FC2ブログ

TarotG3のブログ

模型納め~キングタイガーP砲塔その13~

◆今年ももうあと少しですね。
昨日『小』掃除をしていたんですが、無理な体勢で掃除機をかけて、なんか手首をひねってしまいました。一晩シップ貼って寝たら直ってましたけど。なので今日は大事?をとって安静に模型を作ってます(汗)
ポルシェ砲塔のキングタイガーで今年の模型納めとしましょうか。
 

▲ガンブルーで染めたフリウル履帯をウエザリングカラーなど使って汚した後、センターガイドなど擦れて光る部分をヤスって下地の金属を出しました。塗装ではできないリアルさです。
 
続いて転輪の汚し。

▲ウエザリングカラーやパステルとかで、こびりついた泥を付けました。
 
 

▲全体をウエザリングカラーのサンディーウオッシュをめちゃくちゃ薄めたもをシャバシャバと塗りたくりました。ぜんぜん色も乗らないだろうと思ってたら、うっすらいい感じに砂埃がかぶったようにできました。雰囲気はアルコール落とし風、でもそれよりもコントロールが楽なんじゃないかな?(アルコール落としやったことないので)
-----------------◆------------------
さあ この後は意識不明の酔っ払いとなるか小掃除の続きをやるか、ブログの更新などできない恐れがありますので、正気なうちにご挨拶させていただきます。
 
今年は夏の東武コンを皮切りに、新橋タミヤ48コン、東京AFVの会などに出品でき
また、ブログで皆様からの暖かいコメントや励ましに助けられ充実した模型ライフが送れました。
東武コン引取りの青空品評会や、ご苦労様会なども楽しい思い出となりました。
おかげさまで秋葉原までが活動範囲だった私が、下北沢まで侵攻するほどになりました(笑)おかげさまで初遠征で情景1位までいただいちゃいまして、本当に良い年でした。
コメントをいただいた皆様、ブログに訪れた皆様に感謝いたします。
では、年内中にお返事できないこともありますが、皆さん良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト



100は積んでないですよ・・・とTarotは言った

◆やっと明日から冬休み~2日で新年ってあわただしい~(^^ゞ
 
さて本日こいつが届きました。
 

ドラゴンの4式軽戦車 ケヌ です。
単純に言うと、95式軽戦車に、97式の砲塔を載せた戦車です(よね??)
以前AM誌で、漫画家の鳥山明氏が作っていて、ファインモールドの社長に違うところを突っ込まれていました。
そのとき見た小さな車体に大きい砲塔のケヌをいつか作りたいとそれ以来キット化されるのを待ち続けていました。


箱の縦横寸法はドラゴンのスタンダードサイズで、高さが低いです。
そのせいで、ドラゴンとは思えないくらい箱には隙間があります。
 
さてこんな風にほしいキットだけを厳選して買ってるつもりなんですが、
いったいいくつ買ったんでしょう?
 
昨日は今年一年の作品を並べてみました。全部で16ありました。
完成したのがこれだけということで、
完成品の裏には、とんでもない積プラが隠れているんです。
 東京AFVの会で「100個は積んでいない」と言っていた私ですが。
なんと今年買ったキットは驚くなかれその数92キット!!
総額200K超え!・・・・(汗)
そのうち完成させたのが、まさに焼け石に水ともいえるわずかに9個・・・
以前から積んでるキットを足せばこれは200あるかも知れません・・・・
やばい・・・
これに塗料などの金額を足したらめまいを感じました。
 
注)買った92個はエッチングなどのアクセサリーパーツも含み
アクセサリー・フィギュアを除く車両だけの数はそれでも43ありました。。
 
さらに悪魔のささやきのお知らせが届きました。
タ○タムで年末バーゲン・・・あっ・・・

2016年製作品総決算

◆今年もあと少しです。
恒例の今年1年の総決算です。
1月 Jan

▲01 タミヤ パンサーG型
ケンタウロスのマークが入ったヘルマンゲーリング師団の指揮型に改造、
特徴ある葡萄の房迷彩をサイドスカートに施しましたが、
塗り分けを失敗目立たなくなっています。最近ドラゴンからまるっきりこの仕様のが発売されましたね。
 
2月 Feb.

▲02 ドラゴンヤークトパンターG2
正確な形状が初めてキット化されたG2タイプです。
OVMが後部に付いているタイプは初めて作りました。
キットでは側面に付けるクリーニングロッドケースを
エンジンデッキに移動させています。
 
3月 Mar. 完成品なし
4月 Apr.

