FC2ブログ

TarotG3のブログ

本年最後のⅢ号戦車!

◆大晦日なんですが、大(微)掃除も終わったので、ちょっと模型を作っちゃいました。
 

 
Ⅲ号G型 潜水仕様 です。
丸穴の起動輪と誘導輪のⅢ号が作りたかったんです。
イギリス本土上陸”あしか作戦”用に、潜水機能を施された戦車です。
キットにはシュノーケルなどの、実際に潜る装備はありません。
防水カバー用のステーなど、特殊な装備が付いています。
 

↑潜水用の防水のジャバラカバー付のダンパーです。
↓普通はこっち。

 
 

 
組説のトーションバーの指示番号が違っています。Ⅲ号シリーズは、毎回ここで罠にかかっていましたが、今回はやっとちゃんと一発で組めました。
 
丁度きりもいいので、この辺で模型納めにします。
 
★さて、今年もあと数時間で終わろうとしております。
当ブログにお越しいただいた、すべての方に感謝いたします。
質より量で今年一年、突っ走っていきました。来年も似たりよったりだと思いますが、よろしくお願いいたします。
それでは良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト



sd.kfz251/21"ドリリング"製作再開(その4)

◆ラングも塗装工程となって、ついメッサーシュミットとかを組み始めましたが、なんかやり掛けがあったような… あっドリリング!
ということで、年内凍結のドリリングを再開しました。
 
まずは、マジックトラックならず、イージートラックの組み立て。

 
割り箸治具で組んでいきます。これってうまくやると可動になるのでしょうか?そんな気はさらさらないので、接着していきます。
 

 
小さくて面倒でしたが、戦車ほど駒数がないのでけっこう早く終わりました。  ここまでが昨日の夜のこと…
 
今日は問題の弾帯を加工しました。

弾をちょん切って鉛板に接着していきます。きりっぱなしで未処理です。
(^_^;)

汚いですが何とか3本完成。これでねじって装着も可能でしょう…きっと?
 
そしてこのキットのメインともいえる3連装の15ミリ機関銃ですね。
ドリリングってドイツ語で「三つ子」という意味です。ドリルかと思ってました。
 

フラッシュバイザー?両サイドの竹やり風のはアルミ管を斜めに切らないとなりませんでした。
最初は塗装のことを考えて機関銃は接着していなかったんですが、はずした状態だと、一向に組み立てが進まないのでくっつけました。
後の塗装がきっと大変だと思いますが(^_^;)
 
そしてドラゴン最大の罠に見事にはまりました(>_<)

 
3連装の機銃の台座にはでっぱりがあって、それを床の穴に合わせて接着なんですが、穴がありません。(^_^;)ネットで調べてたら、「床を取り付ける前に床の裏の目印から穴を開ける」という指示が、まるっきり抜けてるそうです。。
 
なんとなく穴のありそうなところが見えるんですが、周りの部品との兼ね合いを見ながら取り付けることにします。
 
細かいけどとてもよく再現されてるキットです。少々やりすぎですが。
今年はここまでかな・・・・?

タミヤ ラング 製作その3 プラスBf

◆もういくつ寝るとお正月ですね~。
でも明日会社行かないと~(>_<)
正月休みは何かと模型どころじゃないので、出来るときにさっさと作っちゃいましょう!
タミヤのラングですね。

昨日はハッチのアーム部分、キットのまま組んじゃったんですが、やっぱりちょっと目立つところでもあるので、得意のギターの弦でバネを再現しましました。

 
本体の組み立ては終了しました。続いてフィギュアです。

パーティングのあたりのぬるくなったディティールを彫り起こします。
「ラインチゼル」を買えない私は、デザインカッターの反対側を使ってラインを入れます。これを「プアマンズ ラインチゼル」と呼びます。(^^)

途中の写真がありませんが、フィギュアもできて、手抜きの為の黒サフを塗りました。黒立ち上げで塗装しますよ~。
 
時間も中途半端に余ったので、次行っちゃいましょう!

