは作ります


▲トランぺッターのティーガⅠ後期型もあとは履帯を組めば塗装に入れます。


▲ライフィールドの連結可動履帯を使います。

▲履帯ピンは4個づつ、このまま差し込めるようになっています。

▲5リンクづつ組めるので(10やるとなんだかんだ時間が掛かる)サクサク進みます。
会社から帰ってきて、毎日少しづつ組んでました・・・んですけど。。あれ??

▲上のが5リンクづつ組んだ物と、残りの履帯です。
5リンクが24個で120リンク
未組立が23枚、合計143リンク分・・・・あれ?片側96リンクって書いてあったけど。192枚無いとダメなんじゃない・・・
え~50枚も足りないの~。どこに文句言ったらいいんだ!

Tarot!
おまえだ~‼

はい私でした…

▲今回は後期型なので左のやつが正解。右の初期型は、以前アフリカ虎を作った時に使った余りもので、途中で間違えて初期型を25リンクほど組んでました。
ライフィールドの太っ腹なのが、1両分組んでも48リンク分も余るのでした。
なので間違えました。あ~よかった。
初期型と後期型の違いは先生に聞いてみましょう。
お願いしま~す

▲と言うことです・・・
スポンサーサイト



時の過ぎゆくままに・・・

時は誰にも分け隔てなく、同じだけ同じスピードで積み重なっていく。
自分が積み上げた時の膨大さには案外気が付かず、他の者が積み上げた同じだけの時を見せられた時に、過ぎ去った膨大な時の重さを知ることになる TarotG3(汗)

◆さて久々のお話の時間です。
ちょっと長いですが、お付き合いください。
 
 その電話は、高校時代のバンド仲間のNからだった。
「金曜の夜に合コンやるから来て」というものだった。男側は同じくバンド仲間の
E藤と私と電話のNの3人で、女性側はNの幼馴染のA子とその友達2人ということだった。
A子とは、何回か会った事があり、みんなで飲みに行ったりライブに行ったりした事も有った。ヘビメタ系ロックのファンなので、音楽の話では大いに盛り上がる。ファッションもなかなかのヘビメタっぷりであった
そのA子の友達ということは、あとの2人もメタルクィーンと言う可能性も十分ありそうで、会社帰りのサラリーマンスタイルの我々とは、かなりコントラストのきつい
合コンになる予感がした。

 1時間ほど遅れた私が席に通されると、期待したメタルクィーンの揃い踏みの光景はそこには無かった。A子はいくらか薄まったが、ヘビメタ感は健在だったが、友達のB子は、白のワンピースが似合うどこから見てもお嬢様のような、ヘビメタとは真逆な娘でした。もう一人のC子はジーンズの似合うスポーティーなスタイルで、三者三様の出で立ちであった。
2人はA子の大学時代の友人で、白のワンピースのお嬢様B子は、なんと来月結婚式を控えていると言う。横浜のほうに嫁いでしまうので、その前に地元の友達と盛り上がろう というのがこの会の本当の趣旨だったようだ。

 どんな話で盛り上がったかは覚えていませんが、気がつくとそろそろ終電の時刻が迫っていた。地元で自転車で来たN以外の5人は、たまたま同じ路線の同じ方向だった。するとまだ飲み足りないのかNは「みんないっぺんに居なくなっちゃうのかよ」と不満を漏らした。
私とお嬢様B子は、家が近く同じ駅でしたが、タクシーで帰ったら5~6千円は掛かる距離だった。するとNは「車で送っていくから」※飲酒運転は法律で固く禁じられています
と言う条件を出してきた。結局明日仕事のあるA子とC子、そして唯一の既婚者だったE藤は、終電で帰り、私とNとB子の3人で店に残った。

 それから1時間余り飲んだ夜中の1時少し前に閉店時刻となり、店を出てNの家まで自転車を押して3人で夜中の街を歩いた。
すると程なく雨が降り始めてきた。NはB子に自転車を渡すと
「濡れちゃうから、この先の左側にある電車のガード下で待っていて」と言った。
B子は言われるがまま、自転車を漕いで走って行った。
雨は次第に強さを増してきたが、5月の雨は冷たさよりも心地よさを感じられた。

