FC2ブログ

TarotG3のブログ

【完成】M3A1スカウトカー 2019東武タミヤモデラーズコンテスト応募作品

P1070266-5のコピー
P1070267.jpg
P1070268.jpg
P1070269.jpg
P1070277.jpg
P1070280.jpgP1070288.jpgP1070288.jpgP1070308.jpgP1070309.jpg
P1070312.jpgP1070313.jpgP1070314.jpgP1070315.jpgP1070316.jpgP1070317.jpgP1070315.jpgP1070321.jpgP1070329.jpg
P1070306.jpg
M3A1スカウトカー タミヤ1/35
2019ヤモデラーズコンテスト応募作品。
最近のタミヤのキットには、3Dスキャンによる表情豊かで瞬間を切り取ったようなフィギュアが付属しています。このキットのフィギュアはそのその中でも疾走するスカウトカーで走る姿を見事に再現した、素晴らしいフィギュアが付属していました。この疾走感を何か表現できないかと、いろいろ考えてできたのが今回の「激走」です。
ただ道を走っている姿を再現してもスピード感が感じられなかったので、思い切ってジャンプしているような体勢にしてみました。さらに何かを突破しているような姿としてドラム缶を蹴散らして進む姿として、漫画的な手法で小さなベースから飛び出しそうなレイアウトとしました。
スカウトカーはリアのパネルにM2重機関銃のトライポットをはずして、ソ連らしいノコギリを自作して付けました。またリアには浮き上がった荷物も付けて躍動感を出したつもりです。
フィギュアも最後尾の兵士だけ、顔の向きを変えただけでストレートで組んでいますが、見事に出演者たちがその瞬間を演じきってくれたと思います。
へこんだドラム缶は"Reality in scale"のレジン製です。かなり不自然な飛び方や配置ですが、勢いだけ感じてもらえたらありがたいです。
ベースはこれからもちょくちょく出てくる予感のする、スタイロフォームで作った石垣です。

初日に見に行きましたが、スカウトカーに直付けしたドラム缶が外れ掛かっているようで、芯の金属線が見えちゃってました。



スポンサーサイト



【とりあえず完成】BT-7 Model1937

P1050999.jpg


P1050987.jpg


P1050995.jpg


P1050998.jpg


P1050996.jpg


P1050991.jpg

BT-7 Model1937 タミヤ1/35

新橋タミヤに出すR34GT-Rがコケてしまい、保険的に作り始めました。

結局GT-Rの方もできたんですが、こっちもできてしまったので、だったら2個出してしまおうということにしました。

古めかしい35年型の方が好みでしたが、こちらもなかなかかっこよく見えてきました。

3月31日から始めて、平日はほぼ作らないので、実質6日くらいで完成させちゃいました。

ロシアングリーンはガッシュで3段階のトーンでグラデーションを付けました。クレオスのフィルターリキッドでフィルターを掛け、そのあとAMMOのオイルブラッシャーでさらに退色表現をしました。

錆色はメインはガッシュで、オイルブラッシャーも併用しています。雨だれはAMMOのストレイキングブラッシャーで表現しました。足回りの泥はパステルとクレオスのウエザリングペーストとウエザリングカラーをまぜたものです。ちょっと白くなりすぎて、車体上部と妙なコントラストが出ちゃいました。エッジを鉛筆で光らせて完成です。後はベースに設置して(つかいまわしでいきます・・・)

本当の完成になります。

多分これが平成最後の完成品となるでしょう。途中放置がいっぱいあるので令和完成品第一号もその気になれば早くできそうですが、令和から始めたものじゃないと、純粋には令和完成1号とは言えないですかね。


【完成】マチルダMkⅢ/Ⅳ Red Army
















◆マチルダMkⅢ/Ⅳ Red Army
~タミヤモデラーズギャラリー2017出品"Russian Queen"

タミヤから出たソ連へのレンドリース仕様のマチルダです。
当初これだけを東武コンに単品で出品の予定でしたが、急に思いついた(アイデアをいただいちゃった)オペルの民間仕様を作り出し、マチルダは途中放置のまま出品は見合わせるつもりでした。でもやっぱり戦車も出したかったので、急遽復活させ出品させました。おかげで出品した2作品とも中途半端感は否めませんでしたね。
やり忘れたことがいっぱいで履帯に泥を絡ませてなかったり、フィギュアの汚しは全くせずに出しちゃいました。
ロシアの美女も作ることができたので楽しく作ることはできました。

【完成】SU-122


 




 

 


 

◆SU-122 タミヤ
往年の名作タミヤのT34シリーズの中での最大の大砲を積んだ突撃砲。
タミヤの箱にタンクデストロイヤー(駆逐戦車)って書いてありましたが、
どうやらこの砲は榴弾砲でドイツの重戦車たちには非力だったようです。
 
今回いろいろありまして、気がつけばこんなボロサビ状態になりました。
ここまでやるのは初めてのことです。
サビ色は主にクレオスのウエザリングカラーの「ステインブラウン」と「ラストオレンジ」です。ところどころにガッシュのオレンジ色も使っています。
ところで、ここまでボロボロに錆びた戦車が走ってたんでしょうか?いやいやこの戦車にはこんなストーリーがあるんです。
 
~俺は赤軍戦車部隊のセルゲイビッチ。敗走するファシストたちを猛追している。次々と領土を奪い返しついに前年の冬の最前線であった地点へと到達した。
溶け出した氷の世界を前進すると、遠くに一両の戦車が見える。
俺は停止を命じるが、その戦車が撃ってこないことを知っている。
それは昨年の防衛戦で燃料切れとなった我332号車である。
雪の中で半年眠っていた戦車は、冬季迷彩も剥げ落ち、サビだらけの姿となっていた
燃料を補給しバッテリーを交換すると、俺のことを待っていたんだろう、
不機嫌そうにエンジンが目覚めた。
仲間たちはそんなオンボロ戦車は予備部隊に渡せと言うが、俺はこいつを捨てたんじゃない、こいつを取り戻しに戦ってきたのだ。
さあ行くぞファシストたちに礼をしてやるぜ・・・・
 
う~ん極東工匠さんみたいにうまく書けませ~ん(^_^;)

【出品】KV-2 GIGANT




 



 



 ◆トランペッターKV-2 
イエローサブマリン35コンに出品してまいりました。
どこかで見た覚えがある情景だと思いますが、その通りです。
トラペコンに届きそこなった作品です。
このKV-2はトランペッターをベースに、ズベズダやタミヤのKV-2のパーツも使い。履帯はカステンです。
 
今回35コンに出品するに当たり、ベース、塗装、ウエザリングにすべて手を入れました。余り手を入れると返っておかしくなりそうなので、この辺がピークと判断して完成としました。
ベースの草は麻紐をほぐした物です。花はMSモデルズの彩葉です。
KV-2は前回はガッシュのままでしたが、ウエザリングのためつや消しクリアーを吹き、クレオスのウエザリングカラーやタミヤのテクスチャーペイントで汚しました。
フィギュアも細部を修正し、ネームプレートも一新して完成としました。
 
どれだけ変わったかと言うと

 
最初の時よりいいかんじになったかな。
 

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2021-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>