FC2ブログ

TarotG3のブログ

1/48 4号J型 完成しちゃいました。

◆1/48 タミヤもデラーズコンテストに出品する、4号戦車の情景ができました。
昨年の東武コンのアウトレットで買った48の4号戦車を何気なく作り出したら、48コンが間近であると、大変 おせっかいな ありがたい情報をいただきましたので、取り合えず、作ってるから間に合えば出してみようと作り続けて、本日完成となりました。10月10日からはじめたので20日間、実質作っていたのは8日くらいでしょう。
やればできるものですね~。
 
こんな感じ・・・

 

コンテスト前なので、今回はここまでです。
6日の締め切りまでまだ時間がありますが、ぎりぎりになると力が出せないタイプなのでこれで完成です。
新橋タミヤプラモデルファクトリーでは、なにやら
「パスポートなき物は出品まかりとおらん」
 と御触れが出てるので、なんかお買い物しないといけないそうです。
 
◆そんなこんなで冬季迷彩がなかなか面白いので、以前作った冬季迷彩のものをちょっと手直しなんぞしてみました。
 

▲手直し前
▼手直し後・・・って言うか途中で放棄。普通になっちゃいましたね。

 
もう一個・・・

▲手直し前 かなり真っ白な感じです。
▼手直し後 

さび色系でピンウオッシュしてみました。
 
なんか、冬季迷彩が好きになってきました。
 
 
 
スポンサーサイト



フィギュア塗装の日

◆さて、いろいろなフィギュアをなんとなく塗装しました。

▲ドラゴンのH型後期に載せるフィギュアから始めました。

▲ボディーの下塗りです。



 


ヘッドの塗装をしました。目玉はボディーとの角度なども確認してから入れようかと思っています。
 
さて、なんだか似たような戦車をもうひとつ作っています。

こちらですね。48のJ型です。
こちらのフィギュアは、

こちらの戦車長だけで終わらせるつもりだったんですが、
寂しいのでもう一人お供させることにします。
 

▲田宮の48のフィギュアセットに入っている、武装親衛隊のフィギュアです。
服装がバルジ頃らしく、標準のズボンに迷彩スモック姿で、情景の想定の真冬の東部戦線っぽくないので防寒服っぽく改造します。

▲ズボンの裾をゆったりさせて、ブーツはショートタイプに見せます。
 

▲なんとなくそれらしくなったかな?

▲アノラックのフードもエポパテで追加しました。ピンボケですみません・・・

▲スモックの広がった上着のすそを削って絞り込んだ感じにします。 
服のあわせなどもケガキしておきます。
48なので細かいところは省略しましょう。
 

前から

後ろから
白く塗っちまえば、防寒服にしか見えないでしょう!
拡大すると塗装が汚いのが良くわかりますね・・・(汗)
 
さぁ~フィギュアもできてきたので新橋戦線に向けて最後の仕上げに入りましょう。
 

爆買い したわけではないですよ・・

◆昨日情景を製作中に、タミヤのアクリル塗料の溶剤がなくなったので、
確か在庫があるはずとチェックしたら、2本あるのは両方ともエナメル溶剤。
夜も遅かったのでコンビニで売っているわけもないので、
今日「嫌な予感」を感じながら、タム○ムまで車を飛ばしました。
 
「嫌な予感」とは今タム○ムでは、なにやらセールのようなものをやっているらしい。そんな中行けば、溶剤だけで済まされるわけがないことを充分感じていました。
 
まぁ、セール品は結局買わなかったんですが、
嫌な予感その1

▲ミニアートのシャンパン&コニャックボトルの詰め合わせです。

▲ブロ友の戦車大好きさんが買っていたので気になってました。
確かに2K越えの価格は躊躇しましたが、ボトルはクリアー成型でグリーンとブラウンの2色、合計180本も入っていて、デカールもついてます。
 
嫌な予感その2

▲ミニアートのT34用履帯、ワークエイブル ってことは可動式かな?はめ込みでしょうか。1.5Kなら古いタミヤとかにも使えそうなのでゲットしておきました。
(こういう使えそうだ、とか思って買うのが厄介で、いつまでも使わないんですけどね…)
 
