FC2ブログ

TarotG3のブログ

ニューキット食わぬはモデラーの恥?

◆今日は久々に秋葉原に行きました。
 
目的はこれ、

バリューギアの荷物たちです。
こいつは東武コンで使うかも知れません。
 
今日はこれくらいで帰ろうと思ってたんですが、
こいつが発売されていました。

タミヤのSU-76です。
そういえば月末って言ってましたね~
「ニューキット買わぬはモデラーの恥」
ということでゲットしました。
 
フィギュアもいい感じ

 

履帯は部分連結式ですね。
小さいのに部品も多いですよ、工程がなんと37まであります。
 
これで東武コンもいいかな~。でもいっぱい出てきそうですね。
 
一度財布の紐が緩んだらダメですね~
こんなのも買っちゃいました。

イタレリの土のうですね~
 

ちょっと高かったんですよね~約1800円(^_^;)60個あるので、1個30円です。
本当はもっと入ってると思ったんですよね
バリューギア買ったほうが良かったかな?
 
スポンサーサイト



E-100製作 その5

◆3月の休日も今日が最後。
なので今月は完成品が一つも無いことになるでしょう。
以前は月に4個くらい完成させておりましたが、今月はゼロです。
さらに今年はまだ2個しか完成させていません。
前よりウエザリングとかに時間を掛けているからだと思います。(当社比)
 
さて、今日はE-100を完成させるべく組み立ての追い込みをしました。
 

▲砲塔側面に予備履帯をつけることにしました。
ヤクティーのホルダーを付けていきます。
 

▲予備履帯付けました。本当はこういう付き方はできない構造みたいですが、
雰囲気重視で行きます。
あと砲塔の後ろに乗員が上るための手すりを追加しました。
 

▲さぁ~砲塔も完成しましたよ~
 

▲フェンダーも何とか脱着可能にしました。これで組み立て終了です。
 

▲大きさ比べです。
キングタイガーとⅢ号戦車みたいですね。
なんだか1/25を作ってるみたいです。
 
 
 
 
 

E-100製作その4

◆ずいぶん春っぽくなってまいりましたね。ちと風は冷たいですけどね~
 
ライフィールドとドラゴンのアフリカ虎、一気に完成させようと思ったら、
一番外側の転輪を塗装し忘れていました!
なので完成は先ですね(^_^;)
 
だったらE-100を完成させちゃうべく、さっさと進めることにしました。
 
履帯も組んでド迫力な姿になってきましたよ~

部分連結の履帯ですが、最近のドラゴンのクオリティーのつもりでいたので、ちょっと苦戦しました。カンゴウきつすぎです。
でもこのワイドな履帯、感動モノです。
 

マフラーとマフラーの装甲ガードはキットのままでは笑っちゃうので、パンターのマフラーとヤクティーの装甲ガードに変えました。
残るはデッカイサイドフェンダーだけとなりました。ティーガーより先にできちゃうかな?
 

たまには時代劇も見たいですね。

 
御代官様も悪人でございますねぇ・・・
 

◆何を言うか、駿河屋、
おぬしの箱もきすぎよのう・ふっふっふっ・・・
 
 
 
と、言うわけでいつも通り、軽くて妙にでっかい箱が届きました。

中身はなんでしょう?
 

キットが一つポツンと入っています。このキットだったら6個は入ります。
 
さてこいつは、
ジャ~ン!
 

ミラーモデルのモーリスC8クアッド ビートルバック後期型
初ミラーモデルです。
中身は・・・

なかなか繊細な感じですよ~結構クセのあるめんどくさいメーカーと言う評判でしたが、パッケージがこのタイプになってからはいい感じにみえますよ。
何しろ「初」なので以前がどうだったかは知りませんけど・・・

軟質のタイヤとレジンのスペアタイヤ、エッチング、銅線、布、が・・・・
えっ!? 布?? なんですかねこの布キレは?

天井のキャンバストップらしいですね。
でもここに使うにはちょっとばかり目が粗いと思うんですよね~この布キレは・・
解きパテで目止めすればいいのかな??
 
