FC2ブログ

TarotG3のブログ

61式戦車 製作その2

◆ファインモールド新製品 61式戦車の製作です。
 
その前に100均でこれを買いました。
 

 
ダイヤモンドやすり ミニ3本セット と ピンバイス?1.0、1.5㎜2本セットです。これで216円って安!
やすりはエッチングなどもきれいに仕上げ出来ました。
ピンバイス(刃が固定のドリルですが・・)はちょっと切れ味よくない感じです。
 

 
マフラーガードなどの外装部品を付けて本体は完成しました。
 
つづいて砲塔に移ります。
 

 
防楯のカバーですね。
つなぎ目にラインが出ちゃうので、シアノンで埋めました。
 

 
なかなか合わせもいいですし、微妙なラインがよく出来ております。
 

 
車長ハッチのD12の部品が行方不明!!
仕方がないので自作しました。
 

白いのが自作部品です。
・・・・・・あれだけ探してなかったのに、この後発見しました。
何とランナーにまだ残っていました(^_^;)目が節穴だ~
 

 
あららもう組立終了です。 
 
余裕があるのでサフも吹いちゃうことにします。
 

全体を最近お気に入りのクレオスの黒いサフで塗りました。
ここまでで昨日と合わせて約10時間でサフ掛けまで終わっちゃいました。
 
『組立易くて部品点数もそれほど有りません』
プロポーションもいい感じです。(もっとも本物見たことないですが』
 
砲身がマズルブレーキまで一体の合わせ接着が、今時らしくありませんでした。
せめてマズルブレーキは別部品にした方が。合わせ目の処理が簡単になりそうです。
スポンサーサイト



61式戦車 製作その1

◆今日からファインモールドの新製品
日本の誇る自衛隊の61式戦車を作ります。
 

 
浅田次郎著 『勇気凛凛ルリの色』より
 
(トイレの)ドアに鍵が付いていないと誰かが質問した。
”ウム。よい質問だ。自衛隊には任務追行上に不必要なものはない。”
 
と言うことで、この戦車も無駄なものはないんでしょう。
 

 
転輪は4つのパーツにわかれています。
 

 
誘導輪の肉抜きは、部品を分割することで再現しています。
 

 
左側のサスペンションアームを取り付ける穴2か所がバリで穴が小さくなっています。穴を広げないとアームが差し込めないです。
 

 
部分一体式の履帯は組立も簡単です。ほとんどぴったりなので、各分割部分を隙間なく繋げておく必要があります。私は片側がちょっとたるんじゃいました。
 

 
ファインモールドのいいところ。エッチングの取り付けは裏側に爪があって、折り返すことで抜ける事がありません。接着も併用です。
 

 
そうこうしているうちに、車体がほぼ出来ちゃいました。
 

 
履帯は前回に続き、"ロコ組"にしました。部分一体式なので楽でした。
 
普段ドラゴンの不親切で間違いだらけの組立図を見なれているので、ファインモールドの組立図は親切すぎるくらいです。情報が多すぎてかえって見落としちゃったりしますので、じっくりよく読まないといけませんね。
 
新製品ではありますが、エッジなどにバリなどがところどころありますので、丁寧に落としてあげる必要があります。また部品の接着面に突き出しピンの跡が出っ張ってたりもするので、削り落とさないと隙間が出たり傾いて取りついたりします。まあそれはどのメーカーでも同じことなので、大きな問題は全くありません。ここまで4時間弱くらいで手こずることなくできました。さすがファインモールドですね。

【完成】M3A1ハーフトラック



 

 

 

 

 

 

 

 

 
◆M3A1ハーフトラック ドラゴン+タミヤフィギュア
 
長いこと途中で放置していたキットを完成させました。
キットには運転手しか(付いているだけでも驚きですが)付いていませんでしたので、タミヤのキットの乗員を連れてきました。運転手もタミヤ製に交代しています。ラックなどのシートや毛布などもタミヤのキットの物です。
ドラゴンのこのキットは、大変組みやすく問題個所も無くとてもいい出来だと思います。タミヤのフィギュアはふた時代も前の物ですが、PLのバリが大きいくらいで、大変モールドもシャープでいい出来です。確かこのフィギュアだけのセットも昔は販売していたと思いますが、今では見ないですね。
情景にしなくてもフィギュアが絡むと模型も生きてきます。
 

トンプソン


 

 
1/1組立式エアガンです。
大昔に作りました。
セレクタースイッチが紛失しています。全部プラですが、金属と木の表現はどうでしょう?

M3ハーフトラック フィギュア製作

◆今日も秋晴れのいい天気でした。
 
8体もある、M3ハーフトラック用のフィギュア達の塗装です。
私はアクリルガッシュで、ほとんどの塗装をしています。
ガッシュの魅力は、完全マットな艶消しと、発色の良さです。
欠点は、乾燥が早い、エアブラシが詰まる、塗膜が弱いなどです。
 
今日はこの乾燥の早さを逆手に取った使い方をお見せします。
 

 
胴体と腕の付け根に大きな隙間があいてしまいました。
普通はパテ埋めしないとならないところですが、
 

 
ほとんど水を混ぜていないガッシュを隙間に詰め込みながら塗装もしちゃいます。
 

 
2~3度繰り返せば隙間が埋まります。しかも結構早く固まってヒケもありません。小さい隙間ならば1度くらいで埋まっちゃいます。
 

 
皆さん集合写真です。

Ⅳ号H型・M3ハーフトラックのフィギュア達など製作中

◆秋晴れの一日でした、日中は暑かったですね。
湿度も無くカラッとしてるんで、塗装がよく乾きます(^^)
 