エデュアルドロイヤルクラスの使わないデカール用に、450円で買ったフジミのメッサーシュミットです。
箱絵とおんなじハンガリー軍仕様にします。
エデュアルドのデカールだとこれになります↓

 
さっさと作っちゃいましょう

このフジミのキットは、G型からK型(たぶん)までカバーしようとしたため、そのまま作るとK型風パネルラインのG型が出来ます。そのまま作っちゃいますけど。。パネルラインもあっちこっち埋めろって指示がいっぱい出てきます。
面倒なので無視(^_^;)、ロケットランチャー用の穴だけは、伸ばしランナーで埋めます。

もう出来ちゃいましたね(^_^;)手抜きのなせる業です。。

タミヤⅣ号駆逐戦車 ラング 製作その2

◆なぜか月曜まで仕事があるので、年末な気がしません(^_^;)
それはともかく、タミヤのラングを作ります。
 

 
ジャッキですね~。組み立てがサクサク行くので、ちょっといじります。
 

真鍮線に作り変えました。
 

 
ザウコフに刻印入れてみました。ランナーの数字をそぎ落としたものです。
 

 
キットの部品だけですと、内部はここまでおしまいです。
私はアルミ砲身と砲尾が付いた、ディティールアップパーツを組み込みます。
 

 
このアルミ砲身セットを使うと、フィギュアが乗せられない。みたいに書いてあったんですが、ご覧のとおり砲の振り幅が限られるだけで付くことが判りました。ナースホルン同様ポリキャップを使用して、スムースに砲が上下左右に動きます。動きがとても気持ちいいです(^_^)
 

 
砲尾部分を塗装しておきました。
 

ハッチ類は開けておくので、内側の突き出し跡はシアノンで埋めます。
シュルツェン架を何個かはずした状態にしています。
今日はここまでです。
年内でどこまで組めるでしょう?

2014年模型総決算その2(下半期)

◆昨日に引き続き今年の完成品下半期の紹介です。
7月

▲20・タミヤ ティーガーⅠ極初期型
35サイズでは初めてアフリカの虎を作りました。ドラゴンの余り部品でアップデートしています。。

▲21・タミヤシュビムワーゲン
新しいシュビムはこれが初になります。初代から好きなソフトスキンです。

▲22・ドラゴン ティーガーⅠ中期型
初期、中期型の特徴の複雑な転輪で、鉄道輸送時の姿をぜひ作りたくなって製作しました。転輪はモデルカステンの初期型転輪セットを使っています。
フィギュアはタミヤのタイガーエースです。

▲23・トランペッター ドイツ軍用大型平台貨車シムス80
どうせ鉄道輸送時のティーガーを作るなら、やっぱり貨車に載せないと実感がわきません。かなり探して何とかゲットしました。
シュビムと虎を乗せました。

▲24・ドラゴン 戦車猟兵 1/16
16フィギュア3作目です。標準の軍服姿もいいですね。
8月

▲25・タミヤ 25ポンド砲&クォードガントラクター
トラクター単体は作ったことがありますが、このキットは初めてです。
判りにくいですが、ダークグリーンにミッキーマウスパターンの迷彩で作りました。

▲26・エデュアルド Bf109E-7 trop
エンジン付きなので見せました。キャノピーオープンも初めてです。
砂漠用の迷彩がけっこう好きになりました。

▲27・ドラゴンⅣ号突撃砲最終型
最新の情報で再現された特徴あるシュルツェンが面白い。
マスキングシートによる、光と影迷彩を試して見ました。

▲28・ドラゴンⅢ号突撃砲後期型 
今年はⅢ突はこれだけでした。エンジンデッキに荷物を満載(半載)しました。
9月

▲29・フジミBf109G-6
ドイツ機では珍しい、塗装を落としたシルバーの機体。パネルごとにシルバーの色を変えて塗装しました。

▲30・MarkⅣB ヴァルカンモデルズ
箱絵に一目ぼれで買ったキット。アンバランスなスタイルが魅力。マチルダ以来の砂漠用の塗装に挑戦しました。

▲31・ドラゴンM3A1ハーフトラック
しばらく放置していたキットを完成させました。せっかくのオープンなので、タミヤのキットのフィギュアを載せました。フィギュアが絡むといいですね!
10月