あとレジンのタイヤとゴムタイヤの大きさが微妙に違っていますね。
 
いつ作るんでしょうかね~25ポンド砲とあわせようかな~
 
 
 

ライフィールド&ドラゴン ティーガーⅠ製作15

◆今日は晴れ間が出ましたけどかぜの冷たい一日でした。
 
今日は虎Ⅰ2台のウエザリングに入ります。
ここまでくるともう作り比べではなく、単なる2個同じ様に塗っているだけで、変化が有りません(^_^;)
 

▲昨夜残業して、ウエザリングカラーのステインブラウンでピンウオッシュしました。左は本日その上から同じ色で2度目のピンウオッシュをしたもので、右は1度だけの物です。多少「コク」が違うと思います。
 

▲右も2度目のピンウオッシュしました。自分ではかなり思ったようにはできたんですが、ちょっとアフリカっぽくないですかね?

▲ドラゴン製
 

▲ライフィールド製

ここからチッピングなど書き込んで、ドライブラシかな~
ちょっと飽きてきたぞ~雑にならないように気をつけないと(^_^;)

ライフィールド&ドラゴン ティーガーⅠ製作14

◆今日はいい天気でしたね。
歩いて10分ほどのところにある早咲きの桜です。

もうすでに満開です!
 
さて天気も良く、朝からクリアー掛けしたティーガーも良く乾燥してくれました。
なのでデカール貼ることにします。

デカイ白フチの番号がいいですね。DAKらしくて好きです。
 

▲左の使いかけがドラゴンのカルトグラフのデカール、
右がライフィールドのデカールです。
各々付属のデカールを使うつもりだったんですが、カルトグラフのデカール先に貼ったら、どうもライフィールドのほうが見劣りしちゃいます・・・・
白枠の抜き文字なので文字の中には当然余白があります。
ライフィールドのほうは、「俺は光るぜ!」って言ってる気がしました。
ここまで来てデカールがシルバリング起してるのもいやなので、ドラゴンさんのカルトグラフを使いました。

▲こちらはドラゴンのキットです。
▼下がライフィールド。

虎のマークと鉄十字はライフィールドのデカールです。
 
1個のキットのデカールだと普通なら数字が足りなくなるところですが、偶然にも132と121分が揃いました~よかった。よかった。
 
ターレットナンバーが入ると俄然テンション上りますね~

ライフィールド&ドラゴン ティーガーⅠ製作13

◆午前中は雨でしたが、午後から暑いくらいのいい天気になりましたね。
 
ライフィールドとドラゴンのティーガーⅠ極初期型塗装です。
 

まずはシャドウ部分にこげ茶を吹きました。
 

ベースのダークイエローは、グレイッシュベージュとパーマネントイエローで作りました。アフリカらしく明るく仕上がるようにしてみました。
 

シャドウを残しながら塗りました。
 
今回ドラゴンは132号車、ライフィールドは121号車にします。
ドラゴンの塗装指示です・・・

箱側面のカラー図にはマフラーカバーとハイフェルフィルターの色味がサンディーブラウンとでも言いますか、濃くなっています。
説明書の塗装指示図でも色が違うのですが、特に色名色番の指示はありません。
 
私はこうしました。

ハイフェルフィルターはジャーマングレー、パイプ類とマフラーカバーは茶系のダークイエロー、で塗りました。

こんな感じです。
モノクロにして、実車と比べましょう。

これは142号車なんですが、明らかにフィルターはジャーマングレーぽいですよね。
 
そしてグリーンブラウンと言われる色で迷彩を入れました。

ちょっと明るいグリーンですが、クリアーを吹いたらもう少し暗くなると思います。
 
気がつくと塗装は久々なので順番忘れそうです・・・
これからデカールの為にツヤありクリアー吹いて行きます。
 
 

E-100製作その3

◆だんだん春が近づいてきてますね~
E-100の製作です
 
E-100には新開発の17cm砲を搭載予定でしたが開発が進まず
15cm砲に変更されましたがこちらも結局完成されなかったようです。
なので私は、12.8cm砲を積むことにしました。
キットのはしょぼいので、これ使います。

