FC2ブログ

TarotG3のブログ

Mercedes-Benz Typ G4

◆ちょっと前から気になっていたメルセデスのG4、ジャーマングレーヴァージョン
給料前に発売されたので、最初に見た時は、ぐっと我慢して買いませんでした。

 
ピカピカの白黒ツートンメッキパーツの、"ちょび髭伍長殿"のタイプは、あまり趣味ではなかったので、スルーしましたが,これは迷ったあげくゲットしました。
ブログのプロフィール写真から、東京墨田区あたりの住人に見せかけていますが、その実埼玉県民だったりする私は、秋葉の有名店では発売するとすぐ売り切れてしまうような人気キットでも、地元のショップでは、そうは売り切れたりしません。案の定2週間我慢しても、2個あったこのG4は、2個とも私を待っていてくれました。それほど人気とは思いませんが、先日行った秋葉のイエサブ・ボークスでは既に売り切れていたようです。
 キットの方は小さい箱に、ぎっしりとパーツが押し込まれています。

 
取説も見た感じ問題なさそうですね。

 
今年中には手がつけられないなぁ~ と、こうして積みプラが増えてしまうんですね。『買った時が作り時』ですね。
 
スポンサーサイト



Ⅳ号D型製作

◆Ⅳ号Dに乗せる戦車兵の塗装を始めました。
黒服ってけっこう難しい。いきなり真っ黒で塗っちゃいましたが、暗めのグレーで始めるのが正解だったかな?ひたすらハイライトいれなくちゃなりませんね。

みんな顔なしで~す。
 
 
 
 

Fw190D-9&Bf109F-4製作中

◆ 金曜日から頭痛と寒気が続き、やばい気がしたので、
天海祐希ねーさんの、ルルアタックと、ハーゲンダッツ 期間限定ロイヤルカシスミルクでなんとか乗り切ることにしました。

 
ちょい高めの薬とアイスで効果はてきめん、本日午後にはなんとか、症状もおさまってきました。
 
今日は、スローペースだったFw190D-9とBf109F-4の塗装を一気に進めてみました。

 
前回黄色系の塗装が透けてしまったので、今回は下地に白を塗ったので割ときれいに出来ました。艶ありスプレー吹いた後なので変なテカリをしてますが、艶消し拭いたらおさまるでしょう。
 

 
2機ともデカール貼りまで終了しました。飛行機はデカール貼りに時間がかかります。2機で4時間ほどかかりました。Ⅳ号戦車なんて10分くらいで終わったのに。

Ⅱ号戦車C型 ポーランド戦線


 

 

 

 

 

 

◆Ⅱ号戦車C型 タミヤ
タミヤのⅡ号戦車C型 ポーランド戦線 と イタレリ製の門を組み合わせた、お手軽情景です。石畳のシートにおいているだけなので、門が地面から浮いちゃってるとかは、取りあえずご容赦ください。。お手軽なので(^_^;)
 
兵士のヘルメットとメタリック色以外、アクリルガッシュで塗装。今回は結構いいジャーマングレーが出来ました。
適当でもやっぱりそれなりに情景にすると戦車が生きてきますね。
 
増加装甲を付けていない、大きなアールが美しいⅡ号戦車でした。

Ⅳ号D型製作中

◆Ⅳ号D型、ジャーマングレーの基本塗装と、デカール貼り終了。
なかなか良さげなジャーマングレーが出来ました。

今日はこんだけ~

Ⅱ号戦車など

◆チャーチルもおわったので、Ⅱ号戦車のプチ情景を進めました。
この間は、門から顔を出すようなレイアウトだったんですが、どうもしっくりきません。門の幅が狭いので出入りはしないで違うレイアウトで検討中。
▼前回のレイアウト

▼新レイアウト

 
凝りだすといろいろやりたくなっちゃうので、さらっと終わらせるつもりです。
 
飛行機も微速ながら作っています。

 
エデュアルドのFw190D-9とハセガワのBf109F-4です。ちょっとエデュアルドのD-9は、仮組をしっかりしなかったせいか、隙間がいろいろ出ちゃいました。
戦車と飛行機同時進行は、どちらかに力が偏ってしまうので、飛行機が進みませんね。

