FC2ブログ

TarotG3のブログ

What's happened?


2018東武モデラーズギャラリー 7月27日


▲7/27のモノトーンさんの上の棚の作品
▼7/27のモノトーンさんの作品


7月30日


7月30日▲▼

空からバイクが降ってきたようです。
スポンサーサイト



ワクワクが行方不明 からの

◆今日の午前中の私の気持ちが歌われています。
♪ぜんぜんやる気がおきないない
あら おもしろくない もうすぐあの時期とか来るのに
ワクワクが行方不明さ
ゆさゆさ 揺さぶる気持ちはまだ消えないの
なんだかうまく行かないのは
きっと きっと 自分のせい


てなわけで、台風は過ぎたものの午前中は大雨が降ったりやんだりで、
屋外塗装待ちのパンターは進められない。
 
なんか新たに作りたい気もしてるんですが、何作ろう?スチュワートってのもありだけど、戦車って言うのもワクワクしないな~と空模様の様に気分が定まりません。

んじゃ~今回の東武でちょっと心に火が付いたものでも・・・
コンセプトはサクッと一気に完成させちゃう。人がどう作ろうとも我が道を行く
余計なことはしない!
では、


▲なんでしょう?
タミヤの割に組説がちょっと不親切。
よく考えれば付ける場所はここしかないけどね。


▲細かい部品、ところどころ部品にヒケがありますが、気にしません(汗)

▲こんな小さい部品をスクラッチしちゃうんだものな~と、ある方を思い出しつつ。


▲ディティールアップはこのくらい。0.65㎜で穴開けないとなりませんが、そんなドリルないので、0.5でかんべんしてね~ちょっとぐりぐりして大きめにはしますよ。

いきなり確信に!

これは、何ぞや?

▲大和かな?

午後は晴れたので、缶スプレー買ってきました。カラーはTS-66.


▲甲板はマスキングの手間と筆塗の手間を、秤にかけたら 筆塗の勝ち。

▲結構時間がかかりました。今度は後ろのカタパルトの所(なんていうのかな)
ココも色が違うので、筆塗です。

▲こんな感じ。




▲正解は 最近シブヤン海で発見された 戦艦武蔵 でした。
今日中に完成させてやろうと、思いましたが、水上機の色塗りとかあるので,
ここで今日はおしまいです。
塗りながらだから時間がかかるかと思いましたが、なんせスプレーでほぼ終了なので思い通りにサクサク作れました。筆塗がブレーキになりましたが、とってもリフレッシュしましたよ。
突然これ作り始めたのは、今回の東武で、ウオーターラインシリーズの完成見本見てたら、別にディティールアップしなくても、ちゃんと塗装してやればそれなりに見えるので、一昨年の東武のアウトレットで買った、武蔵を作ってみることにしたんです。
艦船の模型は何時ぶりでしょう?最後がタミヤのウオーターラインのドイッチュランドとグナイゼナウが出た時以来だと思います。高校生かな?


その3、すばらしきタミヤモデラーズギャラリー2018

◆今日の東部は燃えているか~
と言うわけで第三弾アトランダムの作品紹介です。

・お~10歳でこの迷彩のクオリティー、未来は明るいですね。

・こちらも塗装が良いですね。15歳ですよ。

・明るい芝の地面が良いですね。13歳ですって。

・やっぱりこういう手軽な旧キットは良いですね。情景の楽しさを味わってね~

・素晴らしい出来栄えですね。箱を使ったベースもいいですね。

・ここからは大人です。安定感ある仕上がり、ずっと見てられますね。

・シャーマンは古いのが人気かな?

・単色なのに深い味わい。

・こういう風景にはビートルが似合いますね。

・312T好きだったな~ピッカピカです。

・フレームのシルバーが金属感たっぷりでした。

・イタレリのニューキットです。早いですね。

・走行中の汚れやタイヤの減りなど表現されてました。

・これは何ですかね?なんか手間がかかってそうです。

・このメッサーは、こうやって展示しろ と言うお手本ですね。

・この躍動感、スピード感。かっこいいです。

・先行販売のをここまで仕上げましたね。おまわりさん秀逸です。

・こういうのってマスキング地獄で塗るんでしょうか?きれいでした。

・夕日が美しい。もちろん工作も丁寧でした。

・姿勢制御の足回りが良いですね。

・ベネトンカラーが美しいです。

以上。2018年勝手に紹介コーナーでした。
ピンボケや写し忘れ等でご紹介していない作品も多数ありますが7割くらいはご紹介できたかな?
ジュニア賞にafvが入ってたのがうれしいですね。模型界を引っ張っていってほしいですね。

