FC2ブログ

TarotG3のブログ

【完成】街道上の怪物~KV2 ホルヒ1a サイドカーの情景


▲本当の正面

▲展示中の正面

▲当初の正面

▲以外に人気の正面










◆新橋タミヤモデラーズギャラリー 48コン出品作品

路肩に落ちて行動不能になり放棄されたKV-2の脇を進むドイツ軍と言う情景。
KV-2は得意の(ワンパターンとも言う)フェンダー吹っ飛ばしにして、砲塔には貫通していない弾痕を多数付けました。
ホルヒの乗員とサイドカーの側車の兵士はKV-2の方に顔を向けました。
サイドカーのワイヤーとかフェンダーステーを追加したりして結構楽しかったです。

製作後半にインフルエンザになり、時間が無いようなあったような中作りました。
樹木とか電柱を使って高さも出そうと思ったんですが、実際のロシア戦線の写真を見ると、何一つない野っぱらと言う景色が多いのを言い訳に、電柱も樹木もやめました。
最後まで決めきれなかった正面は冒頭の縦長でしたが、ケースの並べ変え時に、どこが正面かわからなくなって、2番目の横長で展示されました。
実はそれも狙ってました。第三者が見た時に、ここだろうって思ったところを正面で置いてくれてもいいな~と言う気持ちで4側面にタイトルを入れました。
ただし本当の正面にはとりあえず平面部分にもタイトルを入れました(弱気)

今年一発目のコンテストでしたが、ブロ友さんたちは受賞されてる中
どうどう参加賞(予定)です。

スポンサーサイト



休戦協定~2016 東武コン ~

東武タミヤモデラーズギャラリー2016 本日引き上げてまいりました。


 
▼ごちゃごちゃと詰め込みましたが、今回の主役はこちらのワンコたちです。

 

▼こちらはドイツ代表シェパードです。タミヤの動物セットのものを改造しています。

▼こちらはイギリス代表のゴールデンレトリバー(風)です。
同じシェパードからの改造です。バンダナなんてこのころあったんでしょうか?

登場人物です。
 
左がSASに見えますが(汗)LADGの隊長です。MBモデル出身です。
右はドイツアフリカ軍団特務曹長?です。ミニアート出身。

▼シェパードをつれている、ハゲのドイツ兵です。ミニアート出身。

▼水を飲む上半身裸のドイツ兵。タミヤ出身。

▼裸比べ、ミニアートのほうがマッチョですね。

▼シュタイヤーに座る兵士、タミヤ出身。
右手に水筒のカップを持つはずなんですが、仮組みしなかったため持てませんでした…左手から右手に水筒を持ち替えるシーンとしました(汗)

▼LRDGの車をチェックするドイツ兵。タミヤ出身。水筒の持ち方がおかしいのは気にしてはいけません…

▼ロープを引っ張って水を汲んでる、イギリス兵、MBモデル出身。

▼犬に水をあげてるイギリス兵。MBモデル出身。

▼LRDGコマンドカー。昔はデザートシボレーというキット名でしたが、大人の事情のようですね。

荷物たちはバリューギアがメインです。

今でも色あせない魅力あるキットですね。
▼展示中は無線機のふたは閉じていました。中はこうなっています。

▼助手席にわんこが座ってた設定で首輪と鎖をあしらっています。

▼シュタイヤー1500です。

▼シュタイヤーはよくわからなくなっていますが、実はダークイエローとオリーブグリーンの2色迷彩なんです。しかもダークイエローの下からジャーマングレーものぞいています。

▼ヘルメットやらジェリカンを配置。

▼座席の上にあるダークイエローの物体は、上半身裸のおっさんたちの上着のつもりです。

▼やしの木でうまく前からのショットが撮れません

▼そうそう、隠れた役者を紹介します。
サボテンにまぎれたトカゲです。ドラゴン出身。
サボテンは一番手前がタミヤ製。トカゲの後ろがドラゴン製。残りはすべてダイオパーク製です。

 

