FC2ブログ

TarotG3のブログ

【完成】パンターG型 ライフィールド




























パンターG型 ライフィールド1/35
とりあえず終わりとします。完成に近づいてだんだんモチベか下がってきました。
透明ボディーが、そこはかとなくおもちゃっぽさを醸し出すのが原因かな?
いっそ、透明ボディーは付けない方が見栄えもいい感じですね。

 ライフィールドのキットは、一番初めに出たティーガーⅠ型極初期型以来です。
でも短い期間にかなりの進歩を遂げたようです。ただしライフィールドの組説は結構不親切で、インテリア部分で、部品をどこに付けるのか、分かりにくい部分が多かったです。一緒に組んだタコムを見ながら部品の位置を確認することが多かったです。単独で組んだら結構わからない箇所が出たと思います。付属の連結可動履帯は珠玉の出来ですね。何しろセンターガイドが一体で、作る手間があまりかかりませんでした。
長らくドラゴンのG型がベストキットでしたが、これから出るインテリア無しのキットが、その座をとって代わるでしょう。

このキット鬼のような再現がされていて、ちゃんと組んでしまえば絶対に見えなくなる部分の配管とかも再現されています。たぶんばらばらにしても本物通りになってるんじゃないでしょうか?次作る(まずないと思いますが…)時はエンジンとかトランスミッションは外してそれだけを見せたいですね。

スポンサーサイト



【完成】タコム パンターA型 


































パンターA型後期型 フルインテリア タコム1/35
4月からライフィールドのパンターG型と同時製作してまいりましたが、7か月近く掛けてやっと完成(に)しました。
タコムのキット自体これで3つ目ですが、進歩の度合いが凄いです。最盛期のドラゴンに近づいてると言って過言ではないでしょう。複雑なフルインテリアキットですが、部品の付ける位置や、向きなど間違えないように方向性が付けてあったり親切設計です。一緒に組んだライフィールドのインテリアより、細かい部分は省略されていますが、組んでしまえば、ほぼわかりません。もっと見せ方を考えればよかったですが、組んでればどうにかあるだろうという甘い考えで、結局傾斜装甲のパンターは、接着で押さえつけないと形が出なかったので、閉じてしまいました。
中身が詰まっているので、最後の最後で車体の上下の合わせ目に隙間が出たり、バスケットを付けた状態で砲塔をセットすると、浮き上がったりしてしまいました。
閉じてしまいましたけど、思い出は私の心に残ってます(キザ?)
このキットを買ってすぐ、コーティング付きが出ましたが、ポリパテでコーティングも再現しました。
タコムさん、インテリア無しも出してください。
とにかく 疲れました~~~~


もう終わり!


◆タコム パンターA型フルインテリア、4月から作り続けてきましたが、もう終わりにします! 疲れた~



2018 メルクールの会大展示会に行ってきました。

◆本日27日、明日28日上尾駅すぐのところで、メルクールの会の展示会が行われます。2年に一度展示会の力作を目の前で堪能してきました。
どれもこれも素晴らしい作品です。一部ご紹介させていただきます。






▲とにかく作りこみが凄い。黄色の機体も美しい芸術です。



32サイズです巨大!

◆タイタニック号



▲窓の明かりは一つづつ光ファイバーだそうです。

▲船首には・・・・

◆ここからはMighty Oさん劇場です。

▲72サイズ 翔鶴艦橋フルスクラッチ





▲内部も半端ない作りこみ!海図台にはこっそり72サイズのモデルアート誌が置かれています。

◆続いて、私は初めて直に見せていただく映画トラトラトラの赤城のセットの再現。
144サイズです。



▲よ~く見ると砂浜には自作のネコ車やスコップが・・・

▲トラックもスクラッチ!





