FC2ブログ

TarotG3のブログ

M10偽装パンター 製作その2

◆日に日に秋めいてきますね。
 
パンター祭り第2弾の、ドラのM10偽装パンターの製作です。
 

砲塔から始めたので、今日は車体の製作です。
しっかし、このトーションバーの再現!組むときの自己満足でしかないんですが・・
まぁ構造のお勉強にはなりますね。
 

車体上部も、OVMとかつけないので進行は早いです。
とりあえず砲塔も載せてみましょう。まだパンターですね。
 

トラベリングロック、M10らしいのが付いています。ちゃんと機能するのかは不明?乗っけるだけ?

前面のお化粧です。
 

ドラのワナに掛かりました。前面機銃付けたらその部分の蓋がつけられませんので銃身は取りました。
 
さてさて

側面にフェンダーも付けました。砲塔の偽装も付けて見ましょう。
だいぶ変装してきましたね~
 
M10です。

似てますか~??M10は砲塔が前よりですね。大砲がパンターのほうが長いな~
 
このタミヤのM10は、中学生の頃に作った物です。実家に有るので並べては撮れません。
そのうちアカデミーのM10作ったら並べてみます。
でも、アカデミーのM10は、本物に似ていないそうですね(^_^;)
 
 
スポンサーサイト



タミヤ パンサーD型 製作その9

◆今日、日中は暑かったですね。
パンサーD型ウエザリングなどすすめました。
 

昨日とあんまり変わっていませんね(^_^;)
 

新鋭戦車なのでそれほど使用感はつけませんでした。
右側のワイヤーはフロントのシャックルに掛けました。
 
フィギュアです。

タミヤお得意の、3Dスキャナーのフィギュアーです。砲塔に身を寄せるフィギュアのポーズが秀逸ですね。


双眼鏡も持たせましょう。
残すはフィギュアの仕上げですね。
 
 

タミヤ パンサーD型 製作 その8

◆朝方は曇っておりましたが、昼前頃から日が差してきたので、パンサーにつや消しクリアーを掛けました。
本当は1日くらい乾燥させたいところですが、待つ事が出来ない私は、ウエザリング工程へと進むのでありました。
 

パステルをアクリル溶剤で溶いて泥汚れをつけましたが、弱いのでさらに上からタミヤのテクスチュアーペイントを盛り付け気味に塗りました。
※充分乾燥していなかったのか、一部アクリル溶剤で下地が出ちゃいました。(^_^;)
待つのも大事ですね・・・
 

履帯も同様に泥んこにしていきます。はめ込み式しかもABS樹脂なので結構無茶してもカステンのようにはバラけません。
 

とりあえず泥んこ遊び終了!お買い物に出かけてる間に乾燥させましょう。
 
途中かなり飛ばしましたが、履帯を取り付けたので、ここでシュルツェンステーを取り付けました。

金属ならではの薄さがいいですね!問題はシュルツェンがつけられるかです。
 

おっ!かなりいい感じで全部付きました。

多少よたってるところがありますが、間引くので問題ないでしょう。
 

右側はこれくらいかな。
 

左はこうかな?
ちなみにシュルツェンは、ボイジャーモデル(だったかな)のドラゴン用でしたが、タミヤでも合うようです。
 
明日からはウエザリング第二ステージです。
おっとフィギュアも作らないと!
 

快挙!? 人間辛抱だ!

◆今日は会社帰りに、秋葉原はラジオ会館にいきました。
1時間ほど滞在、6階と8階を行ったり来たり・・・・
当初のお目当ての物はなかったんですが、そんなところに給料日に行ってしまった日には、福澤諭吉さんが旅立ってもなんら不思議のないことです。
 
と・こ・ろ・が・
 
何も買いませんでした。1円たりとも使わずに、ただ電車賃を330円使いました。
Ⅳ号J型指揮戦車とⅣ号H型後期 が欲しくなったんですが、二つ買ったら
なんと12000円超~~~~
しかもⅣ号H型なんて再販で昔は税込みでも3800円くらいだったキットが、
DS履帯になってコストダウンしたはずなのに約2倍。
う~~~ん・・だせねぇ~だせねぇ~そんなにだせね~ぜ。踵を返しエスカレーターを降りました。
電車賃がもったいなかった、と思いながら雨の秋葉を駅に向かうと、
そんな私にご褒美か、こんなものをもらいました。