*他にもいっぱいほしいものがありました。でも今日は我慢しました。
なぜかというと、その前にずいぶん買ってたんで・・・
 
それらはこちら

▲タコムのハノマーグSS100

▲エンジンとかも再現されています。いたずらに部品を分割していないようで、好感がもてます。

▲タイヤはゴム製なんですが、中空です。しかもパターンもくっきり、変なところにパーティングもなく、下手なカーモデルのタイヤより綺麗です。
 
続いて

▲タミヤのフンクワーゲン、懐かしさと、これはエッチング付きなので買いました。
こちらも1.5Kタミヤは懐にやさしいです。
 
まだあります・・・

▲ホビーボス(中身はトライスター製) 38t戦車B型。
38tは一度も作ったことがないんです。どうせなら珍しいB型をずっと探していて見つけたので買いました。
 
とりあえずここ最近買ったAFVモデルです。(車とかが他にあります)
大宮タム○ムのセール、最近はしょぼかったんですが、久々に気合を少しは感じられる内容でしたよ。
ドラのベルゲティーガーブロンコの3突E型とか、安めの通販サイトと同等くらいまで下がってました
(前回のセールが会員だけ5%という内容からするとかなりいいです)
ひと月ほどやるらしいので、商品お入れ替えも期待できそうなのでちょっと頻繁に散財する予感がします。お近くの方はいかがですか?
 

1/48 4号J型 フルブーストかけてます!

◆なぜか48コンを目指すことになった。4号戦車です。
搬入は10/24からですって、明日もって行ってやろうかと思ったのに…
うそです。でもフルブースト掛けて作ってますよ。
 

▲オキサイドレッドの上にヘアスプレーを掛けておいたので、水で湿らせた楊枝で、チッピングを掛けました。
それから夜な夜なデカール貼ったり、クリアー掛けたりで、今日は朝から塗装作業。
んん・・・どこかで見たような。

▲冬季迷彩・・・

▲手前は先日まで作っていた35サイズのH型です。
芸のないことに同じことをやることにしましたよ(^_^;)
 
さぁ地面を作りましょう。

▲時間短縮超手抜きで行きます。
化粧板の上にダイレクトにスチレンボードをボンド止め。絶対に反るので、木ねじ直接固定の荒業です。

▲雪景色ですが、わだち部分は土が出たようにするので、テクスチャーペイントのダークアースを塗りたくります。
 

▲乾いたら、雪の部分をテクスチャーペイントの雪を盛り付けます。
わだち部分は土と混ざったようにしておきます。

▲地面の乾燥中は、戦車のほうのウエザリングを施します。35サイズで同じことをやったのでどんどん進みました。

▲フィギュアも平行して作ってます。ちょっと表情がないですね。小さくて表現できてません。
 
この後もまだウエザリングやって、地面も仕上げ足りしますが、なんだか間に合う気がしてきました。
新橋は初めてなのでパスポートがいるんですよね~。
 
 

1/48 4号戦車J型 製作その3

為せば成る為さねば成らぬ何事もナセルはアラブ大統領~ビートたけし~
このネタも、ある程度の年齢の人にしかわかりませんね…
 
という事で、わき目も振らずに48の4号だけの製作に没頭してみました。

▲昨日は砲塔のシュルツェン架を銅板で自作しました。
ハンダ付けに苦闘すること数時間、結局あきらめて瞬着でくっつけました。
 
そんなわけで今日は車体のシュルツェン架を作りますが、ハンダ付けしない金属板は強度に不安があるのでキットのものに、薄薄攻撃をすることにしました。

▲右が薄薄攻撃後、左が攻撃前です。金属板には及びませんが、接着剤でつけられるので楽チンです。

▲シュルツェン架も簡単につけられたので、とっとと塗装を始めました。
車体下部、足廻りは黒サフとマホガニーサフで塗っています。
車体上部はオキサイドレッドサフで塗りました。

