FC2ブログ

TarotG3のブログ

模型を忘れないようにモチベアップしましょ

◆ちゃんとカウントしたわけではないんですが、今年はキットをあまり買っていない気がしています。年末の集計が楽しみではあります。

たまには買った気になったり、楽しそうなキットを眺めたりしてみましょう。
妄想はタダですし、積んで保管の必要もないですからね~

これが一番気になりました!


▲ハセガワ1/35 ヤンマートラクター!
なんかえらくかっこよくないですか~11月下旬発売だそうです。

それからこんなのも

▲ハセガワ1/72ローゼンバウアー パンサー6x6ですって。
空港用の化学消防車です。働く車シリーズ面白いですね。
パンサーだから祭りもOK!でも年末の発売予定。

▲ズベズダのT34/85 本場のT34は気になりますね。

▲ついでにⅣ号E型も出ますね。DじゃなくてEなんですね。FとかGの為ですかね?

▲この予備履帯びっしりの、ミニアートのⅢ号B型もかっこいいですね。


▲こんなのも出たそうですね。4両が量産されたという74式G型。
キットのベースはタミヤ製です。

▲これってまだ出ていないんですかね?タコムのLee CDL

タコムから2タイプ出ていますが、ちょっと毛色の違う20㎜機関砲付き、イタレリを思い出させるベルゲパンター。モンモデルはキンタ以来ちょっと信用できませんがどうなんですかね?

それから、最近は突っ込まれたいのか、わけのわからない組み合わせを売ってる
ドラゴンです。


▲1941年のスモレンスクのフィギュアと、1944年以降のパンサーG型を組み合わせるという、斬新な企画!知らずにやってるのかと思えば、パッケージに誇らしげに書いてるし…ドラゴンと言うよりプラッツがおかしいんですかね?
スポンサーサイト



2018サマーキャンプ

毎年恒例となった会社有志のサマーキャンプです。
今年は暑すぎます。
設営時に、熱中症3歩手前くらいまでなったようでした。
汗が滝のように噴き出して、ズボンまでびっしょり、かつてないほどの疲労感におそわれ、やばいと思って冷たいお茶を500ccのんで車に避難して冷房をガンガン入れてしばらくしたら、どうにか普通な感じに戻りました。
無理せず休み休み水分を取りましょう~


今回もダッチオーブン料理作りました。

▲夕暮れ近くになって赤い炭の炎が幻想的~
ですが、この数分後自体は急転しました。

突然の雷雨です。パラパラッと来たなと思って「どうする?」なんて言ってたら、あっという間に集中豪雨に襲われました。
かつて経験したことのないような強風と大雨と雷の、三位一体の攻撃です。炭火を死守すべく私と後輩はダッチオーブンを守るように風上に立って守っていました。
30分余り続いたでしょうか?鍋のフタのスミは全滅しましたが、下側のスミは被害なしで守り切りました。パンツまでびっしょりでしたよ・・・

▲嵐の後には、虹が出ました。


▲死守した甲斐もあって、ダッチオーブン料理は何とか無事に出来上がり。
とてもおいしくいただけました。
夜は大雨のせいで気温もぐっと下がってとてもすごしやすかったです。


▲翌朝は早い時間から太陽が照り付けます。
撤収も暑さで倒れないように水分取りながら、時間を掛けてやりましたよ。

夏キャンプはもっと標高の高いところにしないとダメだな~と思った今回のキャンプでした。次回は再来週の秋キャンプの巻きです。。。ホントだよ。

第14回目 ライフィールド&タコムパンター製作。


▲こちらが漫画コブラに出てくる、クリスタルボーイです。
極東さんが思い出させてくれました。
そしてこちらは・・・・
▲Yngwie の クリスタルボール です。

そして

▲クリスタルキングで


▲そしてクリスタル パンター です。。。前置きが長いんじゃ…

◆相変わらず、透明大渋滞中です。ですけど全部クリスタルなわけではありません、機関室のパネルは透明ではありません。
なのでどうするのが良いでしょう?