▲ゼロ戦も99艦爆も映画と同じようにテキサンから改造です。



▲スクラッチって、レベルが違いすぎですね。

◆つづいてフランクパパさん ワールドです。

▲架橋戦車、橋の部分はフルスクラッチの上にスムースに可動します。工作技術の高さがうかがえますね。



▲スキャンメル戦車運搬車、


▲グラントのインテリアは再現されています。すべてのハッチは可動します。


▲砲塔内部も抜かりなし。



▲珍しいレジンのキットとかあまりお目に掛かれないものを見せてもらいました。




▲上の作品は、フランクパパJ rの作品です。親子で模型いいですね。

◆スクラッチの魔術師!ABBYさんの作品です。

▲16t(だったかな?)クレーンはフルスクラッチです。タコム、アミューズ発売前に何とか間に合わせたそうです。

▲製作過程の記録





▲タミヤの48エレファントをベースに、ベルゲ、フィルディナント、
P虎 、Vk4502をスクラッチ。





▲タミヤの48ハノマークをベースにいろいろなタイプをこれでもかとスクラッチ。




▲全ての質感が凄い!

◆ミニテーマのFw190dコーナー







▲オランダより自転車で直輸入の作品です。。。
違った?オランダの風さんの持ち込み作品です。


▲キンちゃん作


▲今年はキャラクターものも数多くありました。

そのほかにも数多くの素晴らしい作品がそろっています。
明日28日までですので、興味のある方はぜひお出かけください。

タンクGT 修理


▲タンクGT  "The Army Surplus Special"
ちょっと壊れました。


▲ラジエターキャップ?が折れました。

▲これって樹脂は何だろう?
よくわかりませんでしたが、プラスチックマジックでくっつきました。








▲10年くらい前の食玩です。コナミから出てました。


▲チキチキマシン猛レース、子供の頃よく見ました。
食玩で確かフルコンプしてるはずですので、後々ご紹介したいですね~
なぜか今現在保管場所が 会社・・・今日は修理のためにこいつだけ持って帰ってきました。
なんかヤフオクとかでも、結構な価格で取引されてるみたいですね。

下北沢で盛り上がるのは何祭り?

    PANZER VOR!!  









作戦指令
 コードネーム
の霜北沢作戦」
発動。
12月23日 全軍を持ってして 下北沢タウンホールに
突撃せよ。兵力はパンター戦車を主力とし編成する。
各自自慢の豹たちが一同に介することを期待する。
以上



さ~なんだかんだ10月も終わりに近づいてきました。
きっと11月もあっという間に終わるでしょう。
皆の衆いざ出陣でござるよ。
そういう本人が一番準備できていません。

過去作の方が出来が良いのが気になる今日この頃でした・・・

25thタコム&ライフィールドパンター製作

◆ずいぶん前に終わりが見えたはずの、タコムのパンターA型の製作です。


◆は、はい
足回り組んだらもう完成です、きっと・・・・

▲転輪の履帯とこすれる部分を光らせます。シルバーだとちょっとわざとらしいので、クレオスのメタルカラーのステンレスを使います。
ガイアの超精密綿棒でドライブラシの要領で塗っていきます。


▲マフラーも塗りやすいように別にしておきました。
左のマフラーの両サイドの筒は、冷気取り入れのための物なので、焼けないのでサビ表現はしません。


▲一気に車体側面のOVMも取り付けます。予備履帯も付けました。

▲反対側~拡大!


▲リアパネルにマフラーも取り付けて~












つづく



第24と1/2回タコムパンター製作

TAXMAN~
◆消費税が10%になりますね。なんだか飲食で持ち帰りは8%だ、店内で食ったら10%とか、私の会社でも両方のパターンをすべてシステム上で登録しなおすらしいです。単純に言うと今までの商品コードが2倍になるということです。
模型も完成品なら10%で、組み立て式は8%にならないですかね?