▲32・ファインモールド 61式戦車
ファインモールド最新のキット。大変組みやすく雰囲気もいいキットです。

▲33・ドラゴン フィルディナンド
653大隊の塗装を始めてやってみました。

▲34・ドラゴン ポルシェティーガー
初のP虎です。一度は抑えておきたい戦車でした。フィギュアはミニアート製。
11月

▲35・タミヤ ピンクパンサー
ピンクの成型色が白サフで消せずに、逆にその風合いを退色したピンクに見立てて完成させました。

▲36・タミヤ M4A3E8シャーマン イージーエイト
タミヤ印のアスカ製のキット。イエサブのフューリーコンに参加した作品です。
ガッシュノンクリアーで仕上げました。

▲37・ドラゴンⅣ号H型後期
ドラのキットにタミヤのコーティングシートを貼っています。
インテリアも、トランペッターのものを組み込んでいます。
フィギュアはドラゴン製で、大変出来の良いフィギュアです。
めずらしく情景にしてみました。お花がいいアクセントになってますか?

▲38・タミヤ シトロエンスタッフカー
ジャーマングレーにダークイエローの迷彩をやって見たかったんです。
ちょっと薄汚れすぎな仕上がりになりました。
12月

▲39・イタレリ ダッジ"BEEP"
長期放置品を完成させました。
手を入れてあげれば、なかなかいい仕上がりになるキットです。

▲40・タミヤ sd.kfz251/1 グランドスツーカ
余り好きではなかった車両ですが、完成したら好きになりました。
表情豊かなフィギュアも魅力です。

▲41・エデュアルド Bf109G-2
先日完成したばかりですね。初めてアンテナ線を付けました。
細かいコクピットに心が折れましたが、何とか年内完成できました。
 
以上、計41点。そのうち飛行機が8機は思ったより作っていました。
意外とソフトスキンも作りました。それとなるべくフィギュアを組み合わせるように今年はしてみました。やっぱりフィギュアがあると、戦車も生きてきますね。
 
来年はじっくりと行きたいところですが、ブログをはじめてから製作スピードが倍増したようです。すでに積みプラが40個以上あるので、賞味期限前に作りたいところですね~。それではこのへんで(^^)
 