今日もⅣ号の情景に使うフィギュアの塗装です。
 

 
▲タミヤの階級章デカール使いました。乾燥させたらクリアーでデカール保護します。
 

 
取りあえずこんな感じでレイアウト予定です。
 
**************************************
 
つづいてM3ハーフトラックに乗せるフィギュアの塗装も始めました。
 

 
8人と、大所帯なので半日でここまでです。
何やら後ろに黒い塊が有りますが、いずれまた。
 
ここでトラックの方に問題が、
 

自重変形が表現されたタイヤが、天地逆にくっついちゃいました。
ドラゴンのトラップか、組み間違えなのかはわかりません・・・
位置決めの出っ張りを削って反転させました。
 
そしてパンサーを買っちゃいました・・・・・
でもこのパンサーは、ちょっと一味もふた味も、国籍も違いますよ~
 

 
ランドローバー 『ピンクパンサー』です♫
 

発売当時作りましたが、こんなにピンクの成形色でしたっけ!!開けてちょっとびっくりしました。
以前作った時は、硬派?だったので、ヨーロッパ仕様と言うことでダークグリーンで塗ったのを思い出しました。今度は思いっきりピンクで行かせていただきます。

Ⅳ号H型製作その6

◆いろいろ中途半端に手を広げているので作業がはかどりません。
今日はⅣ号H型と組み合わせる、フィギュアの塗装などしております。
まだ完成していませんが、戦車と組み合わせてみました。
 

 
ホントこのフィギュアはいいポーズをしています。
 


 
P38を持っている兵士以外、箱絵とおんなじポーズです。
 
 
 

エデュアルドBf109ロイヤルクラス スタート

◆朝晩冷え込みますね~、風邪などひかないようにしましょう。
 
さて、先日買ったプレミアムな エデュアルドのBf109Gロイヤルクラスを製作始めます。
G2/G4/G6/G14のどれか2機を作ることができます。
すごいのはG2を2機G14を2機とか、同じ種類でも作れるようになっています。そのため機体などは4機分入ってるんです。
 
まず1機目はこれを作る予定です。

 
G-2 trop です。
E型でアフリカ仕様を初めて作ったんですが、カラーリングが気にいったので、もう一丁アフリカ仕様を作りたくなりました。
 
それでもってコクピットから作ります。
 

 
シートベルトを布製(紙のような感じですが?)のベルトとエッチングの金具の組み合わせの方で作ってみました。
(別にエッチングオンリーの物もある)
シートベルトだけで、2時間以上かかりました(T_T)
柔らかいだけあって、それらしくは見えますね。
でも次はエッチングオンリーにしたいです・・・・
もっと進むはずでしたが、心がすでに折れ掛かっています・・・・
 
なんだか明日(今日)予約したポルシェティーガーが入りそうなんですよね。飛行機作ってる暇あるかな・・61式も買ったしね。
 

ニッポン人なら 61式でしょっ!!

◆今日は久々に秋葉原に行きました。目的は新ラジオ会館です。できてから初めて行きました。
イエローサブマリンとヴォークスが同じビルにあるのはいいですよね。
引っ越し前のイエサブはちょっと遠かったので足が遠のいていたんですが、これで両方上下移動だけで行くことができます。
 
そこで発売になったばかりの61式がありました。
イエサブは無塗装ですが完成品を展示しているので、そのできの良さがよくわかりました。しかもここのところ5000円超えのキットばかり見せられていたので、4000円を切る販売価格に涙が出そうになりました。
 

 
子供の頃どこのメーカーかは覚えていませんが一度くらい作ったことがあるだけです。いつかはしっかりと作りたいと思ってました。ファインモールドさん待っておりました。
 

 
砲塔の鋳肌も派手さはありませんが、上品に表現されています。
 

 
履帯は部分連結式です。
 

 
マーキングはどれにしようかな?全部いいな・・・
 
いやぁ~、両店舗とも品ぞろえがいいので、入った瞬間に頭の中が爆発して、現金がなくてもカードが有るじゃないか!と悪魔のささやきが聞こえもう少しで数万円分買うところでした・・・・
 

Ⅳ号H型その5、M3A2ハーフトラックその2

◆秋晴れのいい天気でした。湿度もなく快適な塗装日和で作業が進みました。
 

 
ロコ組にしたので若干普段より、作業がはかどったような、はかどらなかったような、微妙な感じでした。
 

 
 ロコ組は、履帯部分を塗るのが簡単ですが、組んで塗るよりも塗装する範囲が増えるので、時間的なメリットはなさそうです。
ただ全て組んでから塗ると、履帯とかに結構ダークイエローの飛沫が飛んできたなくなることがありますが、ロコ組はその心配がありませんね。
 

 
かなり飛ばして、デカールも貼り終えて、車両自体はほぼ完成です。
 
 
次にこれまたⅣ号と同様に、発作的に再開した、M3A2ハーフトラックを塗装しました。
 

 
ちょっと暗めのオリーブドラブで塗りました・・・これが間違いでした・・
 

 
デカールを貼る前に、ツヤありクリアーを塗るのですが、ご覧のように真っ暗になりました。ガッシュのグリーン系で塗った場合、クリアー塗装でかなり沈み込むのをわかってはいるんですが、ついつい作った時がベストな色合いで作って塗ってしまいました。車体内部はクリアーが掛かっていないので、よく見ると差がわかります。最後のウエザリングを明るめにしてどうにかしましょう。
 
このキットはドライバーしか付いていないので、さみしいので、
賑やかにしてみます
 

 
タミヤのキットから、兵隊をコンバートしてきます。
 

 
3人組んでみました、大体フィットしてくれます。タミヤの古いキットですが、なかなか良いフィギュアです。8人乗る予定です。

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2014-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>