▲03 ドラゴンティーガーⅠ型チュニジアイニシャル
かなり気合いの入ったドラゴンの最新のアフリカ仕様です。毎回細部をアップデートしてきますが、そうでない部品はちょっとつらくなってきた感もあります。
 


▲04 ライフィールドモデルティーガーⅠ型チュニジアイニシャル
突如登場した新興メーカーの意欲作。
キットとしての完成度はまだドラゴンには及びませんが、
今後も目が離せないメーカーです。
ドラゴンと同時に製作したので両社のアプローチの違いなど比較できました。

▲05 ドラゴンE100
古いキットなので車体など修復不能なほどの
ねじれや変形で車体天面部はプラ板で自作、エンジンデッキ、操縦席部分の天井などはヤークトティーガーのものを移植しました。
砲身はライオンロアのPak44用の金属製を使いました。
 
5月 May

▲06 タミヤSU122
往年の名作をサクッと組んで冬季迷彩が剥がれまくった仕様にしました。
こういうのがもっと自然に表現できるようになりたいですね。
 
6月 Jun

▲07 タミヤシュタイヤー1500 ▲08 タミヤLRDGコマンドカー
魅力的なフィギュアがセットされた両キットで何かできないかと、作ったのが、夏の東武モデラーズギャラリーに出品した、情景作品『休戦協定』
最初は兵士だけだった情景ですが、ストーリー的に何か足りないので
犬を追加しました。犬は2匹ともタミヤの動物セットのシェパードを改造
ヤシの木、井戸なども自作して初めての水の表現など自分としてもいろいろ挑戦した作品です。
東武では選外でしたが、ほんのちょっぴりお色直しして、年末の東京AFVの会情景部門では一位をいただけました。
楽しめた情景でした。
 
7月 Jul.

▲09 イタレリBf110G-4
前から作りたかったBf110の夜戦型、凸モールドにへこみましたがサクッと完成させれば、思った以上にスマートなこの機体が一層好きになりました。
 

▲10 ハセガワJu87G-2
これも一度は作りたかった37ミリ砲搭載のスツーカ。
RBモデルの金属砲身でディティールアップ。付属の弾痕デカールに触発され、実際に被弾痕をあけました

▲11 ハセガワHs129
中学生のころ読んだクルスクの戦記で活躍していた「空飛ぶ缶切」Hs129をつくることができました。重装甲、重武装の機体はドイツ戦車のようです。
8月 Aug.
 

▲12 タミヤ3号突撃砲G型初期 
3突としてはかなり久々のシュルツェンなし、105ミリ仕様で作りました。
ボルト止めの増加装甲タイプは好きな型です。

▲13 エデュアルドBf109G-6 Trop
塗装済みのエッチングなどが入ったPROFIPACK
とても作りやすくて精度もいいのでお気に入りのキットです。
 
9月 Sep.完成品なし
10月 Oct.
 

▲14 タミヤ 1/24ポルシェ934レーシング
このころの911が好きなので、さらにワイドなフェンダーを装着した934はお気に入りのレースカー。
カーモデルはかなり作りましたが、今回初めてクリアーを研ぎ出ししてピカピカに仕上げました。
 

▲15 タミヤ1/48 4号戦車J型初期
何気なく作り始めたら、ブロ友さんの熱いお誘いを受けタミヤ新橋の48コンに出すことにしました。
砲塔のシュルツェンや、フェンダーなど吹っ飛んだ仕様にして
さびが浮かんだ冬季迷彩にして、せっかくなので雪の情景作品にしてみました。

48コン終了後にAFVの会に出品するために、雪の積もった木と、車体に残った雪など追加しました。
11月 Nov. 完成品なし
12月 Dec.
 

▲16 タミヤ九七式戦車新砲塔
ブロ友さんの作品に刺激を受け、一度も作ったことのない新型砲塔を作りました。
塗装はガッシュの筆塗りです。旧砲塔より好きになりました。
 
◆今年は昨年よりもさらに製作数が減り総数16作となりました。
2015年27個
2014年41個
2013年32個
まぁ、これは以前より時間をかけて塗装とウエザリングをしているからですね。
ブログ開始のころなどは、塗装終了日が完成日なんてこともざらでしたのであんなバカみたいな数になってました。
最近ではウエザリングだけでも何日も費やすことが普通になってきました。
さらにコンテストも3回出して情景など仕上げていたことも大きいですね。
それと今年は何気に飛行機が4機と多かったです。しかもずっと一度は作りたかった機体を3つ作れました。
ポルシェ934以降カーモデルに傾きかけ、たくさんキットを買い込んだのはいいんですが急に覚めてしまった自分がいます・・
 