モンスターエナジー"ウルトラ"! 新商品でしょうか?白いのは初めて見ました。
買えば240円くらいなのでラッキーでした。
 
グッと我慢で家に着くとこんな物が来ていました。
 

じゃ~ん!駿河屋の箱~。
ブロ友のTFマンリーコさんのブログで「駿河屋」の存在を知りまして、
シルバーウイーク前に何気なく見たら欲しかったキットが中古で出ていたんです。
しかもなんだか1000円以上だったかで送料無料キャンペーン中だったので、迷わずポチしました。
確かに迷惑なくらいデカイ箱ですね~しかも時間の掛かったこと。
中は何かといいますと・・・

デカイ箱にポツンと入りますのは、ドラゴンのJS-2初期型。
ヤフオクでも地味にずーっと狙ってたんですが結構な高値が付くことが多くて買えていませんでした。実はもう一つ似たのを持ってるんですが、
それはこちら↓

JS-1とJS-2の2in1なのでどっちかしかつくれないので、もう一つ欲しかったんです。
というわけで今日はキットは買いませんでしたが、キットが一つ届きました。

タミヤ パンサーD型 製作その7

◆永遠とも思えた、シルバーウイークも今日でおしまい…
 
タミヤのパンサーの塗装でシルバーウイークを終わらせましょう。

 毎度おなじみのガッシュ塗装です。途中経過もなく終わり!
 
塗装後の追加工作。

からっぽのキューポラに、ペリスコープを入れました。
今回もまた。先日仕分けしたティーガーⅠの不要部品を加工して取り付けました。
開口が大きいのでこれがあるとなしではずいぶん違いますよ。
 
デカール貼りのためにツヤありクリアーも昼間に吹いて、先ほどデカールも張り終わりました。

マーキングは第39戦車連帯745号車、同432号車。GD師団の445号車の3種類。
GD師団以外は、写真のようにターレットNoがピストルポートや、ハッチに干渉します。
貼るのが大変そうなので避けたいところですが、このデカイ番号と豹(だよね?)のマークが貼りたくてこれにしました。
反対側

無事貼ることが出来ました。なかなか丈夫なデカールです。と言っても厚いわけではなさそうです。
ピストルポートに掛かる部分は、わざと位置をずらして貼りました。
 
全体像


戦闘を潜り抜けたようにしたかったので、フロントフェンダーの延長部分は付けないことにしました。
でもこの745号車、鹵獲されちゃうんですよね~。
 
 

パンテル(パンター)祭り第二段!

◆シルバーウイークとは模型週間と見つけたり…(^_^;)
 
パンDもサフ掛け終了しまして、本塗装を待つばかりになりました。

細かいディティールが浮かび上がってきて、なんだかとってもいいですよ♪
 
さて、ここでいつもの悪いクセ。次のキットに手を付けました。
パンテル祭り第二段、こいつはなんだ?
 

ほとんどの方は分かりますね。
ドラのG型ですよね。今日はテンション上げるために砲塔から組んでみました。
 
・・・

なんかちょっと変?防楯に吊り下げフック?
 

これはっ!?
 
これかな?

レオパルド1A5!? これの防楯がついている? わけないですね。
 
 
正解はこちら

M10偽装パンター
箱に書いてある「ERSATZ」って辞書で調べたら「代わり」だそうです。
M10の代わり… そういうこと?
 