チャーチルMk Ⅲ 


 

 

 

 

 

 

◆チャーチルMk ⅢオードナンスQF75㎜砲搭載車 AFVクラブ
 
長いこと掛かったがやっと今日(無理やり)完成させました。パーツが折れたり等で、モチベーションが下がったりしましたが、完成すると良いですね。フェンダーを取っ払ったむき出しの履帯が作りたかったんです。フェンダーは脱着可能なんですが、全部を載せるとどうもうまくいきません。写真でも真ん中のフェンダーが浮いちゃっています。接着しないと、どうにもうまく収まりません。真ん中と後ろをはずしたくらいがちょうどいいですかね。サスペンションが効いているんですが結構反発力も大きいので、おもりでも載せないと、凸凹の路面にはフィットしそうにないです。履帯も連結可動式なので動きます。砲身もアルミの挽物で、ライフリングまであるのに、マズルブレーキを付けると見え無くなっちゃいますね。
もう一回作れば、もう少し上手く作れそうですが、しばらくは良いかな。
今回は私にしては、かなり泥んこ仕上げにしたつもりですが、下回りだけで上の方は、いつもと同じ程度です。

Lafette34

◆平日は時間的な面などで模型製作ができません。
なので私の好きな、ラフェッテ34を紹介します。
1/35では無いです。1/6アクションフィギャァー用です。
ラフェッテ34 MG34重機関銃です。
少し前にAM誌でラフェッテ42 MG42重機関銃の解説で初めて知ったのですが、『駐退複座機能』という機能で、自動で100M程度の縦方向の掃射が行える。そんな機能があるとは知りませんでした。

 

 

脚を折りたたむと低い姿勢になります。

 

 

弾丸は真鍮の挽物で一発ずつ弾帯からはずすこともできます。

Ⅱ号戦車 情景にするその1

◆今日は晴れ間こそ出ませんでしたが、たまっていたスプレー缶塗装物を片付けはじめました。Ⅱ号やチャーチルにクリアー吹いてさっさと完成させるように方向転換。そのため雨天用に始めたKV-Ⅱはお休み
Ⅱ号戦車を情景にしてみようと、こいつと組み合わせることにしました。

 
憲兵とオートバイ兵は、お休みしていただいて、門の部分を使います。
この部分はイタレリの製品ですね。
こんな感じで、

 

 
付属のベースにはおさまりきらないが、情景シートは大きめなので地面はお手軽にそれを使う予定。ベースはどこからか調達しなければ。
門の柱を塗装したところで今日は終了。

またまたKV-Ⅱ 製作その1

◆本日2度目の更新です。
何も作っていないと禁断症状が出そうなので、KV‐Ⅱを作ることにしました。
最近ゲットしたトランペッターの物の前に、買っていたズベズダのKV-Ⅱもあったのでどっちにしようかなと・・

 

 
ズベズダの方は、フェンダーが一体になっていますが、砲尾とか、エンジンとかの内部パーツが、簡単ではありますが再現されております。

 
説明書の図もわかり易く正確に書かれており好感が持てます。ロシア語の訂正スタンプが押してあるようなのですが、全く読めませんが・・。
今回は、クラッシュもしくは生きててもボコボコに打たれまくった仕様にしたいので、フェンダーが別パーツのトランペッターを作ることにしました。
クラッシュの場合リアのでっかいハッチから砲尾を見せたいので、ズベズダのをなんとかくっつけるかと組立はじめました。
するとどうでしょう、見事にコラボが簡単に出来ました。

 
トラペの防盾に無加工でズベズダの砲尾がくっつきました。
さらにちょこっと削る程度で、砲塔の前面装甲にくっつけられました。
しかも大砲は上下に動きます。
 

同じ戦車をモデル化したといえ、よくまあ簡単にここまで合わせられること。
トラペは室内側には、全く砲の部品が無くリアル感のない模型的な部品構成なのに、全然苦労せず付けられました。
 
 

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2013-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>