FC2ブログ

TarotG3のブログ

今日はギタークラッシュでスカッとしますか。

*Rainbow Live in Munich 1977
*手っ取り早くギタークラッシュを見たい方は7:55からどうぞ

◆この時期のRainbowのライブでは、アンコールが「Do you close your eyes」で
曲中のギターソロの後4:28以降に普通はギタークラッシュをするはずであり、メンバーもそうするものだと思っています。実際ギターソロが始まる前3:21にぶっ壊し用のギターに変えています。
リッチーが4:28にドラムのコージーに合図を出して、歌のパートに戻り曲を続けさせる。てっきり出番はまだだと思っていた、ボーカルのロニーは一服中で、慌ててタバコを持ったままステージに戻るが、ベースのボブ用のマイクでしばし歌ってしまいます。

その後ギタークラッシュ無しで曲は続きエンディングを迎えますが、
7:13にリッチーが首を切るポーズをして「ギタークラッシュ」を宣言し、他のメンバーはステージから去っていきます。
その後一人ステージに残ったリッチーは、鬱憤を晴らすかの様に、ギタークラッシュを始めます。
なぜいつもと段取りが違ったのか?それには理由があったんです。

実はこのドイツの3日前はオーストリアでライブが開かれていました。
その時リッチーに近づこうとしたファンの少女を、会場のスタッフが殴っていたのを見たリッチーが、その男の頭を蹴り飛ばしたんです。ところがその男はその会場の支配人で、警察と深い中でもあり、ライブ後にリッチーやスタッフの何人かを逮捕拘留してしまいました。
スタッフは翌日釈放されたそうですが、リッチーは3日間拘留され、弁護士の助けでようやく釈放され、ミュンヘンの会場に付いたのは、開演の10分前でした。
リッチーは3日前のステージ衣装のまま拘留されていて、着替えもせずにそのままステージに立ちました。
その鬱憤を晴らすためのギタークラッシュだったようです。
そう思ってみると、8:00頃の床に置いたギターはオーストリアの官憲や支配人で、
処刑の曲をムーグタウラスベースシンセで奏で、そのあといよいよ刑の執行と言った趣でしょう。
それにしても9:30のステージ間際の客は怖くなかったかな~

スポンサーサイト



ブレイクタイム

◆最近周りでは何かと艦船が熱い!
私は「武蔵」作っただけでおしまい・・・
じゃ、寂しいかなと、いろいろチェック、箱のでっかいお店のサイトで。。。


▲軽巡洋艦とかなら時間もかからないからいいかな?駆逐艦だとあっさりしすぎな感じだし。3本煙突いいな~

▲外国の戦艦もいいですよね。ビスマルクは一度は作りたいですね。

ん・・・・・・・・・・・・

私にお似合いなのがありました・・・・



▲お風呂で遊ぼうかな~

艦船で検索したんですけどね。これも艦船、スケールは?


第五回SBT48(新橋タミヤ48コン)製作

◆昨日基本塗装が終わりましたので、今日はクレオスのウエザリングリキッドでフィルター的なものを掛けていきます。


▲その前に面を均一にするため、半艶クリアーを掛けます。
グリーンベースの場合、影をシェードブルーとレイヤーバイオレットで付けていきました。ハイライト部分は、スポットイエローやフェイスグリーンで調子を付けていきます。
いつも失敗するのですが、この作業はデカールを貼る前にやるんですが、デカール大好き人間の私はつい貼っちゃいます。

ホルヒとサイドカーにもフィルター掛けましたが、写真で効果が分からなかったので割愛します。

細かいことは気にせずにこんなこともやりました。

▲ブレーキワイヤーなど付けてみました。48なので適当なところから突然ワイヤーが出ていますが、私には見えないので良しとします。( ̄▽ ̄;)



▲はい完成!




