FC2ブログ

TarotG3のブログ

Ⅳ号戦車 J型初期




過去の作品Vol.23
タミヤ Ⅳ号J型 このキットが出た時、以前よりオレンジがかった成形色がとても好印象だったのを覚えています。最近のはみんなこの色になったので、慣れちゃいましたね。
このころの塗装はタミヤ扱いの"バジャー"のエアブラシを、ボンベ付けて塗ってました。あまり細い線が書けないのと、フロン缶がすぐ冷えて連続で塗装ができないんで、すぐにタミヤのHGエアブラシに変えました。
今もそれで塗っています。
スポンサーサイト



塗装の合間に塗装・・・

◆KVシリーズとかの塗装の合間に、サクサクとできてしまった、一式砲戦車です。
サフ掛けて、エアブラシして・・・とか考えていたら面倒になってしまったので、
いきなり『直塗り』を敢行。
タミヤのいいところは、成形に離型剤をあまり使っていないらしく、ガッシュがサフなしで塗れるんです。これがドラゴンとかだと、はじきまくりで不可能です。エアブラシだと塗れないかもしれませんが、筆ならムラも無く塗れちゃいます。

基本色は、枯草色、どんな色かはよく分からないので、パッケージとか参考にして作ってみて、こんなもんだろうと塗ってみたら、これはダークイエローですね。一式砲戦車アフリカ軍団です?
これでクリアーとか掛けると色が沈むので何とかなるかな?
残りの2色もダークグリーン(草色)とブラウン(土地色)なので、ノルマンディーの一式砲戦車になっちゃうかもしれません。いっそアンブッシュもありかな・・?

ロシアンルーレット

すべての塗装作業は、基本的に土日しか行いません。
そんなわけで、塗装をしたくない時などが続くと、必然的に塗装前の組み立て済みキットが増えていきます。今日もそれを一気に攻略すべく朝から塗装5番勝負を決行。

ロシアン・タンク勢ぞろい・・・+α
左前のは、ちょっと前に衝動的に買った、トラペのKV-1、真ん中が去年くらいには組み終えていたトラペSU152、右も2月くらいには組み終わってたトラペKV-85。
その時事件は起きました。暑さのせいか、シャドウ吹きの終わったロシアンタンクに、ダークグリーンを塗り始めたんですけど、何を思ったか、グリーンをシャドウ吹きした上を、なぞって塗装。さらに明るいサフだけの面にも同じ色を何も考えずに塗ったら、何か立体感のない塗装で仕上がった。なんでかな~って、当り前ですね、全部同じ濃度のグリーンになったのですから。
アクリルガッシュは、隠蔽力が高いので、シャドウ吹きなんて簡単に隠しちゃいます。
そんなわけであわてて、濃いグリーンで、シャドウを吹き直すという2度手間を掛けちゃいました。
そして後ろに控えますのが、ついに塗装まで漕ぎ付けた、ラングL/48です。結局ありがちなダークグリーンの迷彩になっちゃいました。
その前に鎮座するのは、突然の登場の 『電球』です。誘導輪基部が折れてほったらかしっだったのを、直して基本塗装まで終えました。こいつの迷彩を悩んでいます。

Jagd Panther





サイバーホビー Jagd Panthr G-1後期型
あまり好きじゃなかったんでうけど、ある日無性に作りたくなって、再販された時買いました。
ドラゴン(サイバー)は一度買いそびれると、なかなか出会わなかったりするのが困ったところです。
筆塗りのくっきり迷彩に、真正面に「鉄十字」・・・ちょっとちがったなぁ イメージと。ダークグリーンが明るすぎたかな?
 

どれかに集中した方がいいのでは。・

◆パックワーゲンと並行して作り始めちゃった、タミヤ一式砲戦車です。やっぱり背景があるパッケージっていいですよね。つい買っちゃいました。
 

 
◆歩兵が4体付属して、履帯が接着、塗装が出来るタイプになったキットです。
さすがタミヤですので、あっという間に車体が出来ちゃいました。1975年の刻印が掘られたベテランキットなので、ちょっとバリが出てたり、隙間が出たりしますが、それほど苦労はかかりません。フィギュアーも付いてるし、情景にしてみたいところですが、なんてったってジャングルなど作ったこともないので、ちょっと無理かな・・・・

sdkfz234/4パックワーゲン

◆先日安く買った、パックワーゲンを、組み立て始めました。

しかしドラゴンは、同じアイテムでも、アップデートをして何度も製品化してきますね。
そのおかげだと思いますが、売れ残って安くなっていたんでしょう。これも足廻りとか変わってるそうですが、前のを知らないので違いは?です。
ただ、タイヤは違いがわかりますね。
 
タイヤがこんなに輪切りになってます。タイヤの部分だけで、6パーツにも分かれています。
 

このキットには、左側の旧タイプの2分割で出来ているタイヤも付いているので、比べるとこんなに違います。すごいリアルで溝が深いです。
末期の物資が揃わなくなったのを表現しようと、何本か左のタイヤも混ぜて作ってみます。
 