Nの言ったガード下とは、当時できたばかりの道路が線路をくぐるアンダーパスでした。確かに雨宿りにはもってこいですが、今考えると、夜中のそんな場所は刑事ドラマだったら必ず悪人に襲われたり挟み撃ちにされる場所だろう。

 雨の中20分ほど歩くとやっとアンダーパスの道にでた。坂を下って線路下に行くと、そこにはB子の姿はなかった。途中で抜かしたとは思えないので、曲がらずにまっすぐ行く道と、アンダーパスの反対側に手分けして探したが見つからない。
来た道を駅まで戻って探したが見つからなかった
今度は駅の反対口と今来た道に分かれて探したが見つからない。
依然雨は降り続け、2人は濡れ鼠のようであった。結婚式を控えているB子に何か有ったらと嫌な予感に襲われる…

 Nが歩いて探しても埒が明かないので、「家まで帰って車を取って来る」と家へと向かった。するとNが「あっ!」と叫んだ。「見つけたか!」
「いや。違う。家の鍵がない
なんとNと私の鞄はB子が乗って行った自転車のカゴに入っていたのであった。

 それから何度駅までの道を往復しただろうか、相変わらず雨は降り続けている
午前3時を過ぎた頃、Nが、「確か2階のベランダの窓は鍵を締めていないはずなので、そこから家に入って車で戻ってくる」と行って、家へと向かった。
泥棒に間違われないことを祈りながら、私は何度目の往復となるのか雨の中を歩いた。
1時間ほどしてNが車に乗って戻ってきた。さっきまで20分掛かった駅までもあっという間に着くことができる。すでに雨は小降りになり、空は白み始めていた
大通りを何度か往復したがやはり見つからないので、細い路地へと入っ行った。
地元のNは慣れたハンドル操作で裏道を走った。
すると前から傘を差した女性が自転車を押して来るが、傘は無いはずなので、通り過ぎようとしたが、すれ違いざまに顔を見ると、
なんとそれは ずっと探していたB子だった。

 家へと向かう車の中で、何が有ったのかを尋ねると、
あの時別れた所から2~3分の所に、実は高架があるのであった。それは道路が線路の上を越える高架でその下にいるとは思いつかなかった。
B子はしばらくそこで待っていたのだが、いつまでたっても我々が現れない。歩いても3分くらいのところなので、そんなに時間が掛かるわけも無いので、我々を探しに、来た道を戻って探している内に、初めての土地で迷子になってしまったらしい。
傘は早い段階で親切な人が貸してくれたそうだ。

とりあえず何事もなかったのが幸いではあった。
B子を家まで送り、私が家に着いたのは6時をすでに過ぎていた。

それから彼女たち3人とは、一度も会うこと無く時だけが過ぎていったが、
あの日のことは忘れることはなかった。


 その日は天気予報通り大雪となった。こんな日に飲み会をセッティングしたNを呪いながら、積もる雪に足を取られながら居酒屋に向かった。
部屋に通されると来ていたのは、E藤1人だけで、久々に会うはずだった他のメンバーはこの雪で来れなくなり、後はNとその連れが何人か来るだけになったとのことだった。
しばらくすると、Nが女性二人を連れて現れた。一人は予想通りあのヘビメタのA子であったが、25年の月日はすっかりヘビメタ感を消し去り、あの頃のA子とは別人のようだった。もう一人はと言うと・・・

そうです。25年前雨の中を探し回ったB子であった。
C子こそ居ないが、25年前前のメンツが再び顔を合わせました。

片時も忘れることの無かった私は、懐かしそうにあの時のことを話すのだが、
皆いい加減なもので、あの時のことをちゃんと覚えていたのは私だけで、
そう言えばそんなことが有ったという感じでした。
A子に至っては、その日初めて聞く話だというではないか。

横浜で暮らしているB子が、なんでこんな雪の日にこっちにいるのかを聞くと、
明後日、娘が結婚式を挙げるということだった。結婚式に祖父母を車で連れて行くために実家に帰省しているのだそうだ。

 あの雨の夜のことが常に記憶の片隅にあった私は、つい少し前くらいの時間の感覚でいました。
でもあの日から積み重ねた25年という月日は、一人の女性を母親にし、その娘が嫁ぐほどの膨大な時を積み重ねていました。


お付き合いくださりありがとうございました。








Pz.Kpfw 38D製作そのⅡ

◆ホビーショップ アンディー主催のコンテスト

お題はプロトタイプ・・・
これもかな?

