FC2ブログ

TarotG3のブログ

ね~え?・ねぇ・ねぇ どれも好き


ね~え? あやや ■歌える人が居るって聞いたな~(笑)この曲好きだったな~


▲ねぇ Perfume ■歌詞は知ってるけど歌えません(笑)このMVが好きになったきっかけ。
▲ねぇ ドリカム ■彼を亡くした実体験を歌った曲。歌詞が心に刺さります。
絶対に歌えません。


スポンサーサイト



FUJI ROCK 2019

fuji001.jpg


フジロックは7月26日(金) 27日(土) 28日(日)の3日間苗場スキー場で行われる国内最大級の野外フェスです。
そして出演者リストには・・・・・
fuji000.jpg
28日日曜日 苗場食堂ステージに NONE THE WiSER の名前が!
模型好きなら知ってますよね。関東最速早引き寿司職人でキヤコン受賞常連の大将もギターで参戦!
私は行けませんけどね~残念
コチラでも紹介しております。 




NONE THE WiSER Live 2018

◆クリスペプラー率いる NON THE WiSER
2018.10.8 J-wave 30周年 Live

▲Antsy :オープニングナンバー スタジオ版とはアレンジを変えて演奏。クリスペプラーのベースソロがファンキーです。我らが大将(左側)のギターも超絶!

▲Rolling Me Down 当日は3曲目。個人的にこのナンバー結構気に入ってます。
クリスペプラーのディープヴォイスが渋い!大将のソロ終わりのフィードバック気味にヴォーカルに掛かるプレーが決まってます。

クリス ペプラー(Vo.Ba. )
渡辺 淳(Gt.)
中村 英次(Gt.)
遠藤たけし( Dr.)

メンバーは、セッションミュージシャンで、AKB4などのアレンジを担当しているギタリストの"番長"こと渡辺淳。ドラムには、ジョー・ポーカロに師事、様々なジャンルで活動してる遠藤たけし。
現役寿司職人でもある”大将”こと中村英次。寿司も握れば、ネックも握る、関東No.1超ッ早ギター寿司職人。

大将の 玉寿しHPはコチラ

大将は寿司も握ればネックも握ると言いましたが、さらにニッパーも握ります

▲2015年キヤコン銅賞作品。

▲こちらは今年のキヤコン 佳作入賞の完成する前の97式戦車
完成車写真はコチラでどうぞ。http://kiyahobby.co.jp/?p=6647


▲もちろんお寿司も最高です。

天は3物も与えてしまうこともあるらしい・・・いや、大将の努力の賜物でしょう。

今日はギタークラッシュでスカッとしますか。

*Rainbow Live in Munich 1977
*手っ取り早くギタークラッシュを見たい方は7:55からどうぞ

◆この時期のRainbowのライブでは、アンコールが「Do you close your eyes」で
曲中のギターソロの後4:28以降に普通はギタークラッシュをするはずであり、メンバーもそうするものだと思っています。実際ギターソロが始まる前3:21にぶっ壊し用のギターに変えています。
リッチーが4:28にドラムのコージーに合図を出して、歌のパートに戻り曲を続けさせる。てっきり出番はまだだと思っていた、ボーカルのロニーは一服中で、慌ててタバコを持ったままステージに戻るが、ベースのボブ用のマイクでしばし歌ってしまいます。

その後ギタークラッシュ無しで曲は続きエンディングを迎えますが、
7:13にリッチーが首を切るポーズをして「ギタークラッシュ」を宣言し、他のメンバーはステージから去っていきます。
その後一人ステージに残ったリッチーは、鬱憤を晴らすかの様に、ギタークラッシュを始めます。
なぜいつもと段取りが違ったのか?それには理由があったんです。

実はこのドイツの3日前はオーストリアでライブが開かれていました。
その時リッチーに近づこうとしたファンの少女を、会場のスタッフが殴っていたのを見たリッチーが、その男の頭を蹴り飛ばしたんです。ところがその男はその会場の支配人で、警察と深い中でもあり、ライブ後にリッチーやスタッフの何人かを逮捕拘留してしまいました。
スタッフは翌日釈放されたそうですが、リッチーは3日間拘留され、弁護士の助けでようやく釈放され、ミュンヘンの会場に付いたのは、開演の10分前でした。
リッチーは3日前のステージ衣装のまま拘留されていて、着替えもせずにそのままステージに立ちました。
その鬱憤を晴らすためのギタークラッシュだったようです。
そう思ってみると、8:00頃の床に置いたギターはオーストリアの官憲や支配人で、
処刑の曲をムーグタウラスベースシンセで奏で、そのあといよいよ刑の執行と言った趣でしょう。
それにしても9:30のステージ間際の客は怖くなかったかな~