まだ足回りくらいまでしか出来ていませんが、ここまでストレスなく組んでいけました。ドラゴンの進化は恐るべきですね。ちょっと前だったらこんなに複雑な足廻りとかは。??のオンパレードでストレスがたまって、ついついタミヤの製品で息抜きしちゃうところです。はい。

Ju-88 ナハトイエーガー

 




ハセガワ Ju88 G-6 シューネルト搭乗機
突然作り始めた、夜間戦闘機2機のうち、やっとJU88を完成させました。
このJU88は、シュレーゲムジーク(斜め銃)考案者の、ルドルフ・シューネルトの搭乗機です。
胴体にも付いている、後方警戒レーダーが、ちょっと鬱陶しい・・
飛行機は塗装しながら組んでいかないとならない個所が、あるので、うまく予定どうりに進まなかった。
デカール貼って、クリアー掛けて、終わりにしたら なんかおもちゃっぽいので、スミ入れというより、エナメルでウオッシングをして、拭き取りして、終わりにしました。なんか山場もなくあっさりしすぎで味気ないが、ま良しとしよう。
飛行機は、クリアーパーツ、組みたてながらの塗装、マスキング と、私の苦手な物ばかり集まっているのに、気楽に初めて 一月半かかってしまった。心に余裕が出来たら、また飛行機を作ってみようかな・・・
あっHe219がまだ途中だった。
 

思い出

◆現存する自分で作った模型の最古の作品?です。
タミヤ M10戦車

おそらく、中学3年くらいに作ったもの、キットはモーターライズ仕様のもの、アクセサリー満載してそれなりに雰囲気出てますかね?
 
タミヤⅣ号駆逐戦車 ラング

これは、製作時期がよくわからないのですが、20歳頃じゃないかな?フェンダーとか、火であぶってダメージを付けていますね。
 
タミヤ パンサー中戦車

そしてこれが最古の、小6~中学1年の頃に作った。"パンサー"です。
初めてパテで”セメントコーティング”をした物です。チューブのパテを伸ばして、マイナスドライバーでちまちまやりました。乾燥時間がポイントだった覚えがあります。履帯はたるみを付けるために、糸で結んであります。
 
ちょっとカラーではお見せできないので、すべてモノクロです。
 
一番最初に作ったキットってなんだったんだろう?タミヤのMMに目覚めたのは、親戚のお兄ちゃんに連れて行ってもらった、模型屋さんのウインドウに飾ってあった、シュビムワーゲンの情景作品を見てからでした。それ以来何度か中断はしたけれど、いまだにタイガー、パンサーって、おんなじ戦車をずっと作り続けてるのが面白いですね。

次期製作キットは?

◆ちょっと前から、『Ⅳ号戦車D型が作りたい。』と思っていたんですが、どういうわけか、A・B・E型まではあるんですけど、D型が見つからない。無いとなると余計作りたくなり、改造するか~とか、タミヤのいじり倒すか~とか、の男気あふれる根性は全くないのであきらめていたら、出ましたね。
これです。

◆サイバーホビー Ⅳ号D型 DAK仕様
なんでも、ドラゴンのD型は、スーパーキットとして以前は存在していたそうで、今回のは、それをベースに、作り易くリニューアルしたそうです。確かにちらっと中身を見たら、何やらすごい細かい部品分割されているところがあるようです。履帯はベルト式なので楽そうです。
今回は、アフリカ仕様ではなく、ジャーマングレーで塗装仕様と思っています。
 さっさと帰ろうとすると、何やらレジ前に気になる山を発見。

◆これまたサイバーホビー sdkfz234/4 パックワーゲン
最近出た、別に珍しいものでもないんですが、価格が素敵でした。
なんと¥3200円。¥5000円くらいする時に、買うのを悩み続けて買わなかった、これが破格の価格だったのでお買い上げ~・・・こいつも結構面倒くさいキットなはずなので、箱を開けてみると、タイヤの輪切りがいっぱ~い入ってます。確かステアリングも切った状態に出来るんですよね。
どっちを作ろうか?予定では次は、チャーチルのはずだったんですが、なんか全部部品点数が大そうでちょっと腰が引けてしまいますね。
 

Ⅳ号駆逐戦車<<応急的解決案>>




*どこかで見かけた3人組み登場

土日はキャンプに行っていたので、模型は何にもしていません。完成していた『応急的解決案』です。
 
サイバーホビー Ⅳ号駆逐戦車 L/70A
Ⅳ駆系ばかり続きますが、長砲身も背の高さで、帳消しになってしまったような感じですね。
金網シュルツェンもⅣ号戦車の時よりも、組みやすく(多少)なったようで、割とストレスなく組みあがります。
ただし例のインストの間違いはちょっと気を付けないとなりません。ドラゴンⅣ号系を発売順に組み立てた経験と、Ⅳ号戦車、Ⅳ号駆逐の資料などがないと組めない個所もありました。
Ⅲ突の3人組を乗せてみたら、これにも結構似合っちゃいました。

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2013-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>