2014年模型総決算その1

クリスマスイヴでございますが
今年一年の製作完了の模型たちを紹介します。
 
1月から

 
▲1・造形村 震電
完成すると見えなくなっちゃう内部の作りこみは結構楽しかったです。
 

 
▲2・ブロンコ Ⅰ号戦車F型
こいつも完成すると見えなくなっちゃう内部の作りこみが、ちょっと苦でした。
1号と名の付く戦車はこれが初製作です。
2月

▲3・ドラゴン ティーガーⅠ中期型
予備履帯を砲塔に巻いた、虎Ⅰを初めて作りました。ちょっと暗くなりすぎました。

▲4・タミヤ スターリンJsⅢ
シンプルな構造であっという間に完成しました。低いシルエットはロシア戦車の基本ですね。
3月

▲5・ドラゴン ティーガーⅡ"バトル オブ ザ バルジ"
史実とおんなじフィギュアが8体セットのキット。フィギュアの迷彩服が面倒でした。出来はイマイチです。

▲6・タミヤ ストームタイガー
前面増加装甲・コーティングなし・後部に予備履帯 の仕様で作りました。

▲7・CMK+タミヤ ベルゲタイガーⅠ型 
途中で放置していたキットを完成させました。正面のフックなど新しい情報も取り入れて完成させました。

▲8・イタレリ+タミヤ ベンツL3000トラック&Flak38
昔買ったキットをやっと完成させました。ショーモデリングのタイヤも使っています。
4月

▲9・ファインモールド 97式中戦車
初ファインモールドのキットです。組み立てやすくていいキットですね。
履帯はヴィジョンモデルズという連結式です。

▲10・タミヤ ナースホルン
苦手だった冬季迷彩も怪我の功名で何とかそれらしく出来ました。
5月

▲11・ドラゴン マーダーⅡ
石炭泥棒のマーキングは、抑えておきたいですね。最終版のアップデートされたキットなので再現性も高いです。

▲12・ハセガワ Bf109G-6
派手なマーキングが好みです。

▲13・ハセガワ Bf109K-4
初めてのK型、なんだかポップな色合いになりました。

▲14・ドラゴン 降下猟兵1/16
16サイズのフィギュアを始めてみました。このサイズなら見えないって事がありません。

▲15・タミヤ Fw190D-9
長鼻のドーラです。デカールはエデュアルドのものを使っています。

▲16・ホビーボス Ta152C-11
一度作って見たかった飛行機です。ドーラよりいっそう長鼻が際立ちます。

▲17・トランペッターKV-2
AM誌トラペコンように作った情景です。ズベズダやタミヤの部品も使っています。履帯はカステンです。
6月

▲18・ドラゴン M48A3パットン
大戦後戦車は今世紀初めて作りました。バニーマークが入れたくて作りました。

▲19・ドラゴン ミハエル・ビットマン1/16
16フィギュア第2弾。ズボンをイタリア軍生地の迷彩にして見ました。
 
以上2014年上半期の完成品です。
飛行機や16フィギュアなど、あっちこっち手を出しました。虎Ⅰのバリエーションも多いですね。
2014年下半期に続く…
 

【完成】Bf109G-2 trop


 

 

 

 

 

 

 

 

 
◆Bf109G-2 trop Oblt.WernerSchroer JgG27 November ,1942
 エデュアルド1/48
 
今年8月に買ったエデュアルドロイヤルクラス、
G-2,G-4,G-6,G-14 のいずれか2機を作れ、デカールは16機分入ったまさにロイヤルクラスなキットです。
途中で集中力が切れて放置していましたが、やっと完成しました。
エデュアルド最新のキットだけあって、部品の合いは全く問題ありません。
布製のシートベルトには手を焼きましたが、質感は最高ですね。
今回E7に続いてアフリカ仕様の塗装をしました。サンディーブラウンはすべて筆塗りで、上からダークグリーンをブラシで塗装しています。クリアーを吹いた後に、クレオスのウエザリングカラー「グランドブラウンをさらに薄めてウオッシングして完成としています。
今回初めてアンテナ線を張ってみました。真鍮線でいいかなと思ったら、0.3ミリでも太すぎでした。
テグスを使うのが一般的なようですが、買いに行くのが面倒なので、履帯のランナーを伸ばして作りました。初めてにしては、なかなかいい具合の出来たと思います。
今年最後の完成品かな・

Bf109G-2ロイヤルクラス&ラング

◆なんだかんだ今年もあと10日あまりとなりました。
最後の悪あがき?で模型作ってます。
 
急にやる気になったBf109G-2塗装開始です。
 

 
機体上面と翼にサンディーブラウンを調合して、で塗りました。
写真ではカーキ色みたいですが、実際はもう少し赤っぽいです。
何で塗りかというと、マスキングが面倒・エアブラシの手入れが面倒…ガッシュは1色ごとに分解掃除が必須なんです。
とにかく面倒くさがり屋なんです。
 
続いて迷彩です。
 

 
さすがにこれは筆塗りって訳には行きませんので、ブラシで塗っています。
この後クリアー吹いたんで、デカール貼りに移ります。
 
そして午後になって製作中のドリリングを作ろうと思ったんですが、
履帯の組み立てとか、どうしていいのか判らない弾帯の処理など、気が滅入りそうなので、sd.kfz251/21"DORILLINNG"の年内凍結に決定しました。
 
そこでラクに楽しく作れそうなこいつを新規ではじめて見ます。
 

 