▲ホルヒもできました。

▲KV-2はこんな感じ。デカールの縁が光っちゃいましたね・・・・

この次はウエザリングに入ります。あっその前にフィギュアの塗装もやらないと。
次回の土日はもう12月!はや~
下北沢の代表選抜もやらないと・・・・



SBT48(新橋タミヤ48コン)その4

◆エアブラシ トラブルで大幅に予定が狂いましたが、何とか目標を達成しました。


▲グレーサフの上に、タミヤスミイレ塗料の黒でシャドウを入れました。
*この時にエアブラシが不調になりました。


▲とりあえず、ニードルストッパーが変なままここまで塗装しました。
なんだか微調整できなくて、結局シャドウ吹いた意味がないくらいベタで塗ってしまいました。

*この後Oリングを求めスーパービバホームへと向かいました。
結果は前の記事で・・・


▲シャドウがすっかりなくなってしまったので、また上からタミヤのスミイレ塗料で濃淡を付けました。今回は珍しく、一段明るい色でハッチや砲塔天面を塗ってみました。

▲48と言えども迫力あるスタイリングは健在。

つづいてドイツ軍。

▲ホルヒはジャーマングレーで塗りましたよ。カバーを掛けたウインドウを塗装し忘れました・・・

▲キットの折りたたんだ幌の表現いいですよね。35のがどんなのだったか、確認したらつい笑ってしまいました。


▲サイドカー。エンジンとかはまだ塗装していません。

▲ジャーマングレーのサイドカーはいいですね~。

ついでこいつも塗りましたよ。

*ついでっぷりが凄いです・・・( ̄▽ ̄;)
サフも吹かずに、紙粘土の上に、KV2で履帯用に作った赤っぽいグレーで全体を塗りました。
その後KVでシャドウを入れたついでに、こいつも下側から全体に影になるようにスミイレ塗料を吹きました。
そして、色味に変化を付けるために、KVのハイライトとして作った明るいグレーグリーンで上の方向からランダムに調子を付けました。
最後にホルヒのジャーマングレーでも濃淡をつけ、塗装終了としました。

全部車両用の色でついでに塗っちゃいました・・・けど悪くないですよ~


▲枯草の中に立たせましょう。後は明日来るブツと秘密兵器で仕上げます。




エアブラシ故障?

◆今日エアブラシで塗装を始めたんですが、プッシュレバーの動きが悪いんです。
分解して掃除をしてもとに戻したはずなんですが、なんかヘン‼

ニードルストッパーが妙に抵抗なくクルクル回ってしまいます。

▲矢印の部品が、ニードルストッパー。
普通はここまでばらさないんですが、今日はばらして掃除しました。

動きがよすぎるというか止まらないので、ネットでいろいろ見ていたら、ねじの終わりの溝にOリングがあるようです。


▲溝の内径が5ミリだったのでP5(Oリングの規格)とP4を買ってきました。
が、


▲やっぱ、線径が太かった・・・・規格品じゃダメみたいです。
タミヤで部品請求かな~このエアブラシ骨董品なので、以前新橋タミヤで部品を探すのに、お店の人もえらい苦労して調べてたんですよね。

ココのOリングは特に気密性と言うより、動きを鈍くするための物のようなので、なくてもよさそうですが、使いにくいので応急処置しましょう。


▲水道テープ、そんな名前じゃなかったかな?水道管のジョイント部のねじに巻きつけてパッキングするテープです。

▲このテープで「こより」を作って溝の部分に巻きました。

とりあえずこれで動きがもとと同じようになってくれました。

でも、分解した時に、ここのOリングなんて外してないんですよね。
切れたのだったら、切れた破片がありそうなんですが、それもありません。
溶けちゃった?そんなことないですよね。不思議?

では、この後今日の塗装成果の記事をお待ちください。。。


SBT(新橋タミヤ)48コン その3

*問題です!
タロット君はコンビニで310円の買い物をして、510円出したら、店員に
「510円からでよろしいですか?」と聞かれました。
タロット君は、どうすればよかったのでしょう?