今年はブロ友さんとお会いすることもでき、本当に楽しい模型ライフでした。
おかげさまで最後の〆に東京AFVの会で情景部門1位もいただき、いい一年となりました。
ただし作るペースが落ちた分、積むペースが悪夢的な速度で進行しております。
来年は積みは控えめで製作に専念したいです。
 

2016東京AFVの会 あとらんだむ れぽ

2016東京AFVの会に始めて参加させていただきました。
狭い会場に少年の心を持ったおっさんたちの熱気でただならぬクリスマスでございました。
あまりじっくり見ることもできませんでしたが、気になった作品など、ランダムに紹介させていただきます。
多少思い違いなどあるかも知れませんが、お許しくださいね~
 
まずは今回の目玉~(勝手に言ってるだけなのでお許しください<m(__)m>)
505キングタイガー軍団!

壮観!

PANDORAさんのタコムのフルインテリアです。見せ方がいいですね。
 

中身もすごい!

キンちゃんさんのキンタ。ドスの効いた仕上げですね。

極東工廠さんのキンタ。安定した仕上がりです。

オランダの風さんのキンタ。徹夜で間に合わせた力作です。

私目のキンタです。ベースで差別化(^_^;)

しぇいきんぐさんのキンタ。こちらもアクシデントに負けず間に合わせた力作。
 

極東工廠さんのT35展示が楽しいですね。仕上がりもすばらしかったですよ。

同じく極東工廠さんのサン突と、何でしたっけ?ギラ?

キンちゃんさんの502の情景。かれた気が寒さを感じますね。

フランクパパさんの作品。おねいさんが素敵!

フランクパパさんの新しいタイプの単品(失礼)米軍のコンボイですね。
単品部門第一位です。見えないところまで作りこみがすごいんです。

戦車大好きさんのAMX-13

 

しぇいきんぐさんのマーダー2.今回は見たことのないアングルからも見れました。
 
この辺から作者のお名前わかりませ~ん。

ガレキの一位の作品でしたよね(違ってたらごめんなさい)

シェパードペインの作品のオマージュ。結構これ好きです。

72サイズのオンパレード。お一人の作品ですよ~

毎回恒例?のビッグスケールのスクラッチ1/6ですよ。

こちらもフィギュア部門で受賞されてた作品(ですよね)

こういう大きいのは、ごまかしが効かないですよね。

こちらは、なつかし部門で受賞だったかな?絵画みたいな仕上がりです。

古くても作り手の愛情で見事な作品になりますね。

この3つの情景は1/144ですよ。

拡大!ピントも追いつかない細かさ

D-7ですね。朽ち方がいいですね。

情景部門受賞作品です。女性の方ですよ。私と同じデザートシボレー使った情景ですね。

ドーチェスターはカットモデルになっていて室内はLEDのライトが点灯しています。

油絵のような色彩です。フィギュアもすばらしい。

情景部門受賞作品。こちらも女性の作品です。48サイズとは思えない仕上がりです。

16サイズのフィギュア。ドラゴンかな?

ティーガー3両の情景。今回の大賞作品です。
左からタミヤ、ドラゴン、ライフィールド(フルインテリア)です。


 

 

仕上げも作りこみもすばらしい作品です。

映画フューリーの一コマですね。

ガルパン作品。躍動感がすごい。

古いドラのキットだそうです。
 

こちらも単品部門受賞だったかな。存在感があります。

 



1/6サイズの作品です。

1/25です。
もっといっぱいあったんですが撮る時間がありませんでした。
いろいろな見せ方や仕上げ方など、いつまでも見ていられますね。もっと広々していればさらにいいんですけどね。
カンプのお歴々の当時の秘話など楽しいトークコーナーもあって初参加も無事終了。
来年もぜひ参加したいと思います。
 
気がつけば自分のはキングタイガーしか撮ってませんでした。

AFVのサンタさんからプレゼント。

◆ちょっとびっくりなクリスマスプレゼントをいただきました~♪
 

◆今日の東京AFVの会で ジオラマ部門 1位をいただきました~
投票していただいた皆様、ご覧くださった皆様に感謝いたします

ちょっと賞味期限切れの感はありますが、今回出品するにあたって、
細部のウエザリングを近頃出たクレオスのフィルターリキッドで
再仕上げして行きました
 
この戦車突撃賞の付いた盾なんて一生縁がないと思っていました。
うれしいです・。
 
ちょっと酔ってるので
もう寝ちゃいます
 
 
 

