FC2ブログ

TarotG3のブログ

秘匿指令「35C」

秘匿指令 35C 発動。
 
発動前 タミヤのテクスチュアーペイントの地面。

作戦開始 立体感を増すため、麻縄の草を植えていきます。

塗装開始!

麻縄は塗料をずいぶんと吸い込みます。ここでカップ1杯分使い切っちゃいました。

第一目標攻略!3段階の明度のグリーンで塗りました。
 
色を作りすぎて、あまったのでちょっと脇道へ…
 
脇道はコチラ↓

大昔に作った、ドラゴンのJSⅡです。
 
脇道開始

とにかく明るい安村ロシアングリーンに衣替え!
    安心してください、吹いてますよ。~意味不明~
 
さらに

最近の得意技、タミヤスミイレ塗料をブラシで吹いて、シャドウを入れました。
 
さらに脇道は本筋か分からなくなりつつ

手書きのターレットナンバー! マスキング無しで、うまく書けましたよ~
種明かし…
 

下にはインレタ(今はもうないのかな?)ドライでカールとも言うかな?
下に貼ってその上をなぞっているだけでした。
最初から白文字使えばいいんですが、手持ちがこれしかありませんでした
 
本筋との合流?

草に塗った色を使っているので、地面とのマッチングがいいです。
 
ああ!どうしよう。このJS2は全くの余興なんですが、このベースに妙に似合っちゃいました。
 
このベースに乗せるのはこれなんですが…

新たな試み「ダークドライブラシ」やったんですが効果がイマイチ。
どうも納得のいくものになりません(^_^;)
このままでは 秘匿指令35C は遂行できないかもしれません。
 
秘匿指令35Cとは何ぞや!次回につづく…  といいなぁ~
 
 
スポンサーサイト



昨日に続いてスカイツリー話

◆昨日に続いて、今日は携帯カメラで見るスカイツリーの成長記録です。

↑2010年1月18日 展望デッキはまだありません。高さ200mちょっとかな?

↑2010年2月10日 展望デッキのふもとくらいまで出来てきました。高さは300mくらい。

↑2010年6月2日 前の写真から4ヶ月、展望デッキが出来てきました。高さは350mくらいかな?

↑2010年7月28日 展望デッキが完全に形になってきました。400m近くなってます。

↑2010年8月31日 どんどん伸びていきます。

↑2010年11月24日 そろそろ地上500mに迫ります。

↑2010年12月22日もう一つ上の展望回廊も形が見えてきました。

↑年が変わって2011年1月20日 まだまだ伸びてます。

↑そして運命の日が迫ってきます。2011年3月10日。すでに高さは600mを超えています。
 
翌日、東日本大震災が発生しました。幸いスカイツリーには被害がなかったようです。
 

↑2011年3月17日 翌日に高さ634mに到達します。つまりこの日が634m以下のスカイツリー最後の姿です。

↑2011年6月24日 吾妻橋付近より。

↑同日。アサヒビール本社と通称ウ○コビルと一緒に。
なぜか小さいサイズの写真しか残っていない。

↑2013年11月1日 すでに開業しているので現在と変わらぬ景色です。
隅田川と清洲橋とスカイツリーのスリーショットです。
ここまでのほとんどの写真が清洲橋からのものです。
携帯の写真なので解像度やピントの悪さはご愛嬌ということで。
 
 

電車が止まるとこいつに逢える。

◆会社の帰りに電車が止まっていました。
スカイツリーラインが地下鉄半蔵門線との相互乗り入れを中止すると、
こいつに会えます。
夜空にブルーの光が映えます。

こいつのふもとを歩いてスカイツリーラインまで歩いていきます。
何で一駅くらい運転してくれないんだろうって思いながら。
スカイツリー見上げてるとそんなことも忘れちゃいますけどね。
 
普段より40分時間掛けて家に着きました。
 

パンターG型製作 その3

◆今日は北風が強くて何気に寒かったですね。
 
パンターG型 HG師団R01号車の製作です。

こいつですね▲
 
パッションモデルズのエッチングの可動クランプを作りましょう。

説明書、ピンが長いので組み立てやすいんだそうです(^^)
 
両面テープで固定して組みましょう。

んんんん

出来ましたが、ここまで1時間10分!
要領が悪いのか、みんなこれサクって組んでるんですか~???
どうやって組めばいいんですか~。一つ作るのに二つ分の部品が4次元に消えました。
 

3時間経過、ここまでたどり着きました(^_^;)
このディティールアップはやめればよかった・・・反対側もあるし・・・
 
マゾっ気が芽生えたのか更なるディティールアップ!