◆今回で東武コンは2度目になりますが。昨年は、ありものにちょこっと手を入れただけの即席仕様でしたが、今回はすべて初めから作りました。
使うキットは積んであったものですが、構想を4月からいろいろ考えて小物たちの用意も始めました。車両が2台、フィギュアも結構使いそうだったので、考えていくと、かなり大きくなりそうな予感、単調になりそうなのでやしの木とかで高さ方向も欲しくなり、手作りでやしの木も製作。井戸はずっとレジンかなんかでないかな~とヤフオクなどチェックしてましたが、都合よくあるわけも無いので自作しました。コルク板から作りましたがなかなかいい感じになったと思います。
出戻ってからこれだけの要素が詰まった情景は初めてなので(昔からそうは作っていませんが)いろいろな素材を使うのが結構楽しかったですね。
今回の反省点として、持ち運びのことを考えなるべく大きくならないように考えすぎて、ちょっと窮屈な感じになったことですね。本当は四角いベースに、楕円の地面のアイランドタイプにしたかったんです。シュタイヤーももう少し角度を付けて配置したかったし、地面も高低を付けたかったんですよね。犬は最初一頭でおまけ的だったんですが、2頭に増やして主役にもって行きました。その時にフィギュアもすべて犬に目線をもって行きたかったんですが、そんな腕も無いのでフィギュアはほぼ無改造で配置しました。その辺が今後の課題ですね。
とにかくいろいろ楽しんで作れたのが収穫ですね。
撤収後の青空品評会も今回初めてでご一緒してくださった皆様ありがとうございました。

Panzers in Normandy 1


 

 

 

 

 

 

 

 

◆ノルマンディの市街地で待機する、第2SS戦車連隊のⅣ号戦車の情景。
2両ともタミヤ製、左がH型初期、右がJ型初期。両方ともポリパテでツェンメリットコーティングを施し、H型初期は、バトルダメージを大きめにし、歴戦の勇者の雰囲気を出したつもり。フィギャーはタミヤ、ドラゴン、レジン製などを組みあわせた。崩れた建物の割に、がれきの量が少なくてちょっと残念な感じになってしまった。
 
以前にもアップしてたんですけど、kunihikoさんのリクエストにお答えして、再編集してアップました。ブログのヘッダーの情景です。Panzers in Normandy 2、3に続いてます。
 

Cross Country in Wespe




Cross Country
 過去の製作シリーズVol.15
タミヤのWespe とドラゴンSKI TROOPの情景。
突然の大雪に、スキー偵察隊が出番とばかりに、ウオーミングアップをはじめた。
ski troop『おっ!あんなところに野うさぎがいる、俺がしとめるぜ』・・・
wespe乗員『寒いのにあいつら元気だな』・・・的なシーンです。
作った当時は、Wespeももう少し白かった気がするのだが、パステルの白色迷彩が落ちてしまったようだ。兵士の足元が黄ばんでるのは、"立ちションベン"を再現したのではなく、接着剤か何かが、黄変したようだ。

BATTLE OF THE BULGE

BATTLE OF THE BULGE 1944

◆SS第1戦車師団 パイパー戦闘団                過去の製作シリーズVol.14

◆タミヤ パンターG 後期型 
今思えば301号車で指揮車ってありえないですね。
 

 
 

◆イタレリ シュビムワーゲン
タイヤだけタミヤの旧シュビムワーゲンの、ぶっといタイヤに変えています。
めっきりイタレリのシュビム見かけなくなりました。女性のフィギャーが付いてましたよね。
戦車兵の中に、どう見てもビットマンが居ますが気のせいということで・・・・
 

 
 

◆タミヤ旧ヴィルベルヴィント砲塔+タミヤⅣ号J型初期の車体で作った。
ドラゴンのフィギャーに混ざって、タミヤサイドカーのコート姿のマシンガンナーが、まだまだ現役とばかりに頑張ってます。
 

◆タミヤの防寒アノラックの射撃手たちは、いい味出しますね。

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2021-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>