FC2ブログ

TarotG3のブログ

【完成】M3LEE 初期型










◆M3LEE Early タコム
長年キットに恵まれていなかったLEEがタコムから発売されました。
かつてタミヤ、アカデミーと作ったことはあるものの、アメリカ戦車に疎い私には、どこが残念だったのか知りませんでしたが、ボギーが違ったとか皆さんから教わり、なるほど違うな~くらいの感じで作りました。
足廻りに時間がかかりましたが、装甲版ごとに接着する車体は隙間が出ないように多少の注意と力技で割とすんなりと組むことができました。砲塔に至っては中身は空っぽなのでとにかくタミヤのLeeくらいの速度で組みあがりました。
車体側面のハッチの内側の再現はしっかりやっているのに、キューポラのハッチの内側は何もなかったりと(実際そうなのかな?)ちょっと雑な感じもありますね。エンジンのメッシュ部分も裏打ちとかしておかないと車体下部まで丸見え状態です。
エッチングは最小限で、ライトガードが最初からエッチングなのはありがたいです。
残念だったのが、デカールが分厚かったことです。なので余り物のデカールでフィクションのマーキングで作っちゃいました。
エアブラシが不調で重ね塗りしたせいもあってかなり暗いOD色になってしまいました。暗い色で派手な埃汚れをやるときな粉まぶしになりがちなので、注意深くあまり白くならないようにウエザリングしました・
今年はミニアートからも鬼の様にM3がリリースされるそうです。でもせいぜいグラントを一回くらい作ればもういいかな~
スポンサーサイト



長年ありがとうございました



◆明日1月31日、地元の西友が閉店となります。
この地で暮らし始めて15年、私が買い物するスーパーは90%以上この店でした。
ほかにもスーパーはありますが、西友はこの辺では唯一3階建で食料品以外にも、衣料や電気製品、文具、DIY用品など多種な品揃えが魅力でした。
生鮮食料品ははっきり言ってイマイチですが、ハーゲンダッツのアイスクリームは未だここが最安値ではないかな、それにイヤホンは近所のヤマダ電機よりも品揃えが豊富で必ずここで買っていました。しかも食料品売り場は24時間やっていて、夜中には行きませんが、朝早くても開いてるのが良かったです。なんか肌に合ってるというかしっくりくる店でした。
明日の18時で閉店なので今日最後の買い物に会社帰りに寄りました。
今度の土日はどこの店に行くんだろう・・・買い物難民・・・
気分はHEY JOE エコバック持ってどこ行くんだよ、おれは缶ビール買いに行く

【完成】E-100 アミュージングホビー





























◆E-100超重戦車-クルップ砲塔型 アミュージングホビー
計画戦車Eシリーズの頂点E-100。実際に車体だけは試作されていましたが、このキットはクルップの案とされる、マウスの砲塔とは異なるタイプをモデル化したものです。
計画された時代はまだ1943年頃だと思いますので、当時の標準的な装備で計画されていました。なので実際に完成して量産されたら という想定でいろいろつけたしました。
まずフィルディナントの教訓から、前面機銃とキューポラを装備させました。
砲塔天井にはSマイン発射器を2個、毒ガス検知プレート取り付け基部なども追加しました。エンジンデッキはパンターで採用されたヒーターユニットを付け、クリーニングロッドケースも自作しました。マフラーは消炎タイプに替えています。
そして今回の目玉、赤外線暗視装置フル装備仕様です。
ドラーバー用はペリスコープに取り付けた暗視装置と、赤外線照射器が連動して回動するリンクが付いています。
照準器には防盾に固定し連動します。キューポラには車長用の暗視装置が付きます。
主砲はライオンロアのPak44用のアルミ製です。
キットはプラでできたスプリングですべての転輪のアームが可動します。
履帯ははめ込み式で、ランナーからの切り出しが大変ですが、組み立てはいたって簡単(多少コツが必要)・・・ただしバラけるのも簡単で組み付けるときは何度となくピンが折れてしまい履帯を交換しました。予備はいっぱいあるのが救いです。

これで2度目のE-100です。以前作った物と2ショット。

▲マウスの砲塔はショットトラップを考慮してないですね。

▲砲塔変えてみました。

▲水面に移ってるようですが、下はドラゴンの物です。
アミュージングホビーは誘導輪が下がりすぎのようですね・・・
もしくはサスがフルボトムでそうなってるのかな?



タイムマシーン2018

◆毎年この時期になると、突然ブログの更新や皆様の所にも立ち寄らず、ネットを徘徊しなくなるTarot_G3です。
ネット環境のない実家に泊まっています。なぜこの時期なのか・・・
埼玉ではまだ旧正月が正式な年のはじめとされている・・・・訳はないですよ!
謎は深まります・・・・・

コチラが記録的なマイナス9.8度を記録したさいたま市見沼区の画像です。


◆さてネットもないので昔作った模型を引っ張り出してみました。

①AFV編

▲タミヤハノマークC型
冬季迷彩のように見えますが、ダークイエロー地にデカールの余白が黄変してそう見えているだけです。たぶん中学生頃作ったんじゃないかな?