クリーニングロッドの筒を、銅パイプで自作。内部に予備アンテナホルダーを入れました。
 

上に筒の保護のアングル材と、フタのクランプたちを追加。
 

さらに筒の下に、指揮戦車用のアンテナホルダーを自作。
 
あ~~~。疲れた~~。けど 作った感は200%です。
 
 
 
 

それは突然やって来た

 
◆冬の寒い朝、はだしの足で箪笥でも柱でも、角を思いっきり蹴った時を思い浮かべてください。または足の指にトンカチを落とした時でもいいです。
 
その痛みって結構脳天まで通り抜けるような激痛です。
 
その時の最も痛い瞬間がず~~~っと続いたら…考えて見てください。
 
それが『痛風』の発作です。
 
油断してました~。これで2回目ですが、1回目のときは尿酸値9.6というレッドゾーンまでぶん回したくらいの数値だったので発作が起きたのも分かります。
それ以降摂生に努め、3ヶ月で8.2まで下げ医者を驚きかせました。
そして、昨年は7.6 ほとんど気にしなくていいだろうって思ってました。
ところが今年は7.9にちょっとレベルアップ。ま~大丈夫と高をくくっていたら
こんなことになりました。
前回はひざだったので歩くことも出来ず会社を休みましたが、今回は足の親指だったので何とか歩くことが出来たので、必死に会社には行きました。
 
こちらのブログに訪れる方は、経験者も多そうですが、
皆さん気をつけなはれ~
 
水分多く取ったほうがいいかなと思って、
買ったオレンジーナのボトルに癒されました・・・

パンターG型製作 その2

◆パンター祭り第3弾、タミヤのG型です。
 

ヘルマンゲーリング師団のR01号車を作ります。
 
さあ~前回は、ほんのちょっといじくっただけで、第5弾予定のパンターA型にコーティング始めちゃいました。
こんな作業で終わってました。

省略された溶接跡や、表面をリューターで荒らしたところまでです。
さぁ~続きを始めましょう!

お約束のサス可動。カステン使う予定…だったんですが、一箱あると思ったら、半分くらい使ったやつだったんです。どうしよう買わないと(^_^;)
 

マフラーに「異物入っちゃいや」の棒をつけます。伸ばしランナーぶっ通し                ・・・・・・↑そんな名前じゃないですね
 

久々にタミヤのパンターですが、結構ディティールの省略がありますね。
シャックルよけるフェンダーのフタ?の溝を入れてヒンジなどをつけました。
 

マフラーカバーを銅板で自作しました。あれほどエッチングとか金属部品を嫌っていたのに使いますね~。でも金属ならではの薄さはいいですね。
 

HG師団のR01号車は本部車両なので、スターアンテナが付きます。
なのでその基部を適当なジャンクパーツで自作しました。
 

エッチングは、パッションモデルズの物です。日本製で価格も割りとリーズナブル、出来もいいので最近のお気に入りメーカーです。
 
ドラのスマートキット慣れしちゃってたので、こういうディティールの追加や工作って、楽しいですね。
 
 
 
 

【完成】M10偽装パンター


 




 


 



 

 
M10偽装パンター ドラゴン
パンター祭り第2弾!
『M10偽装パンターアメリケーヌソース掛け ドイツ兵を添えて』
でございます。
 
私が説明するまでもありませんが、バルジ作戦時アメリカ軍に成りすまし、後方を撹乱させる「グライフ作戦」で使用されたM10戦車に模したパンター戦車です。作戦は実行前にアメリカ軍に秘密が漏洩し独軍として戦闘することになりました。
なかなか凝ったつくりでM10戦車の特徴を捉えています。
 
実車は5両作られたそうで、このキットは2種類の偽装パンターが作ることが出来ます。そのために防楯は2種類入っています。
砲塔や車体なども偽装パンター専用の物です。
この手のアイテムは自作するか、ガレージキットを買うしかありませんでしたが、凄い時代になった物です。
私の買ったキットは砲塔の偽装装甲が超変形していて、切断して修正しましたが、完全に歪みは取れませんでした。そのほかの部分は問題なく、罠も少なめでサクッと作れました。
塗装はガッシュでOD色作って、ウエザリングはクレオスのウエザリングカラーを使っています。実車はまさかエイジングとかまで施さなかったでしょうから、汚しだけでチッピングなどの使用感は出しませんでした。
 
実車の防楯などは薄い鉄板で作られたそうです。そうは見えませんよね。
以下実車↓

 
 