▲う~んなんだかな~

▲結局はこんな感じがいいんじゃないかな~パネル一切なし。片方はファンもつけていません。接着しないのでどうにでもなりますね。


▲巨人・大砲・玉子焼き~
バネ付けるんじゃなかったかな~


▲ぎゃ~!A2ってやつ、全部エッチング!

▲しかもこんな、ペラッペラ!
う~む、遂に出すか、あの技を!



極奥義「割愛!」

ど~見ても組んだら見えないようなので、こんなん付けません!


▲究極奥義のおかげでここまで進みました。

▲砲塔もスケスケです。


▲機関部クローズ、ダークイエロー仕様。
透明部分以外は、リアルに迷彩とかウエザリングしようかと思ったんですが、
部分的にリアルな迷彩もどうかと思って、ダークイエロー単色で行こうかと考えています。なので缶スプレーのダークイエローでガンガン塗装しています。
なので完成はこんな感じかな↓


透明!大渋滞!えっ?

◆来週は、毎年恒例の夏キャンプです。準備で疲れ果てました。
さらに追い打ちをかける、大渋滞!?

▲ライフィールドの初回限定透明ボディーを載せてみました。
人体標本を思い出す~


▲通常盤との兼ね合いで前面装甲は2重になっていますが、透明度が高いので、すっきり中が見えます。(1枚目の写真は2重ではありません)

とってもいいん・で・す・が・

中身が見えるということは、私の必殺技「手抜き工作&無塗装」が使えないということでもあります。

なので、たとえば…

▲無線手席にある、MG34ですが、ドラゴンのキットでは再現されていましたが、
せいぜい1~2回まじめに作っただけであとは「銃身さえ見えればいい」くらいでしか作っていませんでした。
今回は丸見えなので、まずはどんな色で塗られていたのかを資料本やネットで探します。・・・・が決定的な資料が見つからず、自己解釈で塗ることにしました。
これだけで普段の5倍くらいの時間がかかりました。

◆あと、透明の車体に内側から接着する部品もそのまま付けたら整形色が出ちゃうので、ちゃんと色塗って、接着も溶剤タイプではないのを使います。↓コチラ

▲タミヤの多用途接着剤 クリアーです。
ヘッドライトとか、塗装した者同士を付けるときに重宝しています。
が、接着強度が出るのに時間がかかります。

と言うわけでタイトルの様に
透明で作業が大渋滞を起こしてる と言うオチが付きました。
お後がよろしいようで。テケテンテン・・・・・



第13回 タコム&ライフィールドパンター製作。

◆まだまだ夏休み~
今日はタコムのA型です。
前回は7/22ですのでずいぶん時間が経ちました。


▲なんだかんだ集中して作ってたら、写真も無くここまでできてました。
砲塔の天井の換気口から出ているホースは、軟質樹脂なので自由に曲がります。


▲バスケットです。


▲大砲もくっつけて、内部にチッピングを入れておきます。

▲バスケット側。


▲キューポラのペリスコープガードは、図のようにランナーごと接着して、後でカットするので、手間がかかりません。

▲ちょっと残念なのが、砲塔を回す歯車?っていうのかな?
下の写真のように、別パーツなんですが、これを付けると砲塔が入らなくなります。
しかも車体の内側から取り付けなので、車体を接着してしまうと脱着できなくなります。

▲いっそこういう見せ方もありかな~

あっ。今気が付いたんですが、
砲塔内部も作ったので、もうインテリアって
作る部分ないですよね!
お~‼ついに内部だけでも終了してました!