 
メタル砲身セット~こいつを付けると、フィギュアが乗らないそうです…
何とか両立してみたいです。
 
早速組み立てます。
 

 
車体下部完成。ここまで90分ほど、さすがサクサク作れます。
上下分割が1/24のカーモデルのようにポリキャップで脱着が簡単に出来るそうです。でも隙間が出るので接着します。

 
左側のフェンダーは取れた状態にしてみます。片方のヒンジは根元から取っちゃいます。
 

 
きゃ~なんてところに突き出しピンの跡が~ シアノンで埋めましょう。
 

 
OVMのクランプは中を空洞に加工しました。ちょっと毛羽立ってるので、あとできれいにしましょう。
 
今日はここで終了です。トータル5時間弱でここまで出来ました。
リアフェンダーなど、潔く一体化にしてるので簡単に組めます
各部品も気持ちよく収まって、ラクチンですよ~。

積みプラにはしません。。

◆よい子でお留守番をしていたら、表にそりがやってくる音がして、サンタさんがやってきました。猫のマークをつけてひげは生えていませんが、きっとサンタさんでしょう。プレゼントをもらうと、はんこーくださいって 
変なサンタ?
ではなく、頼んでいたブツがやってきたんです。
ジャ~ン!!

 
ピットロード ロシア203mm榴弾砲 エッチング付限定版です。
TFマンリーコさん~思いっきり影響されちゃいました~

 
上の金色のエッチングが標準品、下の銀色のが、限定版のエッチング。
特にエッチングはいらなかったんですが、こっちのほうが安かったんで、
使う意味がありそうなところには使って見ましょう。
 

 
付属のフィギュアもなかなか雰囲気があってよさそうです。
もちろんRBモデルのアルミ砲身も買ってあります。(^^)
 
★そして予定よりも早く、ビッグプレゼントがもう一個ありました。
昨日ブログに書いた、ドラのビットマンタイガーですね。

 

 
フィギュアは、パケ画のようにばらばらに立てるのかと思いましたら、肩を組んでるポーズでした。
そこで思い出したのが、平野義高氏のフィギュアたち。
早速AM誌創刊号の表紙と今回のフィギュアのツーショットです。
 
このティーガーのキットは、ビットマンの搭乗車のS04号のデカールしか入っていません。選択肢としては、冬季迷彩か、その前のイタリア時の三色迷彩の2択です。
いつの頃からかこのS04号のターレットナンバーは白枠の袋文字ってなったんでしょうね?確かにイタリア時代の写真は白枠で中は下地の迷彩が入っています。
       ↓こちらの写真ですね。

 
確かに文字の中も迷彩が入っています。
下は冬季迷彩時代のもの
 

 
さらに拡大
 

 
な~んか他の色が入っているようにも思えるんですよね??
 
ノルマンディーの時も第3中隊は最初白文字で、その後中を青で塗った例もあるように、赤とか入ってるんじゃないかな~って。
単に色が付いてるほうが 塗装しやすいのと、模型的な見栄えがいいので相願いたいんですがね・・・
 
しかも、完全に再現しようとすると、今回とっても出来の良い、履帯交換用のワイヤーは付けられないし、左の牽引ワイヤーはT34のものが使われてるし。
私が大好きな前面のでっかいスコップもはずさないとなりません…う~ん悩ましいい限りです。
 

”ビットマン ティーガー” 発売だ~

◆12月30日頃だと思ってたら、意外に早いクリスマスプレゼント~。
ドラゴンさん、最近高いだの、いい加減な組説書くなとか文句ばかり言ってごめんなさい。こういうのは、大歓迎です。
まだ手にはしていませんが(^_^;)

 

本物はこれ~…パケ画は騎士十字章の二人が前面に出てきてますね。
 
私も昔作りました~

 

 


 
アカデミー+タミヤ製。この頃はターレットナンバーが、赤だ、青だの諸説ありましたが、正解は何だったんでしょうか?また指揮車両の実態も良くわかってなかったので、普通の仕様になっちゃってます。同軸機銃付いちゃってるし~
久々にS04号車、フィギュアつきで燃えますね~。
 
 
 

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2014-12 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>