M10偽装パンター製作 その5

◆朝方はえげつないくらいの雨が降っていましたが、晴れましたね~。
 
さてパンター祭り第2弾のM10偽装パンター、ここまでできています。

デカール貼ってつや消しクリアー掛けたところまでです。
 
ここからウエザリングしましょう。

クレオスのウエザリングカラー、サンディーウオッシュとグレイッシュブラウンを半々混ぜました。
 

これを足回りから塗っていきます。
 

車体上部は、このままで塗るとかなりドロドロになってしまうので、薄め液で倍くらいに薄めた物を塗っていきました。
 

泥ハネの置きそうなところは、筆を指ではじいてスプラッシュ!
 

全体に塗り終えました。ちょっと汚れと車体色のコントラストがきついので落ち着かせましょう。

ウエザリングカラーのマルチブラックをかなり薄めた物でウオッシングしました。
 

う~ん、あんまり落ち着かなかったですね~。
あとで、もうちょっと手を入れてみましょう。
 
こいつに乗せる戦車兵です。

頭だけ出す予定なので、手とか手抜きというかはみ出したままです(^_^;)
今日はこの辺でおしまいです。

パンター祭り 番外編 その1

◆連休も今日でおしまいですね~。
 
一人でパンター祭りやってますが、
パンターの不要部品たちの在庫がそこそこあるので、これらも仕分けしようと集めて見ました。
 

んん・・・結構ありますね。しかも不要というか作れるんじゃないでしょうか?

車体上部だけで3個あります。
左から、ドラ、タミヤ、グンゼ です。
これに車体下部がグンゼ製が1個、砲塔タミヤとドラがあります。
これは作れる!

グンゼの車体下部にドラの車体上部、リアパネルもドラで組みました。
ちょこっと加工してだけで組めました。
 
今パンター祭りで作ってる、G型、A型、M10偽装 こいつらは全部実存した車両を再現する予定です。実写となるべく同じように再現しようと資料をにらめっこしていたら、もっと自由に作りたくなっちゃいまして、寄せ集めのパンターを作ります。
 
折角だからゲペックカステン改造。

バッテンのリブを削り落として、肩のへこんだ部分をプラ板で埋めます。
 

じゃ~ん!
バラトン湖で撃破された車両などに見られる後ろ開きのゲペックカステンを自作しました。

左側は通常タイプです。
なんだかこれが一番楽しくなっちゃいそうです。
 

パンター祭りは続く!

◆パンター祭り、まだまだ続きますよ~
今日はこちらのキットです。

皆さんご存知タミヤのG型です。
さぁ~張り切っていきましょう!
 
溶接跡が省略されてますので追加しましょう。

はい。こんな感じで。最新のD型にはありましたが、この頃は追加工作がお約束でしたね。
 
続いて…

装甲版に表情がないので、圧延材のように荒らしましょう。
ルーターでランダムにキズをつけます。昭和の技ですね。
ちょっと大げさですが、完成するとこのくらい派手なほうがいいアクセントになるはず…かな? 
 
このまま作ろうと思ったんですが、、、、今日はさらに次のキットに行っちゃいます。

ドラのA型です。
こいつにはツェンメリットコーティングがマストなんですね。
先日のお品書きのラストのメニューだったんですが、ちょっとコーティングだけ先行します。
 
最近のコーティングは、エポキシパテでローラーでスタンプが主流ですね。
私もこのキットのために、エポパテ買ってカステンのローラーまで買ったんですが、
パンターは側面のOVMラックが独特で、マスキングが必要なので、昔ながらのポリエステルパテをコーティングブレードで刻んでいく方法にしました。

OVMラック部分をマスキング。
 

コーティングは久々なのでボロボロですね(^_^;)
…久々のコーティングなんですが、なんか変な感じ、もっと硬化は早かったような気が…とりあえず砲塔以外終わったんですが、最初にコーティングかけたところが、まだ硬化していません。1時間前と同じ固さで、まだコーティングの修正が出来ちゃいます。
 
・・・パテが死んでる・・・
あわてて新しいエポパテを買ってきました~

今は黄色なんですね。
 
なんだか面倒ですが、固まらないパテをはがしましょう。
きれいにはがせるのかな?
 
 

簡単にきれいにはがせました。何しろ全く固まってないので、ただクリームを落とすような物でした。硬化剤が死んでたのかな?
 

はい。2度手間になりましたが、コーティング完了です。
 
2度もやったので、最初よりうまく出来たのと、
強烈な臭いが残りました(^_^;)

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2015-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>