▲車体もとりあえず載せてみました。

▲ドライバーのバイザー部分から、中を覗いてみました。

と言うことで、長かったタコムのA型のインテリア部分は終わったようです。
まだまだ車体の外装と足回り、特に履帯が手つかずなので完成はまだ先ですね。

12.5回目 ライフィールド&タコム パンター製作

◆暑さに耐え忍んで、早く涼しくならないか、と考えていたら、8月も半分すぎちゃいましたね。

昨日黙々とライフィールドのG型を作ってました。
リアパネルをくっつけると↓この風景とは、永遠にアディオスになります。

▲各方面から、もったいないとかのご意見をいただきましたので、ちょっと頑張ってみることにしました。


▲リアパネルにくっ付けた部品たちを、エナメル溶剤攻撃で剥がしました。
くっきり日焼け跡みたいです。


▲実測!


▲透明プラ板で探したんですが、ちょうどいい厚みがないので、ホームセンターで
1㎜のアクリル板にしました。


▲切り出し終了!


▲これなら見えますね。アクリルなので透明度も高いです。
車体上面も透明なので違和感はないはずです。


12回目 ライフィールド&タコム パンター

■さて、皆様におきましては、「パンターで下北沢に突撃せよ」とか言ってる男が、戦艦に乗って逃亡したのではと、お思いの事でしょう。
東武も終わってイタコンも形が見えてきたので、パンター再開です。

前回はタコムのA型でした ので 今回は7月1日以来のライフィールドです。


▲左タコムA型、右ライフィールドG型前回はここまでできていました。

*さてずいぶん前に書いたのでもう一度おさらいです。
下図はライフィールドの組説のカラー図です。


私の資料によるとG型は1944年8月末から多色塗装を廃止して戦闘区画をアイボリー、他の部分は錆止めプライマーで塗装することになり、さらに1944年末にはすべてを錆止めプライマーのみの塗装となり、1945年2月からは再び戦闘区画はアイボリーで塗られることになったそうです。
それが正しいとすると、上の図の場合44年8月以前の仕様ということなので、
私は後期仕様で作るので45年2月以降か、44年11月頃という設定でオキサイドレッドとアイボリーで塗り分けることにしました。
なのでA型と基本同じ塗り分けにしています。

さて作りましょう。

▲冷却ファンですが、フィンの再現が繊細な形で抜いています。
でもファンを付けたら見えません・・・

次!

▲ファンの部品の凸を削り落とす指示があります。きっと位置でも間違えたんでしょう・
素直な私は言われるままにカットしました。ただどんな間違いがあったんだろうと、もう片方はカットしないで合わせてみたら同じ位置に付きました。
う~ん謎・・・

次!

▲ファンのユニットの裏まで、部品を付けていますが・・・・
付けたら何にも見えません。。。
と言いつつも見えないのをいいことに雑な接着は見なかったことにしてください。

次!

▲上ライフィールドG型、下タコムA型
たぶん両方ともリアパネルを接着しちゃうと思います。
なのでひょっとするとこれが見納めです・・・・もったいないかな

もう一丁!

▲左のゲペックカステン、下に尾灯の配線取り出し口があって浮いちゃいます。
実車もゲペックカステン下から出てる?ようですが、こんな隙間は空きません。
なのでそぎ落として右に移植しました。

まだまだ行くぞ~!

▲ライフィールドのゲペックカステン。溶接で箱組されているのを表現しています。
過去どこのメーカーもこういう表現はなかったと思います。なのでなんとなく勝手に一発で絞った一体物の様にぼんやりイメージしていましたが、絶対無理なので、溶接跡は大げさ化もしれませんがこういう作りが正解なんでしょう。

まだまだ!

▲エンジンの配管なんですが、左タコムA型、右ライフィールドG型。
ライフィールド、蛇腹はいい感じですが、ジョイント部が省略しすぎな気がします。
金属バンドで止めた表現がされてるのがタコムなので、ライフィールドもそれっぽくしてみましょう。

▲ジョイント部に細い針金を巻きます・

▲それをジョイント部全部にやりました。

そろそろお開きかな~

▲はい。こちらも組んだら二度と拝めないギアたちです。

ここまで!