砲塔から組んでいったら悲しい事実が・・・
 

砲塔のM10もどきの囲いのパーツが、超変形!!
一体成型なのでかなりまずい状態です。
タ○タ○ムは、箱が開けられないから、事前チェックが出来ないんですよね~
言えばあけてくれるらしいんですが…
 
デジカメ電池切れで途中画像はありませんが、

どうにか矯正しました。ねじれてる側を切断して矯正、そのあとくっつけなおしました。
 
こんな感じ

車体はタミヤのD型です。

タミヤ パンサーD型 製作その6

◆今日も秋晴れのいい天気ですね。
8輪装甲車が片付いたので、パンサー1本で行きましょう。
 
パンサーD型にはスモークディスチャージャーが砲塔に付いています。
キットは発煙弾を入れる筒の穴が浅く、筒の肉厚も厚いので、最初は加工していたんですが、6個同じ加工するのが面倒なので、ドラゴンの物を使うことにしました。
 

先日仕分けした不要部品達、いつ使うんだろうと思って分けていましたが、こんなに早くそのときがやってきました。これはポルシェティーガーかティーガーⅠ初期の物です。右がオリジナル、左は「アハパン」のイラストを参考にボルトを移動させ、元あったところには穴をあけます。
 

後ろ側にはコードをデッチアップ。本物はもっと細いし、極小チェーンもありますが、これでよしとしましょう。
 
続きまして、ちょっと間が飛んでますが、

後部の予備履帯部分です。予備履帯の止めピンを付ける都合上、履帯は塗装前につけておかないとなりません。陰になる部分と履帯は黒サフで塗っておきました。
0.3ミリの金属線をL字に曲げて接着、端部にエッチングのクサリをそれなりにつけました。肉眼ではもう判別不能!多少おかしなところは目をつぶってください。
 

チマチマいじりだしたもんですからなかなか進みませんが、やっと組み立てる作業はほぼ終わりました。シュルツェン架は、作業中に取れそうなので最後につけることにします

sd.kfz.234/1&234/2

2両同時製作したsdkfz234/1と234/2
アップデートされたとはいえ、基本は前世紀のタミヤ/イタレリと、最新21世紀のドラゴンのキットを同時に作りました。

 

 

 


 
◆さすがに細かいところはドラゴンの圧勝ですが、完成したら四半世紀の差をそれほど感じさせません。まぁ実物を目の前で見たら違いは分かりそうですが…
逆にアップデートしたジェリカン周りは、ドラゴンを凌ぐ出来なので、その部分はドラゴンのほうも手を入れざるをえませんでした。
同時に作ることでお互いのディティールの精度を上げることが可能でした。
リーズナブルで組み立ても簡単なイタレリ、内部も精密に再現されクラッペは開閉可能だったり、実車へのこだわりのドラゴンか、作る側が選べばいいですね。
 
 

【完成】sd.kfz.234/1 & DKW NZ350


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 
◆sd.kfz.234/1 タミヤ/イタレリ
イタレリの名作キットに、新しくジェリカンと、エッチングのジェリカン止め具、メッシュのハッチなどでアップデート、タミヤ製のフィギュアとバイクをセットした物です。
ジェリカン廻りを新しくしただけでも、充分通用するこのキット、基本設計の高さがうかがえます。ただしアップデートされたジェリカンもちょっとイマイチでしたので、タミヤのものと変えています。
車体前面に溶接跡を追加、OVMはドラゴンの不要部品を使っています。
これだけでもグッと精密感が増すようです。
フィギュアはキングタイガー用のものですが、純正のように(多少合わない)フィットします。
 
バイクはDKW社の2サイクル350ccらしいです。ブレーキワイヤーなど追加しています。スポークがちょっときついですね~。
 
 

【完成】sd.kfz.234/2 "Puma"


 

 

 



 

◆sd.kfz.234/2 Puma ドラゴン
 
ドラゴンの8輪重装甲車の中では古いキットの部類に入る、プーマです。
この車両を最初に知ったのは、望月三起也先生の『ワイルドセブン』という漫画の「緑の墓」という話の中でした。日本国内の話なんですが、プーマは出てくるは、ヴェスペは水攻めされるは、AFVマニアには楽しい話です。
 
ステアリングを切った状態に簡単な加工で出来るので再現しました。
ジェリカンの止め具は、余りもののエッチングや鉛板でディティールを追加しました。右前の2輪はパックワーゲンに付いていたタイヤを仕様しています。
 
塗装はいつものようにガッシュで行い、余り汚しはせずに完成としました。
スマートでカッコいいです。
 

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2015-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>