今日は出かけていたので全然進んでませんが、

▲デカール貼りって楽しいです。テンション上がりますね~

▲髑髏のマークも勇ましいTotenkopf師団です。縁が光ってるのは内緒…
初代シュビムワーゲンにこの髑髏マークのデカールが付いていて、それが好きで必ずそれを貼っていました。最も付属のデカールはすべて貼る と言うユニークなものではありましたけど・・・



通勤戦線異状なし 戦闘日誌002

◆すっかり模型よりも作文ばかりアップしているTarotです。
久々の座席ハンターシリーズ?です。
前作↓

*毎日の通勤電車で繰り広げられる座席ハンターの活躍を描く話題作!?(^^;


プロの仕事
座席ハンターの私が乗る電車は、駅に入ってくるときから、いくつか席が空いていることがある
だからといってその空いている席を狙うようでは、座席ハンター失格である。
自分の入口近くであれば狙いに行くのもいいだろう、ただそれがドアから遠くなる場合次の扉からも狙えることになる。空いている席は、座席ハンターではなくとも皆が狙いに行く。
そんな時、もし席を取り損なったら、これはカッコわるい。席を取り損なり途中下車人に切り替えようとしても、すでに空いている立ち位置はない。
席争奪戦に負けた相手の前に立つのは恥ずかしいので、他のエリアへ逃げるしか無いのであった。
そんな時は、空いている席を牽制しながらも、絶対確実な途中下車人をゲットするのがプロの途中下車人の仕事である・・・

嗚呼東京03
 最近私が使っている電車に、座席ハンター「東京03」という男がいる。
「東京03」はこの電車に10年くらい乗り続けている、超古参の座席ハンターである。以前は私はこれの次の電車に乗っていて「東京03」の活躍ぶりはホームから見て知っていた。
この電車に乗るには、私はダッシュで乗り換えないと間に合わない。当然並ぶ位置は列の最後方である。
でも最後尾から乗っても座れるほど、途中下車人が豊富な電車なのである。
「東京03」はその前の電車には乗らず、ポールポジションを獲得している。豊富な途中下車人とポールポジションの組み合わせは、無敵の組み合わせである。
ところが最近の「東京03」は空いている席ばかりを狙うようになっていて、途中下車人を2~3人しか把握していない。この電車に変えて1年余りの私ですら、数十人ほどの途中下車人を把握しているのにである。
先日も最後尾から飛び乗った私であるが、7人掛けの向かい合わせの14人中、5人の途中下車人を確認し、その上4人がフリー状態になっていた。
ところが「東京03」はトーチカの如く絶対に下車しないおばさんの前に立っていた。
「東京03」さん、間違えたね。このおばさんに似ている途中下車人がいるんだよ。見た感じは似ているんだけど、見極めるポイントは、靴なんだ
途中下車人は、パンプスを履き、トーチカはスニーカーなんだよ。残念!

第24回タコム&ライフィールドパンター製作

◆さて昨日は第23回と言うことにしておきましょう。24回目でもまだ終わりません。ディアゴスティーニのようです。

とは言え、遂に塗装の時がやってきました!
今までインテリアは、缶スプレーを駆使して塗ってましたので、久々にエアブラシの登場です。

▲セラムコートの Light Timberline Green 生でダークイエローを塗ります。
ブラシを使うのは7月16日以来です・・・ちゃんと吹けて良かった~


▲続いて、ダークグリーンは、ガッシュで調合!


▲レッドブラウンも、好みの明るめにしたガッシュで塗装。


▲日本の心も忘れたくないので、砲塔の後ろには富士山の絵を入れましょう…

違いますね。


▲Totenkopf. Panther
これはG型ですけど、A型にもこの△マークがついています。なんの意味でしょう?


▲パネルを外せばとりあえずインテリアも見えます。

▲形も保って、インテリアもそこそこ見える。結構満足感あります。

あ~一方。

▲ライフィールドの方も基本出来たんですよ。後は展示の仕方考えないと。
それに合わせてまだ付け足す部品とか出る可能性もあります。

▲ライフィールドの方がめちゃくちゃ大変だったのに、なんか おもちゃ感が漂います。。。。なんだかな~

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>