FC2ブログ

TarotG3のブログ

【完成】Nützliche Brüder~プロトタイプコン~

1P1070115.jpg

3IMG_5630.jpg

2P1070121.jpg

3IMG_5631 (2)

4P1070123.jpg

5P1070126.jpg

6P1070127.jpg

7P1070125.jpg

8IMG_5628.jpg

9P1070131.jpg

IMG_5615.jpg

P1070128.jpg

P1070132.jpg
◆38D戦車8㎝低圧砲PAW600 / 計駆逐戦車"ルットシャー" アミュージングホビー

◆北越谷にあるホビーショップ"アンディ"主催のプロトタイプコンに出品しました。
20190206b.jpg

"プロトタイプ"(試作型) をテーマ(イメージ)にした作品である事☆   
  <例>  試作機、試作戦車、試作ロボット他 ペーパープランもOK!!
        艦船であれば、1番艦竣工時、計画艦他
       車であれば、プロトタイプ・スポーツカー、コンセプトカー等
      想像して創造(改造)されてもOKです♪
       量産型はNG。
      ~↑あくまでも例ですのでひねって頂いてもOKです!

レギュレーションはありますが、拡大解釈、ひねりの効いた作品が多数集まる楽しいコンテストです。

38D戦車、クルップ社で計画されたとするペーパープラン戦車。38t戦車の車体に、Ⅳ号戦車の砲塔には、8㎝低圧砲PAW600を装備。
構造が簡単、軽量であるが、対戦車砲としては遅い初速に低い命中精度、有効射程が750メートルと短く、使えない物でした。
ルットシャーは、BMW社でモックアップまで完成していた2人乗りの計駆逐戦車で、こちらも8㎝低圧砲PAW600を2門装備していました。

当初は38D戦車だけで進めていましたが、あまりに地味な戦車なので、ルットシャーも組み合わせることにしました。2両使うので何か変わった展示方法がないか模索して、今回の2階建て展示にしてみました。
38Dは、砲塔をタミヤのⅣ号J型の物に変え、シュルツェンも付けて、実戦配備されたらこうなっただろうという仕様にしてみました。
試作の途中で急遽戦場に駆り出されたという設定で、ダークイエローと錆止め塗装の部品の組み合わせとしてみました。地味な戦車なのであまりきれいな状態だとつまらないので、そこそこ戦闘を重ねたようにウエザリングしました。ピンウオッシュ的にAMMOのオイルブラッシャーやストレイキングブッラッシャーを使用しました。泥汚れはクレオスのウエザリングカラーです。
フィギュアはアルパインのⅣ号戦車用。SSの帽子をかぶっているのですが、迷彩アノラックが陸軍タイプになって、末期の混迷した様子を再現してみました…本当はSSだと気づかづに服から塗ってしまったことは秘密です…
ルットシャーは、迷彩で遊んでみました。葡萄の房迷彩の応用で、グリーンスタッフの葉っぱパンチでマスキングを抜いて行いました。比較的新しい状態としてウエザリングは軽めにしています。

ベースの石橋はすべてスタイロフォームです。切り取る角度を変則的にしてみました。
石橋の壁部分の石は大き目でベージュ系で塗装、ランダムに濃淡をつけて変化を付けています。
下の石畳と橋の路面は、ブルーグレー系の小さめの石で表現しました。
ところどころに雑草が生えたようにして、緑で色どりを添えてみました。
ネットから探したプロパガンダポスターを石橋に貼ってみました。よく見るとおかしなのが見えるのは気のせいでしょう。
タイトルは「役立たず兄弟」使えない8㎝低圧砲砲を持つ兄弟戦車 と言うほどの意味のつもりです。
それをドイツ語でかっこつけようと、グーグル翻訳で「役立たず兄弟」と入れたら
Nützliche Brüder と出ました。そのまんま印刷してプレート作っていざ出品となった時に、どんな読みだったかを、もう一度確認するために調べたら、意味は真逆な役立つ兄弟となっていることに気づきました。
Nutzlos Brüder が正解なようです。


