FC2ブログ

TarotG3のブログ

97式中戦車製作その2

◆ファインモールドの97式戦車です。
サクサクと進んで、組み立ては終了しちゃいました。
 

 
マフラーカバーのエッチングの網がすぐれ物なんです。
曲げ治具が付いていて、さらに取り付けはフェンダーにあいている差し込みにエッチングのツメを差し込んで裏から曲げれば取り付け終了。接着していません。
こんなの初めてです。とっても楽チンでした。
 

 
はめ込み式の履帯は、ちょっとでもねじれると外れてしまうので、どんなに頑張っても巻くことができません。なので全部接着しちゃいました。
 
組立も終わったので、次はナースホルン行ってみようかと思ってます。
スポンサーサイト



メルセデス ベンツL3000 with Flak/38


 

 

 

 
◆メルセデス ベンツL3000トラック/イタレリ+Flak/38/タミヤ
昔買ってそのままにしていたキットを完成させました。
ついでに、組み立て後放置していた20ミリ機関砲も乗せてみました。
オペルブリッツよりノーズが短いのか、ベンツらしくない雰囲気です。
タイヤはショウモデリングのオペルブリッツ用のインジェクションタイヤを使用。
ブロ友さんから指摘いただいた、タイヤの合わせ目のできる溝は、伸ばしランナーで埋めました。
塗装はガッシュをブラシで吹いて、当初クリアーを掛けずに終わらせる予定でしたが、どうもざらつき感が出て仕上がりがイマイチでした。
これがノンクリアーです↓
 

なので、艶消しクリアーを吹いて再度仕上げました。
キットにも付いてなかったので気が付きませんでしたが、サイドミラーがないですね。まあ戦闘で取れちゃったということで付けていません。
たまには、ソフトスキンも目先が変わっていいですね。

タミヤ 重対戦車自走砲 ナースホルン

◆早速予約していた、タミヤのナースホルンを取りに行きました~♪
『重対戦車自走砲』って名前が強そうですよね~
じゃ~ん♪
 

 
なかなか面白いアングルの箱絵です。働くおじさんたちがせっせと汗を流しています。
 

 
装甲板とかも、なかなか薄く出来てるようです。
 
組説です。

 
工程が47もあります。タミヤにしては多いですね~流石オープントップです。
 
気になるフィギュアです。
 

 

 

 
服のしわがインジェクションキットとしては、かつてないほどの深く細かく再現されています・。レジンほどエッジが出ていませんが、かなりいい線行ってます。
 
さて、いつから始めましょうか?きっとタミヤだから組立もストレスなく行けるんでしょう。例のパステル水洗いの冬季迷彩にしましょうか。
いやいや楽しみですね。
 
行き掛けの駄賃?でこれも買っちゃいました~
グリレです。

ナスが出た!! 

◆模型屋さんから、予約していたタミヤのナースホルンが入荷したとの知らせが届きました。週末には、手にする事が出来そうです。
3Dスキャナーの、フィギャアーも楽しみ!!
タミヤのをわざわざ予約しなくてもとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、30%オフになるんですね~確か?ちがった?まっいいか。
 
こいつ↓は人生初のドラのナスです。

過去に一度しか作ってないとは、メジャーな車両なのに・・・

実験、冬季迷彩

◆トラペコンのKV-2の汚しで、怪我の功名ともいえる、パステル洗い?を冬季迷彩に応用してみます。

 
↑これがパステルをアクリル溶剤で溶いた泥汚れを、水で拭き取ったものです。
 

 
別のKV-2の砲塔で実験してみました。冬季迷彩がはがれてきた感じをねらって見たんですが、どうでしょう?もう少し凹凸のある戦車の方が良かったかな?

 
全部塗ったら効果がわかるかもしれないですね。もう遅いので今日はここまでです。

KV-2情景その6&etc.

◆今日はとってもいい天気で暖かい日でした。
トラペコン用のKV-2の情景のレイアウト変えてみました。
 

 
左の奥にいた二人を、右側に持ってきました。後ろ向きじゃおかしいかと思ってたんですが、みんなこっち向いてるのもかえっておかしいのでこうしてみました。
 

 
上から見るとこんな感じです。
KVの情景は今日は取りあえずここでとします。
 
◆ベンツトラックその4
Flak38を乗せるための荷台への固定具を作ります。
ネットで調べると何やら木枠に板張りの物もありましたが、簡単そうなでっち上げタイプで作ってみました。
 

 
プラ板で作った金具と荷台との間に隙間がありまして、ここにFlak の丸い座をひっかけます。
 

 
これじゃ左右に動いちゃうとかは、突っ込まないでくださいね~
 

 
一気に2色迷彩で塗装しちゃいました。
屋根の三角マーク。牽引時に立てると、いまさら知りまして(^_^;)そのまま立ててます。(イタレリの箱絵も牽引してないのに立ててるし・・・)
今回こいつは、クリアー無しで仕上げちゃう予定です。
 