いつも割と早めに動いてるつもりでも結構時間が足りなくなるので
来年の作品はもう始めた方がいいかもしれないですね。

各作品への的外れなコメントや、語彙の少なさはご容赦くださいませ。

ではまた来年。



2018素晴らしき タミヤモデラーズギャラリー

◆今日は午前中からビール飲んじゃったので、模型作る気になりません
ので、昨日行った東武モデラーズギャラリーの作品を写真に撮ってきたので紹介します。

・タイヤが回ってますよ~ 今年は出品時お会いできませんでしたね。

・アフリカ物にこだわりありますね。

・25センチュリオン。どれが実物かわかりますか

・ツケマのお目目が愛らしかったです。この色のワーゲン好きだな~

・こちらのワーゲンは最強ですよ。ウエザリングもバッチリ決まってました。

・猫いっぱい。

・フィギュアが一杯の情景も作りたいな

・48のクロコダイル、35を凌ぐ迫力ある仕上がりでした。

・ピンボケしちゃいましたが、永遠のスターです。

・これ新しい方だったかな

・砂塵が舞い上がる~

・ジュラシックパーク風ですね。

・ピバー祭り第三弾、ベースの髑髏が不気味

・ツヤの感じが独特でした。

・今年もライティングの妙ですね。

・丁寧でメリハリのあるウエザリング。

・楽しい作品です。

・ヒトマル3連!

・これ運ぶだけでも大変そうですよね。細かい仕事が素晴らしい。

・美しいです。

・メッサーはもっと出るかと思いましたがね。

・一度作ってみたいんですけどね。

・波が凄い。

・見せる角度、位置も重要なファクター。

・デジタル迷彩?繊細です。

・H2Rの耐久レーサー仕様。渋い!

・独特の色味が目を引きました。

・飛行機を絡めた情景も48ならでは。

・雨ごい中ですかね。

・これ、ヤクパンではなくロンメルですよね。

・さしずめ立体塗装工程図ですね。

・建築物との組合わせも48ならでは、ウエザリングいいですね。

・ハンビーってもっと大きいのかと思ってました。

・カモメも飛んでます。

・荷物も兵士も満載。まさに生きてる車両ですね。

・こういうのも一度作ってみたいですね。こういう部屋もほしいけど・・・

・ドラム缶のたき火がいい感じ

・独特の緑が斬新でした。

・水しぶきも車両のウエザリングも素晴らしい

・見せ方が面白いですね。

・帽子が一杯。

・会話が聞こえてきますね。

・ミニ4駆、なかなかぶっ飛んだチューニングですね。

・シルバーとブラックがかっこいい

・花がキレイ!犬もいいな~バーニーズかな?

・ボトルに入れるやつ(何って言いましたっけ?)これやってみたいな~

・サイドカーの情景も作りたいな。ジャーマングレーが良いですね。

・グランドワークがうまい。

*とりあえずここまで~
各作品のコメントは、的外れだったり思い違いだったりするのはご容赦ください


2018 東武 タミヤモデラーズギャラリーにて

◆最近は涼しくていいですね。それとは関係なく熱い東武に行ってまいりました。

▲今年は最新のYZF-R1M20年前のYZF-R1の展示がお出迎え。古い私にはどっちも最新式にしか見えませんが(汗)

ブロ友さんたちの作品から、



▲キンちゃんさんのミステルの情景、細かいところまで手が入った力作です。
フィギュアの配置なども自然で無理がない、秘密基地を思わせる情景に見入ってしまいますよ。



▲ラスカルさんのモデナ&おねいさん
ドアを開けて今にも出てきそうなおねーさんがあまりに自然で、このキットを知らない人は最初からドアは開くものだとしか思えないでしょうね。
美しい仕上がりですが、ショウウインドウが邪魔でコンデジでの撮影はこれが限界です。



▲モノトーンさんのピバーの情景。ラジカセが有ったんですね。私の耳には監獄ロックが聞こえてきましたよ。小物の配置を楽しんでいた感じがわかりますね。
後のは水上スキーですよね。


▲特別出演、2次元ですが、vkさんのメコンの運送屋です。

▲私の鬼さんはコチラです。


▲ドイツモノの情景作品に、熱心なお嬢さん。

気になった作品など・・・

▲作者は16歳!若さを感じない重量感!