SCORPIONS TOKYO TAPES

☠今日はガラッと変わってジャーマンメタルをどうぞ。
◆1978年SCORPIONS初来日公演を収録したライブアルバム。

高校の時に友達から借りて聴いたのが初めてでした。
リードギターのウルリッヒロートのエモーショナルなプレイにノックアウトされました。当時はLPレコードの2枚組でした。4000円くらいしたんじゃなかったかな?
まぁ借りてとっておきのソニーのメタルテープに録音しましたよ。

▲こちらはレコードですね。薔薇の花に蠍が不気味です。

時は経ち時代はCDになりました。この名盤がCD化されないはずはないと待ってたんですが、いつになってもその気配はありませんでした。

ある日待てば海路の日和あり、遂にCDが発売されました。
お~待ってたぞ~って!うん?一枚組?cdはいっぱい入るから一枚で済んだのかな?
と、思ったらなんと18曲中4曲もカットしてるじゃないですか・・・
こんな中途半端なcd出ちゃったらLP時代の完全なのは出ないだろと愕然とするのでした。しょうがないので私は中古レコードショップで結構状態のいい物を買いましたよ。5000円でした。
そうしたらなんと間もなく、完全な 2枚組が発売されたじゃないですか。
最初から出せ!あほ~
と、当然それも買いましたよ。

▲これが2枚組で再登場のレコードと同じ内容の物です、レコード時代のジャケット内側の写真も小さいけれど再現されていて感動しましたね。

▲TOKYO TAPES名物の荒城の月です。観客は日本人なのに2番歌えませんでしたね。私も歌えませんけど・・・

さてこれで満足しないのがマニアなんですね。
実はレコード時代からライブの全曲は収録していませんでした。
収録されていない曲があるとなると聞きたくなるもので、海賊版なんかないかな~って思ってたら、、出ました。

▲こちら4月23日の公演の模様を収録したものです。
以前コチラで紹介した。驚異のテーパーMr.Peach氏が録音したものです。
7500円もする上にあっという間にsoldoutでした。この音源ネットでも全然耳にできません。音は絶対的によかったはずですよ。
そんなある日また出ました。

4/23、4/24東京・4/25名古屋モノが北海道の某有名ブートレッグ屋さんで発売されました。聞いてみなきゃわからないブツなのですが、なんかよさげな名古屋公演を買いました。あんまり音は良くはないですが普通のcdくらいの値段だし、これでライブの全貌を聞くことができたのでよかったです。

でも音がいいのも聞きたいな~とは思いつつも、これ以上は期待してもしょうがないと、TOKYO TAPES 熱はひとまず落ち着かせました。

そんなある日こいつの存在を知ることになります。

▲TOKYO TAPES デラックスエディション 結成50周年記念
カットされていた曲や、ほかの日の演奏なども収録されて完全数量限定で発売されていました。「いました」、なんですよ、気づくのが遅すぎたんです。もう売ってません。あるのは海外から送ってくるのしかなくて定価3000円が3倍もするんです。中古も同じくらいの高値で取引されていたし。数が絶対的に少なくてすぐ無くなっちゃいます。
それから10か月くらいした今月でした。あっ中古が安くなってる!
(とはいえ5000円)思わずポチ!
というわけでこいつも手に入りました


▲できれば実際の演奏順に並べ変えてほしかったですけどね。オフィシャルのいい音で聞けたのでめでたしめでたし。
これでTOKYO TAPESは狂騒曲はおしまいです。たぶん・・・
一体いくら使ったんだか・・・

 | HOME |  »

Appendix

TarotG-3

TarotG-3

模型とPerfumeとGuiterとあれやこれや。

Calendar

« | 2021-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

<ブロ友申請フォーム>

この人とブロともになる

<ブロ友申請フォーム>

<ブロ友申請フォーム>

キンちゃんの戦車模型工房
AFVオヤジのブログ
模型作りとちょこっと車とバイク好き
一生懸命 さかな屋日記
蜻蛉散歩&模型日記(仮)
Mighty Oの模型部屋
極東工廠よもやま日誌(改)
八木橋大佐のブログ
TFマンリーコのブログ(1/35AFV専科)
る〜む335
モノトーンの黒猫工房
徒然に模型道(つれづれにもけいみち)
戦車大好き
趣味風呂路具
TOM2001のブログ
永遠の嘘
エンジンの顔

<ブロ友申請フォーム>

QR
 

<%plugin_title>

<%plugin_first_description>
<%plugin_first_content>
<%plugin_first_description2>