▲この後ヘアスプレーをブラシで吹きました。
 

▲影になる部分に、タミヤのスミイレ塗料の黒をブラシで吹きました。
 

▲影が残るように、ダークイエローを塗ります。塗る前に砲塔のシュルツェンをくっつけました。
砲塔のシュルツェンは、開閉部以外はキットの物に薄薄攻撃したものです。
車体のは、プラ板で自作です(もともとキットに入っていません)
 

▲三色迷彩を施しました。
この後のやることを忘れないようにメモしておきましょう。
1)チッピング
2)半つやクリアー掛けて、デカール貼り
3)未定・・・
結構ダッシュでやりましたが、まだまだ先があります。
間に合うかな~~~???
 
最近も同じようなもの作ってたよなぁ~

▲途中放置状態になってしまった、1/35の4号H型です。

1/48-4号戦車J型 その2

◆久々の太陽でしたね。。。
◆さて48コン、取り合えずめざしてはみますけど・・・
 

▲大いなるワンパターン、フェンダーぶっ飛ばし!

▲シュルツェンの止め具を銅板で作りました。穴3個あけるのに、0.3ミリのドリルの刃を2つ折りました・・・・効率悪い
 

▲砲身の付け根が隙間が開いて、丸見えでかっこ悪いです。

▲隙間をプラ板でふさぎました。
 

▲シュルツェン架を銅板で作り直し…ひょっとすると、これがこの後重大なブレーキとなりそうな予感がしています。。。

▲ここまでできましたが、やっぱり間に合いそうにないですね~~~
とりあえず頑張っては見ましょう。

4号戦車製作ですけど・・・

◆なんだかはっきりとしない天気でしたね。
 
午前中は割りと日も差してきたので、いろいろ塗装しましたよ。
1)マッハⅢのタンク、フェンダーなどのサフ掛け。
2)HKS R32 GT-Rのクリアー吹き
3)4号戦車に乗せるフィギュアのサフ掛け
 

3)のフィギュアたちです。
以前黒サフからのブラシでの塗装がなかなかいい感じだったんで、今回もやって見ます。
最初に黒サフを掛け、その後白の防寒服の兵士二人はグレーサフを、影が残るように上からサッと吹きました。(写真は上から取っているので影が目立たないです)
フィールドグレーのコートの二人は塗装のとき影を残しながら塗るつもりです。
 
さ~いろいろ変なことを同時にやっているので、中途半端な時間になってしまいました。フィギュア塗る気にならなかったのでどうしましょう・・・・
 
では4号の履帯でも組み立てましょうか。

部分連結なので楽チンですね…?
 

もうできちゃいました…??
 
なんか違いますね~???

うぉ~!更なる戦線拡大! 48タミヤの4号J型です。
これは去年の東武コンでの戦利品です。
転輪関係だけ去年のうちに組んでいたので、あっという間にここまでできちゃいました。
 

▲ライトコードはお約束。フェンダー内側のリベットは、シアノンを点付けして再現。
 

▲フェンダーのステー?穴が開いてなかったのであけました。

▲あっちこっちのボルトが省略されているので、伸ばしランナーの輪切りを付けました。
 
これやっていて気がついたんですが、こういう省略された部分を再現するのってかなり楽しいって事でした。最近の至れりつくせりのすごい再現度のキットは、作ってるというより、作らされてる感じがしています。こういうのを「再現度が低い」と言って簡単に切り捨てるのは間違いですね。作り上げる楽しみがありますよ。
ただし48はこれで2作目なので、使いまわせる部品はまったくないので、省略されてるディティールは作り出さないとなりません。
 

幸い再現度の高いドラのキットも作ってる途中なので、見ながらディティールアップできます。
 
後もうひとつ気づいたことが、あまり戦線拡大するとすべての進行が遅くなると言うことでした。

4号H型後期 その6

◆昨日と今日の雨はなんだか、ヤケッパチのような降り方でしたね。
たとえるとこんな感じでした・・・・
超絶テクのSATSUMA3042さんのプレイでした。
◆今日はなんやかんや野暮用もあって、模型のほうは、ちまちましたことしかやっていませんでした。
 