▲キンちゃんさんの作品のお隣さん。手が結構リアルでドキッとしました。
モノトーンさんのブログでキンちゃんさんの作品の後ろになんで塗料が置いてあったのかがやっとわかりました。

▲縦長の情景見どころいっぱいです。

▲こちらも縦長、クレーンで吊られているのが見えてくるようです。

▲タミヤのキットのパケ画のようですね。

▲これは、アーマーモデリング賞?ですかね?立札がよくわからなくなってましたので・・・1/25のキットですね。古いきっとなので、結構手も入れてるんでしょうね。

▲建物がいい感じでした。花嫁さんのドレスも素敵。

▲12サイズのフィギュアの出来が秀逸です。右に見えるはラスカルさんの作品です。

ココからはプロの方の展示です。



▲嘉瀬氏の作品。なんだかすごいカオス状態。細かいところまで手が入っていて素晴らしい作品です。サンダーモデルのスキャンメルとか使ってるので今年作った作品でしょうね。



▲青木氏の作品。

ろうがんずこーなー



▲これいいですね!昔のⅢ号戦車の組説の情景です、こんなの作ってみたいと子供の頃憧れたものです、

▲石坂会長、戦車を作る。


▲これも面白いです。絵じゃないですよ。

今回は数えはしませんでしたが、出品数が少なかったんじゃないかな?
ショーケースが1列くらい去年より少なかった感じでした。
締め切り設定の問題でしょうか?

でも模型だらけの空間にいると楽しいですね。ずっといたくなっちゃいます。
恒例の戦利品はこちら。

▲48のJSⅡ

▲48のKVⅡ

▲35のパンターG
それから

▲これも買ってみました~これでも金爆になれますね(意味わかったかな?)


【完成】シャーマンEAZY EIGHT "KOREA WAR"





























M4A3E8 シャーマン KOREA WAR  タミヤ
2018東武タミヤモデラーズギャラリー出品作品。
明日26日から池袋東武でタミヤモデラーズギャラリーが始まります。
作品自体は6月中に完成していて、持ち込んだのが7月7日なのでずいぶん時間がたって忘れそうです。
◆最新の情報で、前面を赤く塗っていたと判明した、朝鮮戦争でのイージーエイトです。最初は別の物を予定していましたが、なかなか模型映えしそうでこれを出品することに決めました。
このキットには、うれしいおまけとして、懐かしいロシアフィールドカーが入っています。戦後型をモデル化してしまったそうで、今回初めてリアルな年代に使うこととなりました。
今回情景にしようと最初から考えておりました。赤いシャーマンの顔が際立つように、緑の草原の中を走るイメージとして、さらにフィールドカーは炎上後真っ赤にサビさせた状態として、緑と赤のコントラストで行くつもりでした。
ただ作っていくうちに戦車兵が二人とも防寒帽かぶってるのでなんか緑の草原も変だと思い、晩秋から初冬くらいの雰囲気になるよう、枯草の草原としました。
枯草は、ハケにカーキ色を浸してカットして地面にボンドで付けました。炎上して燃えた地面には、黒のシュロ縄をほぐしたものを使っています。
シャーマンはライトガードをパッションモデルのエッチングに替えただけでキットのまま作っています。いつものようにガッシュですべて塗装しています。前面の赤は筆塗です。大戦中と違ってあまり荷物も満載していなかったようなので、後ろのラックに弾薬箱とジェリカンくらいであっさりと仕上げました。
フィールドカーは、タイヤをニッパーで切り落としてホイールだけの燃え尽きた状態として、シートも中のスプリングと、窓枠も自作しました。
塗装はマホガニーサフの上に、ガッシュの茶色数色で錆を表現。サビ表現は、なかなか終わりどころがわからぬまま、ずっと色を重ねてだんだんわけがわからなくなりそうだったので適当に切り上げました。
なかなか楽しめた作品となりました。

タイトルをちょうど考えていた時に、米朝首脳会議が行われました。
 From here to 2018  
年内に終戦締結は結ばれるのでしょうか?そんなことを想いを込めてみました。

東武には27日の会社帰りに寄ってみます。


最後まで見てね!パンター祭りだよ

来る12月23日

ついに

ゴゴゴゴゴゴゴ
地響きとともにやつらはやってくる






これは・・・


2018/12/23 (日・祝)
[会場] マリンメッセ福岡 ・ 福岡
[開場/開演] 17:00/18:00
Perfume 7th  tour
[FUTURE POP]
アリーナツアー
が開催されます。
行きたい・・・
けど行けない。
次の日でツアー最終日です