◆今日は日が出てても寒いですね。空気も乾燥してるこんな日は塗装も乾きやすい。
と言うことで・・・

▲展示台の量産をしました。ワトコオイルで塗りました。

さて展示台の製作で時間を食ってしまいましたが、48の方も進めましょう。

▲今回はこんな情景を作ります。
テーマは、路肩から外れて擱座してしまったKV-2の脇を進むドイツ軍です。

では早速ベースの方を作り始めましょう。
今回は格安で仕入れたスタイロフォームを使いましょう。90x25センチで30円!

▲案1・最初こういう感じで考えていました。
だけどなんか、あ・た・り・ま・え な、感じ。

赤鬼さんでは当たり前がベストだという結論になりましたが・・・


▲案2・正面を逆にしました。ダイナミックにでっかいKV-2を手前におき、
通過するドイツ兵が驚きの表情で見ているのを見せる。と言うパターン。

で、今回はこっちにしようと思います。フィギュアもこの配置に基づいて改造したりしたので、もうあまり変更できません・・・

でも、意外と本命はこれだったり・・・・


▲とは言え、どのパターンも正面が違うだけで配置は全く同じです・・・
最後の最後でまた変わるかもしれないです。


赤鬼再来その2

◆もういくつ寝ると下北沢♪
と言うわけで、ドイツ戦車ばかりにクリスマスを楽しませるわけにはいかんと、
シャーマンEZ8の情景の手直しです。

▲先日はこの状態で終わってました。今回この木は葉が落ちた状態にするつもりです。なので針金だけの枝が妙にリアルさが無いので、(作り方が悪いだけではあります)こいつもリニューアル!


▲はい。途中経過も無く、唐突に仕上がりました。

▲彩葉の天然木で枝を再現。桜の木の時と同じです。


▲パターン1:右に木を配置することで全体のバランスを中央に持ってこようと考え、高さの有る、木のふもとの燃え落ちたフィールドカーを際だたせる狙い・・・


▲パターン2:人の目の導線的には左側から右に移っていくので、高さの有る木を持っていきインパクトある構図とする。前回も書きましたけど、このレイアウトは当たり前すぎかな・・・と最初は思ったんです。
実際両方に配置して見たら、左に木の方がバランスが良く見えるようです。
地面が左から右へと低くなっているので、低い方に木を持っていくと、その高低差が打ち消されてしまうようでした。高い方にさらに強調するように木を持っていき、右に下がっていく導線の先に、燃え尽きたフィールドカー ってのがポイントですかね。


でしょうか・・・( ̄▽ ̄;)



赤鬼再来!

◆私としては珍しい、完成したキットの再ウエザリングなどしてみました。


▲Red Devil シャーマンのお色直し。
これ作ったころ、なんかウエザリングに迷いがあって、なんかボケた感じの仕上がりになってました。原因は埃汚れを隅とかにも入れてたことなんですけど、リアルな場合だと埃って隅とかに残ると思ってやったんですけどね。


▲溶接ラインなどやシャドウ部分に、クレオスのウエザリングカラーのグランドブラウン「濃い目」を塗ります。


▲溶剤をしみ込ませて軽く拭き取ったきれいな筆で、ぼかしていきます。


▲向かって右は、済んだ部分、左はこれからです。右の方がパネルラインがはっきりしてきてしまって見えると思います。

▲はい。全体を同じようウエザリングしました。
▼下はウエザリング前です。

▲こっちはやっぱり、コントラストがあまりないから、あっさりと見えますね。
防盾のキャンバスシートで違いが良くわかると思います。


さて、そうしたら、

▲続きまして、造花用のワイヤーをねじねじします。


▲こんな風に気を植えましょう。こっちかな?

▲それともこっち?
頭の中では下の方の左に木で考えていたんですが、そっちは当たり前すぎかなと、思って、右に木を配置するつもりでした。でもいざ木を配置したら、左の方が導線的には自然でいいかな~と思ってやっぱり左で行きます。


▲そうしたらワイヤーの周りに、紙粘土を盛っていきます。
とりあえずここで乾燥させましょう。


▲こうなります。紙粘土で結構太くなっちゃいました。イメージはワイヤーの時の太さでしたけど、OKとしましょう。

えっ?何してるって?