◆97式中戦車チハ新車台 ファインモールド
新しいものを作りたくなったのでサクッと組めそうなファインモールドの
97式を作ります。
 

 
新車台の意味もわからず買ってきたんですが、熱排気窓が側面からフェンダー下面に変わってたんですね。排気窓が側面にある方が好きだったので失敗しました・・・

 
あっという間にここまで出来ちゃいました。部品のエッジにバリとか画多いですが、部品の合わせに問題はありません。
 
この97式には可動履帯を付けてみます。
 

ヴィジョンモデル って言うんですか、はめ込み式の可動履帯です。

 
ぱちぱちとはめ込むだけで組んでいけます。これは楽チンです。
ただ、たまにゆるくて抜けることがありますね。
でも結構いい感じです。
 
なんだか盛りだくさんな日になりました。

KV-2情景製作その5

◆今日は午前中は冷たい風が強めに吹いていましたが、午後にはそこそこ温かくなりました。段々春らしくなりますね~。
さて今日はトラペコン目指して、新しいフィギュアを探して取りあえず配置してみました。
 

 
首なしで無塗装なのでイマイチわかりにくいですが、これで行ってみることにします。
手前のおっさんは、弾痕だらけの砲塔の88で貫通した穴を指さしています。
後ろの二人は何やら話をしてる という感じです。
この弾痕は、線香で跡を付けています。なので樹脂が溶けて盛り上がるので結構リアルな感じになってると思います。
 
大体形になってきたので、車体の汚しを始めました。
 

 
取りあえず車体下部だけやってみました。パステルをアクリル溶剤で溶いたものを塗りました。
実はあまり本格的な汚しを最近していなかったので、思いっきりベタっと泥汚れを塗りすぎて、ダークイエローとダークグリーンのツートンみたくなっちゃいまして、あわてて水で洗い落しました。これが逆にリアルな感じになったみたいです。
何事も試さずやっちゃうんで良くないですね。

トラペコンKV-2その4&ベンツトラックその3

◆KV-2の情景用の地面を作ります。

 
削ったスタイロフォームに、タミヤの『情景テクスチャーペイント』のダークアースを盛り付けます。うーん大丈夫だろうか?チョコレートケーキのスポンジみたいにしか見えないぞ(^_^;)
 
登場人物その1
 

その2
 

 
さらにスポンジケーキの地面に草を・・
 

 
情景テクスチャーペイント "草" を盛り付けします。まだ乾いていないのでドロドロで気持ち悪いですね。
 

 
半がわきでも、待ち切れずにちょっと配置してみます。
同じトラペのKVですが、こいつは代役です。
どうでしょう?手前の登場人物その2が、場面にあっていないかな?
もうちょっと役者のオーディションしてみようかな。
 
◆地面を乾かしてる間に、ベンツのトラックをちまちま進めています。
 

 
放置してあったFlak38を、荷台に乗せてみました。うーん悪くは無いかな。
 
塗装に向けて窓をマスキングします。こいつはダークイエローベースで迷彩に塗る予定。

AM誌トラペコン 参戦!? KV-2製作その3

◆今月のAM誌にトラぺコンテストのお知らせが、あるではないですか。
私の中では、ドラゴン、タミヤに次いでおそらく3番目に作っているメーカーではないだろうか。
と言ってもほとんどが、ロシアのKVシリーズであるが。たまたま現在進行形でトラぺのKV-2を作っているので、こいつで参戦してみようかと。締め切りもまだまだ先の6月30日、時間はたっぷりだぞ。
制作も随分と進んでいるので当初の予定通り情景として仕上げちゃいますか。
 

 
こんな感じで。
 

 
ロシアングリーンで塗装、今回かなり明るめなグリーンにしました。
実はまともな情景は数十年作っていないので、地面とか上手く作れるか心配です。敵前逃亡もありそうです。
 
 
 
 

ベルゲティーガー


 

 

 

 

 

 

 
 
◆BergePanzer TIGERⅠタミヤタイガーⅠ中期型+CMKベルゲティーガー
 
ティーガー、マイナー車両第二弾です。
実車は8両作られたそうです。前回に引き続きこいつも写真に残されていない車両という前提で作りました。
CMKのキットは、先代のタミヤティーガー初期型に独自のベルゲティーガーのパーツと、エッチングを詰め合わせたキットです。
ベルゲティーガーのパーツは、かなり出来が悪く、樹脂部品はウインチ部分の基部だけ使ってあとは自作です。金属の部品は使えるので、フルスクラッチするよりはまだ楽です。
修理に廻ってきた車両を改造したということらしいので、コーティングは、はがれまくって、フェンダーは一切なしというくたびれた仕様にしました。
よく考えたら修理に廻ってきて改造したので、フェンダーもちゃんと付いてるのが正解なような気がします。
最近ネットで見つけた写真にあった、車体前面の牽引フック?も自作して最新の情報も取り入れてみました。フロントにはファモから持ってきたドローバーを積みました。
履帯にカステンを付け、転輪は上下に動きます。
塗装はイタリアあたりを意識して、ダークイエローにオレンジを強めにしたブラウンで迷彩しました。
こいつもいじくりまくりで楽しく作れました。

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2014-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>