48サイズ4号戦車情景 お色直し第2弾

◆今日は冬らしく寒かったですね~
 
以前タミヤ新橋の48コンに出品した4号戦車の情景ですが、
↓コチラ

下北沢に連れて行くのにちょっとお色直しをしたのは以前ブログで紹介しました
樹木を追加したんですね↓コチラ

はい。ちょこっと高さが加わって、より情景らしくはなりました。
 
でも、何かが足りない??
 
そう戦車に雪が載っていないんですよね~
 
なのでさらにお色直しをしてみました。
まずはお色直し前です。

 
雪をトッピング。

はい。どうですか?こんな残り方はしないんでしょうけど、あまり雪を乗せすぎると
せっかくの錆色が見えなくなっちゃうので、まだらに乗せています。
 

これで少しは数日前は雪が降っていたくらいにはなったかな?
積もった雪も、走行の振動や、砲撃の衝撃で吹っ飛ぶでしょうから無いよりはそれらしいですかね。
 
さ~明日の準備しよう!
 

お絵かきもしてました。

◆先日、置き場のなかったAFV系の資料本を納める場所を作ったときに、これが出てきました。
 
二十歳のころかな~自分で描いていた車のイラストです。
 

SKYLINE 2000RS 
初代GT-Rから何年後でしょう?DOHCエンジン搭載のスカイラインです。
4気筒エンジンなのでGT-Rの名はつけられませんでしたが、久々のスポーティーなスカイラインでした。
 

CELICA LB Gr.5レーシング
セリカも好きな車でした。それがグループ5仕様のシルエットフォーミュラーとなって登場して興奮しました。
 

Ferrari 365GTB/4 "DAYTONA"
デイトナ24時間レースで3位まで独占。それからデイトナと呼ばれるようになる。
ロングノーズにショートデッキのスタイリングが美しいクーペです。
 

SUZUKI FRONTE COUPE GX-CF
2サイクル3気筒3キャブ360cc リアエンジンリアドライブの軽自動車。
初期のころは、なんとリッターあたり100馬力超えの37馬力を発生。
実は一番最初に乗った車です。ボディーカラーはマルーンだったんですが、ダークブルーが好きだったみたいです。基本デザインはジウジアローで美しいクーペスタイルです。とても楽しい車でした。
 

MAZDA SAVANNA RX-7
このRX-7が発表された時、私のツボにはまって欲しくてたまりませんでした。
当時はさっきのフロンテクーペに乗っていましたが、乗り換える踏ん切りはなかなかつきませんでした。結局最終型のRX-7を買うんですけど、この絵は前期型です。
ボンネットのインタークーラーのインテークは実はセンターにはなくオフセットされていたんですが、絵ではセンターで描いちゃっています。
 

TOYOTA2000GT
いわずと知れたトヨタの芸術品です。これは前期型で後期型よりもでかいフォグランプのこっちが好きです。白かシルバーが好みですが、絵的に難しいので赤で描いています。

TOYOTA SPORTS800
丸みを帯びた独特のデザインです。この絵を描いたころは200万くらいで売っていたんですが、今ではどうなってるんでしょう。レースでは馬力に勝るホンダS800に、優れた空力と燃費性能でいい勝負を繰り広げたそうです。
 
すべてのイラストは実写の写真をトレースして、マーカー、色鉛筆、パステルで着彩しています。ブログアップにつきデジタル処理でオリジナルより見映えを良くしちゃっています(^^ゞ
 
一番最初のスカイラインは最初に試しに描いたもので、それほど好きな車ではないですが、後の車は今でも好きな車です。セリカGr5・デイトナ・ヨタハチのプラモは積んでます。早く完成させたいです。
フロンテクーペだけは、模型化されていません。当時に出なかったのでもう出ることはないでしょう。あったらぜひ作りたいです。
 
ついでにもうひとつ

オリジナルデザインのギターです。
エクスプローラーと、BC.Richに影響を受けています。当時流行の通しネックにロック式のトレモロつきです。
 
 
 

