FC2ブログ

TarotG3のブログ

【完成】3号突撃砲D型/北アフリカ/ブロンコ









◆Ⅲ号突撃砲D型/アフリカ仕様 ブロンコ
アフリカに渡ったⅢ突D型です。砂漠用のエアフィルターと戦闘室に取り付けられた予備転輪が特徴です。
ブロンコのキットは、ズリィーニー・Ⅰ号F型 に続いて3回目なんですが、過去の2つとはずいぶん違って部品がずいぶんと少なめで、タミヤ程度の部品数になってます。タミヤらしいのはそれだけではないです、砲架など大砲周りの部品がどう見てもタミヤのを○クったといわれても不思議ではない作りになってます。
駐退器カバーなどオーバースケールに思えたのでタミヤのB型のものに変えました。
ついでに砲尾や砲架もタミヤ製に変えました。少しの加工で見事にフィットします。
付属の可動履帯はセンターガイドが厚いため、内外の転輪の隙間にうまく収まりません。なのでドラゴンに使用するはずの「カイゼン」の履帯を使いました。
エアクリーナーの取り付けもなぞだったのででっち上げで部品を加工してそれなりにつけました。
塗装はオキサイドレッドのサフにジャーマングレーを部分的に塗って、ヘアスプレーによる剥がれ表現を施しました。
ブロンコらしくないキットでしたが、いろいろなものがごちゃごちゃ付いているのがなんともいいアクセントになってます。
 
本当はこいつを使って情景を作るつもりでした。時間があったらトライしたいと思ってます。
こちらのフィギュアを使います・

大砲の掃除中、一度は再現したいシチュエーションです。
 
最後にドラゴンとの比較です。
 



 
 
スポンサーサイト



【完成】Ⅲ号突撃砲D型/ドラゴン


 







◆Ⅲ号突撃砲D型 ドラゴン
低いシルエットが精悍な初期のⅢ突です。
C/D型は外観的には同じで、E型からの無線器のための張り出しが両側にあるのに対し、左側だけにあるのが特徴。
キットは20年ぶりにリニューアルしたドラゴンの最新の短砲身のC/D型です。
外観は罠に引っかからなければ、すばらしいⅢ突が出来上がります。
残念なのがインテリアでG型の使いまわしなので実車とは異なっています。
 
私は見事に上部第一転輪の位置を間違えさせられました。
がっちり接着されてしまい修正不能でした。
後は大砲が出てくる部分の部品Q34は、まったくの間違いで長砲身用の部品です。
内部が見えてしまうので手直しが必要です。最近出たA型は新しい部品が入っているようです。
 
室内はもうF型以降の砲架とか使っているのであまり手直しはしていませんが、部分的にタミヤのB型などの部品を使っています。無線も実際とは異なるので、修正しています。
履帯は諸事情でブロンコのD型の連結可動式を使っています。
転輪のサスも可動式にしたので1枚目と2枚目の写真の転輪が一つ上に上がったまま写真を撮ってました。
 
塗装はいつものようにアクリルガッシュでクレオスのフィルターリキッド、ウエザリングカラーで仕上げました。
 
細かいことを気にしなければ、かっこいい短砲身のⅢ突が出来上がります。

【旧作】Ⅲ号戦車M型

◆ドラゴンとブロンコのⅢ突を同時製作してるんですが、2台同時に作ってると、記事にするほど進まないです。
でもなんかアップしたかったので、大昔(20数年前)に作った情景をアップします。





 

 
◆過去作
20数年前に作った、グンゼ産業のⅢ号M型と、ドラゴンロシア対戦車ライフルチームです。
クルスクで各坐した3号戦車の陰で、獲物を狙う対戦車ライフルチームの情景。
前面には対戦車ライフルで撃たれた弾痕を付けました。PAKに撃たれた砲塔側面の壊れたシュルツェンは、真鍮板で作りダメージを表現してます。
実際戦車の下に隠れてたら、いい的になっちゃうのでありえなかったでしょう。
 
この当時は、塗装はタミヤアクリルで塗装。ウエザリングはエナメルでウオッシングをして定番のドライブラシで完成だったと思います。
地面は石膏に芝を撒いて、黄色い花はドライフラワーを使いました。
 
 
さてⅢ突も情景にしようかな~??置き場がないかな・
 
 

【完成】Ⅲ号突撃砲G型 105mm榴弾砲





 






Ⅲ号突撃砲G型初期 タミヤ
◆先月の東武モデラーズギャラリーのアウトレットで買ったⅢ突です。
ずっと情景をいじっていたので戦車が作りたくなったので、サクッと作れるこのキットを作りました。
タミヤのⅢ突は2度目ですが、完成させたのは初めてでした。
部品数も少ない割りに完成すれば出来のいいⅢ突が出来上がります。
あまり代える必要も無かったんですが、戦闘室天井とOVMはドラゴン製に変えています。車体下部側面に予備履帯を付け、戦闘室側面には予備転輪を付けてシュルツェンなしの姿にアクセントをつけました。
今回初めてオキサイドレッド色のサーフェイサーを下地に塗りました。
その上にいつものようにガッシュを塗装、ここでガッシュの塗膜の弱さを利用して、セラミックブレードでチッピングを入れました。
ウエザリングはイタリア戦線のマーキングなので、乾燥した泥汚れを軽く施した程度で完成としました。
Ⅲ突はどの形式のものも好きですが、特に前面ボルト止めの装甲のG型初期が好きです。
今回は105mm砲仕様として作りましたが、75mm砲も差し替えるだけですので、両方楽しめます。
  ↓上105mm・下75mmです。

 
 

【完成】Ⅲ号J型指揮戦車


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ◆Ⅲ号J型指揮戦車 ドラゴン
クルスク戦時の656重駆逐戦車大隊のⅢ号指揮戦車。
昨年発売のⅢ号バリエーションの最後のほうなので、ワナや間違いがちらほら出てきます。ある意味これはドラゴンスタンダードなので、良く注意して作る必要があります。完成してしまえば、かなりいい雰囲気に仕上がります。
キットのままストレート組みです。指揮戦車なので、ダメージの無い姿で作っています。根拠はありませんが…
塗装はいつものようにガッシュで塗っています。最近定番のクレオスのサンディーウオッシュは足回りだけにとどめ、あっさり目でウエザリングして完成としました。
私としては珍しく、シュルツェンをフルに付けた状態でも作っています。
でも足回りが見えていたほうが、Ⅲ号戦車の軽快さが感じられて好きですね。

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2021-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>