▲インディージョーンズより~

▲Ho229みたいな、推進式プロペラ機。かっこいいな~創作ですよね
いいセンス!それとも実存したのかな??


私はこいつ+αで参戦予定です。

▲こんなのペーパープランだとしても、一度も見たことないです。
その分、新鮮な気持ちで行けるかな~‥とは思いましたが、38t系の車台に4号戦車の砲塔なので、そんなに目新しさは無かったかも…


▲前回は謎の戦車として足回りだけできました。

さらに進めましょう。


▲マフラーなんですけど、38t系のどのタイプとも違うようなのですが、EXパイプがあまりに型の抜きだけで考えたような感じなのでプラ棒で作り替えます。

▲直角より曲げの方がそれらしいかな…と


▲運転席のバイザーに伸ばしランナーを、接着剤で溶かして溶接跡を再現。

▲車体を付けてみました。傾斜装甲を採用ですね。ヘッツァーの戦車型があったらこうなりそうですね。

▲工具箱はキットの物は使わずに、他から持ってきました。


▲ドラゴンのグリレのエッチングです。これまだ組んでないんですけど、プラの工具箱も入ってるので、エッチングを今回使っちゃいます。
この時代のドラゴンさん懐かしいな~

なんと

▲この値段!これでマジックトラックに、アルミ砲身、エッチング(今のより数倍厚みがある)付きですからね。今はデチューンされた内容でこれの2倍ですからね
売れないわけですよね~

昨日ブロ友さんたちとワイワイしましたが、足が痛いって言ってた私は、
何と痛風の発作でした。あれだけプリン体を補充したらいかんですよね~。
今朝起きたら歩けませんでした・・・

やっぱ帰っておいてよかったですよ。





【完成】FANTOM FG-1
























ファントムFG-1 エアフィックス1/72
エアフィックスのキットは、以前Do17を作ってとてもよかったので、必ずチェックを入れるメーカーになりました。それが一度は作ってみたかったファントムを発売したので、悩むこと数か月(基本的にww2以降の飛行機は作ったことが無いので)
やっぱり欲しくってゲットしました。しばし積んでましたが、何とか完成させられました。
大戦機とは違ってかなり細かくて面倒なのかと思いましたが、組み立て自体は思ったより時間もかからずにできました。かなり早くできそうだと思いましたが、そこにコーションマークデカールを250箇所ほど貼る作業が!トータル8時間くらいかかったでしょうか、何とか貼り終わりました。

塗装は背面は白サフと言う手抜きで・・・上面はタミヤのジャーマングレーの缶スプレーで吹いた後、青味を出すためにクレオスのフィルターリキッドのシェイドブルーをブラシで吹きました。思った以上に青くなってしまいましたが、実物の色もよくわからなかったので良しとしましょう。

デカールの上から半艶消しクリアーで保護をして、クレオスのウエザリングカラーのステインブラウンを極薄めたものでウオッシングアンド墨入れ、イマイチ墨入れが目立たなかったので、タミヤのスミイレ塗料のブラウンをパネルラインに入れました。

久々の飛行機な上に、1/100ジェットしかジェット機は作ったことが無かったので、なかなか楽しめました。あっちこっちに埋められなかった隙間もできちゃいました。なのでできは傍からみたら20点くらいですかね~
自分では60点くらい上げようかな(汗)

あっ、ちなみに前回のタイトルの答えです。
鰤  鼻紙 不安富
ブリ ティッシュ フアントム

でした・・・・


鰤鼻紙不安富 其ノ七

◆北海道でまた地震があったそうですね。夜の地震は怖いですね。大きな被害が無ければいいですが。

タイトルは読めましたか?

▲ウエザリングカラーのステインブラウンで汚してます・・・がわかりませんね。

▲拡大したら・・・やっぱり、よくわかりませんね…
もっと大胆さが必要でしょうか?