▲タミヤ ウィリスジープ
これも中学生ころかな?絵具で泥ハネを表現しています。ジュニアニュースに書いてあったんだと思います。

▲タミヤシャーマン
フューリーのように丸太を横にぶら下げていますね、何を参考にしたんでしょう。
全く記憶にありません。

▲タミヤ キングタイガー
実はこのキットで第一期AFV出戻りを果たしました。いつ頃でしょう?キットが発売されたころで、すでに働いてましたね。たまたま立ち読みしたモデルグラフィックに出ていて速攻買いました。私はやっぱり虎Ⅰも好きですが虎Ⅱの方が好きなんですね、傾斜装甲がドイツらしくないと言われていますが、パンターも好きなので傾斜装甲フェチですね。

▲グリルのメッシュはエッチングではなく、金網をカットして貼っています。

▲その後虎Ⅰもそりゃ~ドイツ戦車好きなら作りますよ。
コチラは初めてポリパテのコーティングをしたんだと思います。
メッシュは依然金網を使っています。

②カーモデル編
前出のキンタを作る前までの時期に作った物ですね。

▲サバンナGT
泣く子も黙る片山サバンナ!超でっかいオーバーフェンダーが凄い!
決して族車ではないですよ。レーシングタイプです。
このロータリー軍団が、スカイラインGT-Rを破り以後100勝を達成するのでした。

▲メーカ忘れた・・スカイラインGT-R 高橋国光Ver/
マツダロータリー軍団に王座を明け渡すまで50勝をあげ伝説となったマシーン。
GT-Rも好きですが、かつてRX7を乗っていたので、マツダ贔屓な私です。
なんで100勝したサバンナは伝説にならなかったんでしょうね?
以前何かの本で当時の日産ワークスの技術者とマツダの技術者の対談で、徐々に力を付けてくるロータリー陣に脅威して、最後の方はGT-Rはこっそりボアアップしていたそうです。当時のマツダも急に早くなったと訝しんだそうです。

▲オイルクーラーのホースは、ギターの6弦使ってますね。らしいですかね?
レースタイプのGT-Rもう一回作りたいですね。

▲タミヤ セリカGTFOURラリーカー
バブルの頃の車なのでデザインも金がかかってますね。今では全く見かけませんね。

▲タミヤ マツダ787B
1991年に日本車で唯一ルマン総合優勝したマシンです。
翌年からロータリーエンジンの参加ができなくなり最後の挑戦で有終の美を飾りました。この当時RX-7に乗っていたのでなんだかうれしかったですね。

▲タミヤ 日産RV90
レーシングカーの中で最速(違ったかな?)のCカー マツダ787Bに続いて作りました。なんかいいんですよレースのための車って。

▲タミヤ マクラレーンホンダ
美しいスタイルですね。昔のF-1もいいな~
あっ6輪タイレル途中放置!

▲タミヤ BMW M6
レースカー以外も作りますよ。635は3.0CSL譲りの華麗なスタイルが好きでした。
友人をそそのかして買わせた(ホンモノ)ことがあります。

▲タミヤ1/12 S30フェアレディ240Z L24エンジン ラリータイプのソレックス?トリプルチョーク仕様です。持って帰ってくればよかったな~

カーモデルはクリアー吹いて研ぎだすなんてしていませんので、黄ばんでしまっていますね。
あ~なんかカーモデルも作りたい気分いなってきますね~~

では戦車でも作りますか・・・

お前もか!地雷キット2


▲家に帰ってきたら、とってもオサレな外灯とポストが待っていました。

◆凄い雪ですね。うちの会社も珍しく早期に退社命令が出されまして、4時過ぎに会社を出ましたが、どこの会社もそうだったようで、すごい混雑でした。運よく早い時期に座れたのでよかったですが、いつもは1時間半の帰路が2時間半ほどかかりました。さっき外を見たら、25センチは積もってます、道にもかなりの積雪が・・・
明日会社行けるのかな?だったら会社に泊まった方がどれだけ楽だろうって思いますが、そんな施設も場所もないので凍えますね。
こういう時は国が外出禁止とか出してくれた方がどんなに楽なことでしょう。

さてアンディのヘビメタコン用に作り始めたモンモデルのキングタイガーですが、
ホワイトタイガーさんの「転輪がおかしかったはず」 の言葉にチェックしてみると傾いてるのがわかりました。
その時はざっとしか見なかったので、よく見てみました。

▲乗用車をリフトで上げるとタイヤがこんな風に斜めに垂れ下がります。
なんてリアルなキンタでしょう・・・・
このサスはこういう風にはならないですよね前後にしかスイングしないんだから・・・

▲どうですか?ものすごいポジティブキャンバー!
それだけではないんですよ。

▲これが本当の千鳥足転輪!3次元方向に曲がってるんですね

スイングアームを差し込む部分が別部品でこれをすでにがっちり接着してしまったので外れるかな?外せればまだ何とかできそうですが・・・
なんか疲れるな~~どうしたもんでしょう。