ちょっとこいつにも下北沢を見せてやろうかと思いまして・・・・





変貌について

秋の夜長にお話しをひとつ
「変貌」

 時とともに人の容姿や性格なども変わっていくものですね。
結構驚いた変貌は、高校時代の超真面目で内気な女の子が、
同窓会でピース(両切り)を吸っていたことでした…彼女に何があったのか?
 二十歳頃の話です。
近所を歩いていると、突然パンチパーマにほっそ~い口ひげのあんちゃんに声を掛けられました。
昔こういう感じの方に、お金を貸してくれ と言われた思い出がよぎりました。
相手はなぜか手にチャンバー(2サイクルバイク用のマフラー)を持ち白いつなぎを着ていました。
誰だろうと記憶をたぐり寄せますが、こんな押出の強い知り合いは、と~ンと心当たりがありません。

そんな私の迷いなんてお構いなしに、ガンガン話しかけてきます
因縁や脅してくるようには思えないし、話し方もごく親しげです。
でもココで安心してがードを下げた瞬間に
「ちょっと金貸してくれないか」 
などと切り出してくるのではと、きっとかなり不審そうな顔をしていたんでしょう。
相手が「あっわかんない?、オレだよ、Yだよ。」と自分から名乗りました。

名乗った名前は覚えています。何しろ幼稚園から中学まで一緒だったんですから、
でもその名前と目の前の人物がどうしても一致できませんでした。
中学卒業以来一度も会っていなかったのですが、私の知っているYは、とてもひ弱泣き虫で、いじめられっ子でした。
話をしていると、どうやら本人と分かりましたが、あまりの変貌にただただ驚くばかりでした。・・・・
 30歳半ばの頃だったと思います。会社帰りのバス停でのことでした。バス停に並んでいると突然声を掛けられました
「久しぶりだな~」と、誰かと思い相手を見ると、クタクタのスーツに銀縁メガネをかけ、髪の毛はかなり後退して額も眩しい、私より少なくとも10は年上の感じの、疲れきったサラリーマンがいました。
昔パチンコ屋で「全部すっちゃったので電車賃貸してくれない」
と言ってきたおっさんを思い出しました。

誰だろうと記憶をたぐり寄せますが
全く思い出せません。そんな私の斟酌には、お構いなくガンガン話しかけてきます。私は完全に「どなたですか?」と聞くタイミングを逸してしまい
なんとなく話を合わせる内に手がかりをつかもうと試みました。
話していると老けて見えたがどうやら同級生のようである。
そうなると候補はかなり絞られる

でもわからない。大体近所の知り合いはこれほどわからないはずもないので、少し遠目の人物を思い出してみると、該当するのは一人だけ。その人物はあまり親しいわけでも無く、私の降りるバス停よりかなり先に住んでいた。
昔は野球部の爽やかなイケメンだったのだが、こういう変貌を遂げたのであろうと思うしか無かった。でもなんか釈然としない?

10分あまりの時間をうまくごまかしながら会話を合わせた私は降りるバス停が近づきホットする。
「じゃ~オレはココで降りるから」と別れようとすると。相手は怪訝な顔で、なんと一緒に降りてきた。
えっ?あいつでもない!

Who are you? 
 
じゃあ!と別れたその人物は、道を渡ったすぐそこの家へ入っていった。
えっ?あいつは・・・・・

なんとその冴えないサラリーマンは、Yだった。
そう二十歳の頃パンチパーマのYであった。

こんなノーズアートはいかがかな?

Perfume WORLD TOUR 4th「FUTURE POP」
北米ツアー開催決定!!


2019/03/30   New York
2019/04/02   Toronto
2019/04/05   Chicago
2019/04/07   Dallas
2019/04/10   Seattle
2019/04/17   San Jose
2019/04/19   Los Angeles
北米では初上陸となるトロント・シアトル・ダラス・サンノゼを含む7都市を巡る、過去最大規模の海外ツアー

 ★ノーズアートをアップしたかっただけです・

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>