▲イエイ!武装しちゃえ!


▲キャノピーオープン!よく見ちゃだめですよ。

さ~て、もっとウエザリングするべきか?終わった感が私の中に広まっていくので終わりにしちゃうのか?

R34GT-R製作その1.5

◆寒い一日でした。来週からは暖かくなるそうですけどね。

さてあっちこっちお手付きまくってますけど、こいつがひと段落しました。

ブリティッシュファントム!

▲ついにコーションマークを貼り終えました。
行方不明1、折れ曲がり断裂7~8 全部で250くらいあるので、まずまずの戦果ですね


▲コクピット周りは、黄色と赤いマークがあるのでにぎやかです。

次なるものは、写真のバックにもあります。R34GT-Rです。

▲4点式シートベルトを通す穴(って言うのかな)を開口します。

そんでもって、ちょっと飛んで塗装になります。

▲シートは赤にしたかったので、タミヤのオキサイドレッドのサフを下地に塗りました。が・・・・
ここでホントにきれいに赤が発色するか怪しく思ったので、さらにこの上からピンクのサフを…

▲う~ん。ペネロープ号の色!

ちゃんと検証してからにしましょう。(当たり前ですよね・・・)


▲オキサイドレッドの上に右半分はピンクのサフを掛けて、全体にピュア―レッドを吹きました。が、オキサイドレッド下地は、あまり変わってないし、ピンク下地は赤が明るすぎて、なんかとってもおめでたい感じが出ちゃってます。


▲ピュアレッドが良くない感じだったので、イタリアンレッドで同じように比べてみました。ピンク下地でもちょっとダークな感じでよさげですね。
なのでオキサイドレッド→ピンク→イタリアンレッドで行きます。

▲で、塗ったんですが、赤一色だとなんか野暮ったいのでツートンに

*真ん中を黒で塗りました。実際の塗装指示と丁度逆の塗り分けです。
これはこれで田舎臭い感じもしますけどね・・・

▲ドアの内張にも赤い部分があったので、面倒だったので下地はグレーのサフでその上にイタリアンレッドを塗りましたが、この赤が一番よかったかもしれません。

以上Tarot流「行き当たりばったり」模型製作記でした。
良い子はちゃんと検証してから塗装しましょう。

昔アラブの偉いお坊さんが…

◆What's this?エアファンネル?

◆エッチング?

◆これは、coffee?

◆蒸らし~の。

◆そそぎ~の

◆油断してたら。あふれ~の。。


◆フィルター要らずのステンレスメッシュのコーヒードリッパー。
いつもは濾紙で入れていましたが、こういうのはインチキ臭いと敬遠していましたが、ひょんなことで手に入ったので、使ってみることにしました。
内側は細かいステンレスメッシュが貼られていて、外側は極小の穴が無数にあいています。
 以前はコーヒー豆を専門店で購入して毎回挽いていたんですが、365日毎朝豆から挽いてるのが面倒になったのと、なかなか買いに行けなくなったのと、結構な金額になるのとで、挽いた状態の既成品のコーヒーに切り替わって数年経ちました。
今飲んでるのはそんなにうまくはないけど、忙しい朝に味わってる暇もないので、既成の安いレギュラーコーヒーでもそこそこおいしくなったもんだと、とりあえずずっと飲んでいました。
このステンレスメッシュドリッパーを試した結果、
「おいしいんです」
かなり味に深みとコクが出ました。感じるとかじゃないんです、はっきりと違いが分かるほど差が出ました。やっす~い豆が、そこそこの味に大変身はホント驚きました。これで安い豆もおいしく飲めるようになりましたよ。
難点は、淹れた後のコーヒーガラを捨てるのが面倒です。

ブリティッシュファントム その⑥かな???