RBモデルの12.8cmPak44ラインメタル社タイプの金属砲身です。
そのままつけると、恐ろしく長いので、砲等に入り込む分くらいカットしました。
 

真鍮製のマズルブレーキ正面にはまだ部品がくっつきます。
 
つづいて車体全部のディティールを追加します。

▲前面装甲の厚みを再現します。
 

▲なにやらフェンダーの位置だし?の穴があるので再現しました。
本物はこちら↓

砲塔のでかさを実感してください。

 
 
 

ライフィールド&ドラゴン ティーガー製作12 

◆ライフィールドとドラゴンのティーガー同時製作中ですが、
塗装工程に入り、混乱しております。
 
サフ掛け始めました。

▲場所によってグレー・ブラック・マホガニーの3色のサフを使っています。
でもって、塗り終わったらどっちがどっちだか判りません(^_^;)
そら、同じ戦車を作ってるわけで、似てくるのは当たり前です。
仮組みしたり、よ~く見ればとりあえず判別はできますが間違えそう…
 
サフを掛けた両者、判別できますか~?

▲答えは向かって左がライフィールド・右がドラゴンです。
 

▲上ライフィールド ▼下ドラゴン


▲ライフィールド ▼ドラゴン


▲ライフィールド ▼ドラゴン

 

上がライフィールド、下がドラゴンです。
ライフィールドのゲペックカステンが砲塔と隙間がないのが目立ちますね。
 
ここまでできてくると両者なかなかいい出来ですね。
作りが荒いのは私のせいなのでご容赦くださいませ。。。
 
 
 
 

ライフィールド&ドラゴン ティーガーⅠ製作11

◆今日は暖かかったですね。
2台同時製作のティーガーⅠ極初期型も進んでますよ。そこそこ・・・
 
先日はドラゴンの方に、ライト基部を取り付けたところまででしたので、今日はライフィールドのライトです。
 

▲ドラゴンの方は、ライトコードが全く合わない金属線でしたが、
ライフィールドはプラのパーツでできています。
問題はちゃんと合うかですけど・・・
 

おっ!いいじゃないですか~
別アングルも

バッチリですね。この部分はドラゴンを上回りました。。
ただしパーティングのバリが派手でしたけど・・・
 
こうなると先日の無理やり合わせたドラゴンの方のライトコードが気になっちゃいますね。こちら↓

コードを自作しました↓

エナメル線で作りなおしました。
 

両者ライト部分です。ライフィールドも結構頑張って再現しています。
写真で気付きましたが、ライフィールドのライト傾いてました。
 
組み立ても両者履帯を残すのみとなったようです。
ここで細部の比較写真、リアフェンダーです。

 

ドラゴンはエッチングも使って再現しています。
フェンダーの外側も3種類から選べます。ライフィールドはR付きだけです。
 
組み立てもほぼ終わったところで、気付いたことは、ライフィールドはプラモの金型を作りなれていないですね。
今日組み立てたライト基部のパーツの場合なんですが、

左側が正面図、右が断面です。
ライフィールドは片方の端にパーティングを持ってきています。
一方ドラゴンはセンターにパーティングを持ってきたいます。
樹脂を金型から抜くためにテーパーが付くのですが、同じ角度でも端に持ってくるのと、センターではパーツの左右の肉が全く違って見えますし、傾きも大きくなります。
PLを端に持ってきたほうが型を作る手間が減りますが、この部分にバリも出やすくなります。いろいろな部品でライフィールドはこの傾向が強く、新商品で型も新しいはずなんですが、イタレリの旧作のようにバリが出ているところも散見されます。
 
この辺は丁寧に処理してあげれば良いですが、バリなのかモールドなのかわからないところもあるので要注意です。
ドラゴンの最新のキットとの比較ではちょっと分がないですね。
ただ組み立て難いところとかは、無かったので素性は悪くないと思います。
 
 

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2016-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>