4号に乗っけるフィギュアたちの装備品もつけたので乗車位置の確認です。
田宮の戦車長も気持ち小さめですが気になりませんね…
 
さて今日はシュマイザーのストックを作りましょう。

▲本体の後ろに穴を開け、0.3ミリ真鍮線でストックのアームにします。
 

▲肩当も同じ真鍮線で輪を作って、ハンダ付けします。(下にハンダを敷いています)

▲プラの本体が解けないように、熱対策をします。
ヒートクリップという熱逃がしのクリップで挟み、本体には水で湿らせた綿を巻いておきます。

▲ちょっと汚いですが、無事にくっつきました。

動くんですよ~

 
銃器にハンダ付けは初めてでした。

▲持たせてみました。完全に自己満足ですね。
 

製作再開 750SS H2

◆先ほどすごい重低音が空に響いていました。雷だと思っていたらなんと
20キロほど離れている鴻巣の花火大会の音だったようです。
4尺玉もうちあげたそうです。なにやら赤羽のほうでも花火があったようですが、今日は花火デーですかね??
 
◆さあ~ポルシェ934も片付けたし、残るは4号戦車とキングタイガーポルシェターレットが中途半端で止まってますね。
そうそう先月突如実家から持ち帰った、スカイラインR32GT-Rレーシングも作らないと~・・・
んんん、そういえばランチャストラトスも始めたのも思い出した…
 
では、途中で止めてしまったこれから片付けますか!

▲接着の合わせ目の処理もしないで、いきなり塗装しちゃったのを手直しですね。
 
ほかも合わせ目の処理をしてと・・・

??おやっ??これは何でしょう?戦車ではないし、車でもないですね。
 
これでした。

▲カワサキ マッハⅢ 750SSです。
なんと未完成のまま30年ほど放置していたものです…(^_^;)
 
以前も未完成状態で紹介していますが、かなりできているんですよ。


▲マフラーは自作のチャンバーにしていますね。
バックステップ、セパハンも自作してるようです。


▲自作のヘナチョコ エアファンネルがちょっとダサいですね。
 
資料本もそろってます。

▲特に細部を紹介しているわけでも無いので、模型作る参考にはならないんですけどね。読めば気持ちが高ぶるかな・
 
*カワサキ マッハⅢ 750SSは、1971年に発表され、750cc2サイクル
3気筒エンジンを積んで、200キロをきる車重と74馬力のパワーでMAX200キロオーバーを実現。
曲がらない・止まらない・まっすぐ走らない と言われるほどのじゃじゃ馬マシーンでした。
 
◆ここまでできているので、何とか完成させましょう。ただ経年変化で接着が取れかかってるところもかなりあるので、その補強などしないとならないですね。
 
ドンだけお手つきしてるんでしょう?しかもジャンルがめちゃくちゃ・・・いったい私は何を作りたいんだろう???

4号H型後期 その5

◆今年も後3ヶ月です。あといくつ完成できるかな?
4号戦車ですが、こいつは情景にするつもりなので、フィギュアを作ります。

▲ドラゴンのフィギュアですね。
これを乗せるために車体のシュルツェンはつけなかったんです。

▲なんかぎゅうぎゅうです。どらのフィギュアデカイかな?
昔タミヤの初代4号H型に田宮の進撃セットのフィギュアを載せたときは、もっと乗ってたけどこんなに狭く感じませんでした。
戦車兵はタミヤのH型初期の物です。服装はぴったりなんですが、ポーズに緊張感が欠けてるな~どうしよう・・・

▲シュルツェン架と、スコップがあるとフィギュアがフィットできないので、取っちゃいました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これだけではなく、さらにニューキットに手をつけました。

▲ハセガワの「ランチは酢とらす」ではなくランチァストラトスです。

▲リアのオーバーフェンダーを貼り付けて、白サフ掛けたところです。
ネットで作例を検索すると、今のところ100%でこのアリタリアカラーはマスキングで塗装している方ばかりです。デカールはフロントフードのスリットがネックになっているようです。
誰かデカールで作った人はいないんですかね?できればデカールで作りたいので…

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2016-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>