あれっ?違った

気を取り直して
作戦指令
 コードネーム
の霜北沢作戦」
発動。
12月23日 全軍を持ってして 下北沢タウンホールに
突撃せよ。兵力はパンター戦車を主力とし編成する。
各自自慢の豹たちが一同に介することを期待する。
以上



何が出来上がるかな・・・

11回目タコム&ライフィールドパンター製作。

◆こんなに暑い夏はかつてなかったと思いませんか?
缶スプレーが破裂するんじゃないかと思うくらい、温まってました。

パンツァーベルファーばかり作っていたので、記憶が無くなる前に、久々にパンター製作します。
前回はライフィールドだったので、今回はタコムを作ります。



▲冷却ファンのカバーが2タイプ入ってます。D型・A型ではどちらも存在していたようです。なので右の方にしてみました。


▲車体の方のインテリアは、ほぼ作ったので、だんだんと、外側を作っていきます。
車体を載せると、まあまあ見えなくなりますが、このくらいの感じが良いかな・


▲仮組ですが、車体下部のスポンソン部分が下がってます。もう中身が詰まった状態なので、直りませんでした。なので車体はガッチリ接着しないと形にならないようです・・・・


▲結構な時間作ってましたが、あまり変わり映えしてないように見えますね。
でもこれで車体のインテリアはほぼ完成です。閉じる前にウエザリングしておきましょう。



パンツァーベルファー42製作 8回目

◆危険な暑さですね。オリンピックの時もこんな激暑だったらどうするんですかね?
最近都内の舗装で明るいグレーの色のがありますが、照り返し対策かな?多少暑さが和らぐ感じがしましたよ。

さてフル稼働のエアコンが壊れたら、と思いつつもエアコン効かせて模型ですね。


▲イタレリ・タミヤのこのキットには、タミヤの弾薬補給フィギュアも付いています。せっかくなので作りましょう。

っていきなり塗装です。

▲ヘッド基本塗装+薄めのシャドウを入れたところの写真です。

めっちゃ飛んで・・・

▲ボディーも塗りました。

で、いきなり

▲はい、できました。

つづいて、車両の方の仕上げです。


▲シャドウ部分に、クレオスのフィルターリキッドの「レイヤーバイオレット」で明度を下げていきます。右の部分しか塗っていません。左の2箇所と違いをくらべてください。
これを使うとサイドを下げずにシャドウを付けられるのが良いですね。


▲3か所ともやりました。


▲シャドウ部分には「レイヤーバイオレット」を入れ、ハイライト部分や、ハッチやバイザーなどに、「スポットイエロー」でアクセントを付けます。下地が透けて色を載せるので、自然な感じで仕上がります。




▲これでフィルターリキッドの作業はおしまい。次回はウエザリングカラーでのウエザリングとなります。

7thパンツァーベルファー42製作

◆とかく夏は暑いですね~とかくです。

◆とかく、夏にはブラシは水を吹く・・・ので

▲フィルターを付けましょう。


▲先日セラムコートの Light Timberline Green なる色を、カーキ色に近いだろうと買って来たら、全然グリーン系な感じは無く、そのまんまダークイエローで使えそうだったので。今回初めてセラムコートをブラシで吹きます。


▲シャドウ部分などは下地を残しつつ塗りました。と塗りながら重大なことに気が付きました。
それは、どんな塗装にするか全く考えてなかったんです。
やべ~どうしよう、とりあえずノルマンディ風の細めの3色迷彩かな~・・・
とか思いつつ、説明書の塗装指示図(なんとこの段階で)見ると2パターンある指示のどちらともダークイエロー単色でした。

なので単色に決定。

▲シャドウ部分に上からタミヤのスミイレ塗料をブラシで吹きました。
単色の方がリベットが、はっきりして良さげですね。

つづいてアクリルの弱さを逆手にとって~

▲セラミックブレードでエッジなどを、カリカリ剥がしました。


▲半艶クリアーでコートして、さっさとデカールも貼っちゃいました。

▲本当はフロントグリルの上にナンバーが付くんですが、余計なねじを再現したので、貼れなくなってボンネット上に貼りました。実際にこんなのあったような気がしたな?なかった?


▲さぁ~基本塗装が終わったので、もう結構余裕な感じですね。9月までには仕上がるでしょう。う~ん何だったら今日東武に持ってくか~ 嘘です。


 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>