第七回アミュージングホビーE-100

◆明日は雪だって?ホント?
最近いろんなものを細切れにやっていますが、一応メインはE-100です。
この前は基本塗装が終わったところまででした。本日はこのまま忘れてしまいそうだった、はめ込み式の可動履帯を作ります。

▲組み終わってからの塗装は壊れそうだったので、バラの状態で塗装した履帯を、つないでいきます。
塗装したせいなのか、樹脂が硬くなった気がします。
そのため結構パッチンとはまります、塗装前はズルって感じでした。

▲結構早くしかも楽に102枚をつなぎました。
あんまり楽だったので、反対側なんてつい120枚ほど連結しちゃいました。


▲両側で204枚連結させて、はめこはめ込みに失敗してピンが折れたのは左側の6枚だけ、しかも余りは右側のようにいっぱい出るので、かなりマージンがありますね。
バラで塗装したので色がランダムになってます。

▲履かせてみました。う~んド迫力!
サスがすべて可動するのですがたぶん8割くらい沈み込んだ状態で、ほとんど上には動きません。


▲誘導輪でこすれる部分をマスキングして、シルバーでドライブラシしました。

▲こんな感じ、ちょっと幅がいい加減なのは、ご愛敬(;'∀')

▲クレオスのウエザリングカラーと油彩でウエザリングもしました。
砲塔がまだちょっと足りないかな?


タコムM3Lee初期型その5

◆LEEの塗装も終わり、フィルターリキッドでフィルターもかけたので(写真は無し)デカール貼りましょ。

▲タコムの塗装指示図はカラーなんですよね~
右の砲塔に黄色いハチマキしたのにしようと、買ったときから思っていたんです。。
当然デカールだろうと思っていたら、ありません・・・・
⑮の黄色い線は違うタイプの物です。
今から塗装はできないので(やればできるけど、気持ち的に無理)ここはパケ画のソ連レンドリース仕様にしてやろうと方向転換しました。↓

▲なかなか文字だらけで、そそる仕様ではありますね~
・・・と思って作業を進めたんですけど。。。。

▲このデカールすごい厚いんですよ・・ステッカーかと思うほど(ちょっとオーバー)写真でわかるかな~?爪が引っかかるほどなんです。文字なので余白がいっぱいあるのでこのデカール貼ったら、厚い上にシルバリングされたら、ちょっとやばいんじゃないか~って、そのまま車体の裏に貼っちゃいました。。。乾いてから見たら、シルバリングはしてなかったんですが、やっぱり厚さは隠せません。
なので、手持ちのあまりデカールを貼ることにしました。

▲砲塔の黄色いハチマキはキットの⑮のデカールをバラしました。
数字の12はドラゴンの4号戦車の物。

▲星マークはタミヤのシャーマンの物。
タコムさん、デカール弱点かも・・・


地雷キットその後

◆どうなってもいい気持で手直ししてみましょうか・・・

▲前面装甲カット。前面装甲の角度を起こすだけで基本治るみたいです。

▲側面黒い線の所でカット。

▲フェンダーが付くところをカット、前面装甲は角度を起こしたので側面と角度が合いません。足りない方向なのでつけ足さないとなりません。
いかんせんコーティングが邪魔です・・・・

最初からなら直せないことは無いようです。が私のスキルではちょっときれいにできそうにないですね。

でもこれならクラッシュモデルとしてやっていけるかもしれませんね。
ここで放置しま~す。

地雷キット検証。

◆ドラゴンパンターA型 地雷キット検証。

▲パンターの図面から前面装甲の角度を厚紙で切り出します。

▲タミヤ D型
ぴったりですね。

▲ドラゴンG型 こちらもほぼぴったり
ちなみに車体下部はグンゼのキットです。

▲グンゼG型 ターレットリングがあるので隙間が出ていますが、角度はぴったり。

さぁ~主役の登場です。


▲ドラゴンA型。どうやら5度ほど寝ているようです。被弾経始に一段と優れてるようです・・・・・最強・・・


▲面はまっすぐゆがみなし!

▲車体下部も同じ角度。タミヤD型

▲件のドラゴンA型、車体下部は正しいようです。
どうせならコッチも角度変えろや~
んじゃ~車体下部の角度を変えればいいかというと、ここに付く部品の角度も変えないとならないし、そんなに苦労する意味あるかな~というのが本当のところです。

こっちに切り替えることにしました~

▲モンモデルのA形にデカールタイプのコーティングシート。
最新のキットの方がいいですよね~~~~(涙)

地雷キット?

◆今年は各社からパンターがでるので、2015年10月から放置していた。ドラゴンのパンターA型を再開したんですよ。

前回はコチラ
ポリパテのツェンメリットコーティングまでして、チマチマ組みだしたら、
組めない・・・・


▲左前方に注目!

▲車体下部と上部の角度が全然違う!

▲前から見ると昔のF-1の顔みたい・・

▲前を合わせると・・・飛んでもないホットロッドのパンターになります。

これって地雷キット?かなり古いやつだけど皆さんご存知でしたか?
なんか簡単に直せるような話ではない気がするんですよ・・・・

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2018-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>