▲左ライフィールド。右タコム
ライフィールドの方は、エアクリーナを取り付けないと、組めなかったので、すでにエンジンの95%以上は見えない状態です・・・・

なんだか今まで苦労して作ってきた、こまごましたものをどんどん隠していく作業が多くなってきて、微妙な気分です。。
これ全部組み立てちゃいけないのかもしれません。部品単位で取り外せるように模索するのが面白いかもしれません。

【完成】戦艦武蔵












■戦艦武蔵 タミヤ1/700
一昨年東武のアウトレットで衝動的に買ったはいいものの、いろいろ作例に触れるたびに、艦船はまだまだ敷居が高いと、手を付けられませんでしたが、今年の東武でタミヤのキット見本を見てたら、素組でも十分かっこいいので作ってみました。

大和は一度二度は作ったことあると思いますが、武蔵は初めてかな?
ウオーターラインシリーズは高校生の頃2隻作っただけでこれで3度目です。
子供の頃ニチモのフルハルを作った時のように、只々楽しんで作らせていただきました。出来は二の次ですので、ツッコミしないでくださいねm(__)m

ハチの武蔵 その2

先日、ホビーショップアンディの店長に「武蔵作ってます」と言ったとき
間髪を入れず、♪ハチのムサシは死んだのさ~と歌ってくれました。
すっごい久々に聞くフレーズでした。


◆さてこう暑いと、なんかエアコンの調子もおかしくなってきました。
壊れたらあかんよ~


▲武蔵に飛行機乗せましょう。700サイズでもいい雰囲気です。
零式水上観測機と零式三座水上偵察機ですって。


▲暑さでおかしくなった・・・

▲スミイレしたら、ばっちくなった・・・戻れない・・・



うつつ 1周年。

私は模型製作時には、、DVDで映画を聞きながら~決して見ながらではありません~
作ることが多いです。お気に入りはゴッドファーザー冒頭のドン・コルレオーネの台詞は覚えてしまうほど聞きました(吹き替えですけどね)
私はレンタルの会員になってないので見たい映画などは、DVDを中古とかで買ってしまいます。
ダイハード・ランボー・プライベートライアンとか、アクション物が好きです。
でも映画は見てなんぼなので、たまには音楽系でもと思って買ってみたのが
パフュームのライブDVD、パフュームの曲は3曲くらいしか知らないので、知っている曲が入っていて、比較的安めのものを選びました。それが昨年のお盆休みのことでした。
そして1年。こうなりました(汗)



手に入るライブdvd/BLUERAYは全て以上ゲット
全cdアルバムゲット。シングルCDも、手に入りにくい初期の3点を除いて全て以上ゲット
(全て以上とは初回限定と通常盤と両方持ってるものも有る)
もちろんファンクラブだって・・・人生初です。

知ってる人ならわかるこんなものも・・・・


そしてこんなものにも手を出し始め・・・




先日は12月頃からずっと、買う・買わない踊りをパソコンの前で踊っていた、MA-1タイプのジャケットをついにポチッとしました

こちらが、なんと最後の一つだったようで、直後にSOLDOUTとなりました・・・あと1日2日踊ってたらなくなってたな~

どうしてココまでおっさんが入れ込んでしまったのでしょう?
曲も踊りもいいですが、1番は3人の人柄かもしれません。

ヒットするまでの8年間の下積み時代を腐ること無く
前向きに夢に向かってきた、彼女たちの真っ直ぐな心が響いちゃったようです。

それにプロ根性も凄いですよ。
昨年の紅白は大晦日の夜に。寒風吹きさぶ高層ビルのヘリポートから生中継でパフォーマンスなんて、半端なアイドルにはできないことですよ・


今月15日には、ニューアルバム FUTURE POP が発売されます。
機会が合ったら聞いてくださいね・



一年たってもうつつ抜かしております~

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>