◆一体全体どんだけお手付きまくっているのでしょう。
なくなった脱出装置も作ったので、夜の内職の様に進めているコーションマーク貼りの進捗です。

▲たくさんあるとはいえ、裏面は白ベースなのでコーションマークも映えるんですけど・・・上面は・・・・

▲こんな濃い色に黒いちっちゃい文字を裏面以上に貼るんです・・・
よく見たら曲がってるし、シルバリング起こしてるし・・・

▲機首部分の赤とか黄色のマークは萌えますね~


▲合計8時間くらいですかね。ここまでできました。ピンクのチェックは済んだところです。残すは左側面のみとなりました。

▲デカールもこんなに、減りました。一部紛失して喜んでいたら出てきました。
あと一息!

コンテスト三昧か?It's been a hard day's night

◆寒かったですね~うちの方は雪にはなりませんでしたけどね。

昨日は東武用のスカウトカーがほぼ組み終わってしまったので、こっちも行っちゃうことにします(予定)



▲なんじゃこりゃぁ~ NISMO R34GT-R!
こいつでタミヤ新橋モデラーズコンテスト参戦します(予定)
狙いは参加賞!(ほぼ決定)
前からやりたかった仕様で作ります(予定)

と言うことで 5月なんてすぐきちゃうのでさっさと取り掛かります。

▲ボディーのパーティングを消してるんですが、シルバーの成型色って線だけは消えないので、平らになったかわかりにくいですね。触った感じでは段差がないのでたぶん大丈夫なんでしょう。

で、簡単に済まそうと思ったんですが、これの純正エッチングがあるらしいのでそれも使おうかと思い手に入るまで中断します(はやっ)

★それからそれから、予定が立てられないくせにどんどんブッコみましょう!


▲周りでは38t系戦車が流行っているのでわたくしも・・・・


▲サスが可動です。
これはなんだ?

ジャ~ン

▲越谷のホビーショップ アンディー主催のコンテストです。
昨年はヘビーメタルがテーマでした。今年はプロトタイプ!
さっきの38t車台ので参加します(予定)
私の隠れテーマは
「アミューズフェス!」

アミューズフェスと言えば、こういうのもありますが↓


▲こちら本家「アミューズフェス 2019」(参加希望)

5・6・7月とハードなスケジュールだぜ~ やれるんかいな(汗)

ファントムリカバリー&M3A1スカウトカーその2

◆昨夜遅くに雪が降ってきてどうなることかと思いましたが、薄っすら積もっただけでしたね。ただ朝早いうちは、路面が凍結してましたね。スーパーの駐車場で滑って転びそうになりましたよ。

さて昨日なくなったファントムの脱出装置を自作したので、今日は塗装しました。

▲虎のしっぽじゃないですよ。

▲はい。終了!やっぱりないと殺風景でしたね。

では、続いて何をするかと言いますと、

▲M3スカウトカー。
こいつは夏の東武に向けて作ってます(今のところ)

▲前回はシャーシを作り終えたので、今日は車体上部、でもかなり進んでいます。
ピタパチなので、ストレスなく進みます。
フロントウインドウの装甲を閉じた状態と、開けた状態のどちらかを選べます。
これは閉じた状態。

▲開けた状態。装甲は付けてません
M3装甲車系は古くはタミヤのハーフトラックとか作りましたが、ここの装甲を閉じたものを作ったのは1回しかありません。開けてる方がスキなんですよね。
でも今回は気合の入った突撃モードのフィギュアが付いてるので、閉じましょう。

▲フロントグリルも、開閉選べます。ここも閉じた状態と言うのは一度も作ったことありません。このルーバーがスキなんですよ。

▲閉じた状態。・・・・あっ、これ付け替えできますね。とりあえず両方進めましょうか。


▲リアパネルに、機関銃のトライポッドを付けるようになってるんですが、レンドリース仕様で作るんですけど、アメリカはここまで気前よく付属させたんですかね?

なのでこれは付けずに、ロシアっぽいものを付けましょう。

▲プラバンカット~

▲ソ連軍の大好きアイテム、のこぎりです。

▲こんな感じで付けましょう。

▲シャーシは黒サフで、車体は内部を黒サフで吹いた後、マホガニーのサフで全体を塗りました。
このキット装甲も、いい感じで薄く仕上がっていますね。キットのままで手は入れていません。
次回は、これに付いている、フィギュアの製作かな~
トラペの虎Ⅰも放置中、どっちやろうかな?

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2019-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>