スポンサーサイト



【完成】E-100 アミュージングホビー





























◆E-100超重戦車-クルップ砲塔型 アミュージングホビー
計画戦車Eシリーズの頂点E-100。実際に車体だけは試作されていましたが、このキットはクルップの案とされる、マウスの砲塔とは異なるタイプをモデル化したものです。
計画された時代はまだ1943年頃だと思いますので、当時の標準的な装備で計画されていました。なので実際に完成して量産されたら という想定でいろいろつけたしました。
まずフィルディナントの教訓から、前面機銃とキューポラを装備させました。
砲塔天井にはSマイン発射器を2個、毒ガス検知プレート取り付け基部なども追加しました。エンジンデッキはパンターで採用されたヒーターユニットを付け、クリーニングロッドケースも自作しました。マフラーは消炎タイプに替えています。
そして今回の目玉、赤外線暗視装置フル装備仕様です。
ドラーバー用はペリスコープに取り付けた暗視装置と、赤外線照射器が連動して回動するリンクが付いています。
照準器には防盾に固定し連動します。キューポラには車長用の暗視装置が付きます。
主砲はライオンロアのPak44用のアルミ製です。
キットはプラでできたスプリングですべての転輪のアームが可動します。
履帯ははめ込み式で、ランナーからの切り出しが大変ですが、組み立てはいたって簡単(多少コツが必要)・・・ただしバラけるのも簡単で組み付けるときは何度となくピンが折れてしまい履帯を交換しました。予備はいっぱいあるのが救いです。

これで2度目のE-100です。以前作った物と2ショット。

▲マウスの砲塔はショットトラップを考慮してないですね。

▲砲塔変えてみました。

▲水面に移ってるようですが、下はドラゴンの物です。
アミュージングホビーは誘導輪が下がりすぎのようですね・・・
もしくはサスがフルボトムでそうなってるのかな?



【完成】超重戦車 E-100


 


ここからが本番です。





 

E-100 ドラゴン1/35
 
いつかは作ってみたかったE-100。
かなりの年代モノを、オークションで手に入れたものなので、開けてびっくりポンでした。大きな車体を構成する長いパネルが、すべて変形しまくっていました。
そのため上面パネルをプラ版で作り直し、エンジンデッキ部分と操縦席部分のパネルは、ヤークトティーガーの物を移植しました。実車もティーガーⅡと共通だったようです。
前面装甲や、砲塔の平らな部分は、リューターで荒らして圧延材のテクスチャーを表現しました。
砲塔側面にはフックを付けて予備履帯を掛けました。
マフラーはパンター、マフラーガードはヤークトティーガーの物を使っています。
砲身はRBモデルのPak44/12.8cm対戦車砲の物をです。キットのものより砲身を長めにしてみました。
塗装はいつものようにガッシュです。本当はスプリッター迷彩にしたかったんですが、面倒だったのでアンブッシュ迷彩にしちゃいました。
ウエザリングはクレオスのウエザリングカラーを使いました。
 
サイドフェンダーがあるより無いほうが断然迫力がありますね。
 
大きさ感が伝わり難いようですのでコチラ↓

ティーガⅡと比較。両方35サイズですよ。
ついでに・・・

仲間のE-75と一緒に。

ポルシェ博士の計画戦車




サイバーホビー(ドラゴン)のVK.45.02(P)H型
これも実戦配備されたつもりで作った。OVMは両サイドの後部にまとめて配置してみた。
このバランスって、超リアヘビーなんじゃないかな?昔はこんなマイナー?なキットはレジン製とかでしか存在しなかったが、いまはカチッと簡単に組みあがるキットが出るのはうれしいこと、作りなれない形なので新鮮な気持ちで楽しめた。

E-75 量産型




トランペッターのE-75
量産された想定で、前面機銃、エンジンデッキの対ヤーボ用装甲を追加。505重戦車大隊所属とし、騎士のデカールをあしらった。車高がちょっと高い気がする。ベルト式の履帯が浮いてしまった。それにしても恐ろしく長い主砲だ。

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2021-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>