キングタイガーその12&フィルターリキッド

◆なんだかんだ今年もあと少しです。
 
さて、しぇいきんぐさんがクレオスのフィルターリキッドをゲットしていらしたので、いても立ってもいられずに、模型屋さんに行って買ってきましたよ~

▲なんだかAFVには縁のなさそうな色です。
 
ちょうどウエザリング待ちのキンタがありましたので、試して見ましょう。

▲まずはスポットイエローをダークイエローの出っ張っている部分(ボールマウント)に塗ってみます。
結構色ののりがいいです。下地色も透けて、まさにレイヤーを重ねている感じです。
 
下の写真は使用前使用後です

▲ダークイエローのハイライト部分にスポットイエロー
ダークグリーンのハイライトにフェイスグリーンを重ねています。
 

▲凸部にスポットイエロー、凹部にレイヤーバイオレットを入れています。
 

▲そんな感じで写真も撮るのも忘れてこんな感じに仕上がりました。
基本的にダークイエローにはスポットイエロー・ダークグリーンはフェイスグリーン
でフィルターを掛けてコントラストをつけたり落ち着かせたりする効果があります。
さらに補色のレイヤーバイオレットとシェードブルーで影部分にベース色を暗くした感じの影が再現できます。
 
上の写真では、フィルターリキッドを掛けた後に、以前から出ているウエザリングカラーも使った状態です。
 
どうでしょう。レポが下手なのと写真が少ないのはご容赦くださいね。
 
極東さんのコメにあるエフェクターとはこちらです↓
 

ギターの音色を変えるものです。

唯一のスモールヘッドストラト

◆久々にギターネタです。去年の今頃に写した写真です。

ブラックボディーにメイプルネックのスモールヘッドストラト。
最初はクラプトンのブッラッキーの様に渋く仕上げようと思っていましたが、気がつけば派手なユニオンジャックにハンバッキングPU仕様の尖がった仕様になっちゃいましたが、気に入ってます。
私の新品で購入した3本のギターのうちの1本で、こいつもフェ○ダーではなく、トーカイ製です。
ネックのクリアーをはがして、バイクのマフラーのすすをたっぷりつけた指で弾いてネックを使い込んだようにしました・・・が、徐々によく弾くところがきれいになって行くという逆パターンになっちゃいました。いかにハイフレットを使わないかがばれてしまいます。
 

キングタイガーポルシェ砲塔 その11&more

◆316戦車中隊のポルシェ砲塔のキングタイガーは、でかいターレットナンバーをつけていました。

写真で確認されているのは。
1・02・03・10・11・12 です。
 
気分的には手書きで12号を作りたかったんですが、うまく手書きできる自信がなかったのでデカールにすることにしました。

…13号車…
写真では確認されていないですが、ドラゴンのコーティング付のキットに入っていたものです。資料では配備は5両だったとか?よくわかりませんが、13もあったことにしましょう。
 
この13のデカールは、左右分2枚しか付いていません。
でも後ろにもあったのではないかと・・・

▲10号車です。現存する写真では10号車以外砲塔の後ろが写っているものはありません。
なので先ほどは手書きの自信がないといいましたが、手書きしてみましょう。

▲ガッシュはこういうのが得意です。コーティングの剥がれている部分は塗りません。

▲はいできました。逆にこういうでこぼこしたところはデカールでは難しいです。
*******************************
 
◆それからドラゴンのⅢ突C/D型用にと、ミニアートの履帯を買ったんですが、A型以外には使えないことがわかって意気消沈・・・
 
ミニアートは38センチ履帯・使えるのは40センチなのであわよくば使えんじゃないの、というわけでちょっと組んでみましょう。
ミニアートの履帯です

▲ちょっとゲートがえげつない太さで入ってます。

▲こんな感じで組みあがります・心配していた折れ折れはないです。
ピンもカステンよりも頑丈で長いです。
ただ部品が繊細なのと樹脂が柔らかいのか、手で持ってカッターでゲート処理していたら曲がっちゃいました。力加減は慎重にする必要がありそうです。
 
40センチの起動輪には、はい、ぜんぜん付きませんでした。写真もなし
 
使えないことがはっきりしたので、つぎはかなり前に買った、カイゼンを出してみましょう。

履帯は左右2個づつがひとつのランナーに収まっています。連結は付属の真鍮線をカットして使います。
ゲートも小さくて切り出ししやすかったです。

ただ治具がなくて組みにくいので、カステンのを使いました。

▲センターガイドも一体なので楽ですね。
 

▲ドラゴンの起動輪にも問題なく使えそうです。
 

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2016-12 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>